何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2010年11月17日

【鉄道作品】ドイツ国有鉄道78形タンク蒸機のディテールアップ。

 前回記事こちら。
http://legotrain.seesaa.net/article/169169495.html

 取り敢えず完成、取り敢えず公開した78形ですが、製作中から以下は気になってました。

・サイドタンク周りのボリューム感が不足していること。余りに「薄味」になってる。

・上と相まって、バーを使ったランボードが妙に浮いて見えてバランスが悪い

・煙室部分(煙突の真下)の表現を缶胴と変えたのが違和感ありすぎる。おかげで前面の印象もなんか違う(妙に四角っぽく見える)

・やっぱりディテールがあっさり過ぎ。欧州系の本気ビルダーにこれじゃ勝てない(苦笑)


 というわけで改良しちゃいました。





 その他の写真はこちら(上から8枚目まで)。
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=451531


・サイドタンクは大幅に肉増し。プレート+タイルを貼りつけ、一部ポッチ出してリベット表現。これで前面から見た印象(意外とサイドタンクのボリュームを感じる)も近くなりました。6ポッチ幅+プレート4枚厚で実質で7幅オーバーですが、もともとランボード・シリンダで7幅相当ありましたから。
 なお、コールバンカー部分はタイル1枚厚の貼付けにとどめて、バック運転時や6幅の客車との差異が気にならないようにしています。

・煙室の改良。カマボコカーブやめてスロープを横組で貼りつけました。その下に手摺付けて。あとサイドに必要以上にポッチが出てしまったので下半分はタイル仕上げに。
 前回記事で「煙室扉が小さいかも」とか記しましたが、問題はそこじゃなかったんですね。

・炭庫部分も後ろに少し張り出した形状に。もっと大仰でもいいんですが受光部隠しちゃいますので。

・シリンダブロックをディテールアップ。尻棒も付けました。シリンダブロックの上半分は車体側、下半分は台車側に持たせています。

・前面を修正。給水暖メ機を円筒に。のっぺりしてたフロントエプロンにポッチを出してリベット表現。また、ランボード前半部分のディテール部品をあれこれ追加。タンク上の手摺も。



 これで取り敢えず満足♪ 特にサイドタンクのボリューム感とリベットに。
 基本造形はいじってないんですが、印象は(自分なりには)大きく変わったつもり。何よりディテールアップで「ハッタリ感」は増したかと(笑)。
 レゴトレインって意外とのこの「ハッタリ感」が大事だと思うのは自説だったりします。だからこそシンプルでバランスの良いビルドは思ったより難しいのかもしれません。
posted by 関山 at 00:57| Comment(6) | TrackBack(0) | 鉄道作品(欧州形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
取り敢えず公開の作品でも満足していた私にとっては衝撃的すぎます!リベットの表現が素人からみても絶妙だと感じます。(笑)
欧州系の本気ビルダーもきっと驚いていることでしょう♪
Posted by エフ at 2010年11月17日 22:41
◆エフ様
 リンク先で揚げた作例は8幅なんですよね。ウチの目標は6幅でどこまで7幅8幅のリアル作品に迫れるか……ということだったりします。
 リベット表現はおもってたよりも効果的でした。

>欧州系の本気ビルダーもきっと驚いていることでしょう♪
 幸いにも棚のカウントは更新再アップ後も気持よく回ってますね(笑)。対抗作とか上がってこないかしらん♪
Posted by sekiyama at 2010年11月18日 23:58
だいぶ遅コメになってしまい、申し訳ないです。
やはり関山様に先を越されてしまいました(汗)。

brickshelhの方、拝見させて頂きました。
完成度・・・、やはり文句なしのディティールですねぇ♪
そして当然ごとく自走式SL。素晴らしいです・・・
SLブームに乗りに乗った作品かと!!(個人的にはこのまま波が続くとなお嬉しいです!)

僕の方も負けてられませぬ(^_^;)
Posted by Masai at 2010年11月20日 17:26
◆Masai様
 貴方のコメント、お待ちしておりました!
 自走できるタンク機という道を開いてくださり、極めて局地的ながら?日本のレゴトレイン界に蒸機ブーム起こしてくださったんですから。

 いつか機会あれば並べてみたいですね。

>(個人的にはこのまま波が続くとなお嬉しいです!)
 私のところは大丈夫です(笑)。BR78についで、現在BBB-XLによる第動輪化工事完了の機関車が2両。そして着手待ちのが1両。あと全く違う方向からのアプローチによる蒸機モデル1両と……。ああ止まらない止まらない……。

 貴方のも大いに期待しております。
 あと、今以上に蒸機ビルド盛りあげるといいですね。やはり「華」がありますから。 
Posted by sekiyama at 2010年11月20日 19:04
かなり遅れてのコメントで、申し訳ないです(汗)。
レゴビルドって、個性が出ますね。この作品は関山さんカラーが色濃く出ている感じがします。 特に、蒸気機関車の機能美を、細部にまでこだわって、再現しているところは、説得力が違います。 単体で自走するレゴトレイン! また新しい可能性が、拡がりましたね。
Posted by m&m at 2010年11月22日 01:33
◆m&m様
 個性って確実にありますよね。

 細部までこだわってるつもりはあるんですが、世にはもっと上の方もいるわけで(特に7幅や8幅で作ってる方)、自分のはまだ数(というか種類)作ること前提に適度に折り合いつけて手抜きしてる感じですね。

 単体自走に関しては楽しさが違いますね。でも動力系を分割搭載して不可能を可能にするのも別の楽しさあります。
Posted by sekiyama at 2010年11月22日 22:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック