何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2010年06月22日

【作品紹介】hiro2040様の、9600にC56!

 日本形蒸気機関車の作品も久しぶりです。
 hiro2040様はこれまでの発表歴はないのですが、いきなりでこの作品を上げてくるとは正直吃驚です。
 両形式ともかなりの高水準な作品ですので。

 両作品の共通点は以下。
・6幅で、スケールはほぼフルスケール。
・動輪他、LEGO純正パーツのみで作られています。#10194(エメラルドナイト)以降の蒸気機関車用部品の供給が華を咲かせた作品とも云えましょうか。
・動力は機関車には組み込まれていないようです。炭水車の形状を優先する意味で間違った選択ではありません(例えばAWAZO氏も蒸機は動力なし。拙作は9Vモーターを炭水車に仕込みますが形状面での妥協はしいられていますので)。
・「現行」のパーツを使いこなしています。新部品に依る新表現研究の大事さを再認識させられます。


●9600
 実物は大正時代に大量生産された貨物用蒸気機関車。そして1975年度末まで残った最後の現役蒸気機関車でもありました。動態保存機がないのは貨物用ゆえの地味さか……。

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=435400

 第一印象は「美しい……」
 そして力強い。ポチスロ多用による丸みのある缶胴は今までの日本形蒸機作品の一気に古臭く見せる……というと大げさですが、作風の革命であるのは事実であり、大変に美しい。そして適度な太さが凄く力強い。
 美しいといえば、大正機らしいフロントデッキ周りの曲線や斜面も実に優美。

 タイヤを使った煙突にドームも秀逸なアイディア。缶胴の太さに似合っています。安全弁の表現は!ですね。ああこの手があったとは。
 煙室扉もφ4の丸プレートを土台に使うことで、適度な立体感が出ており実感的。

 足回りはサイドロッドのみでメインロッドは割愛されていますが他が凄すぎるので気になりません。エメラルドナイトの動輪は9600にはちょっと大きいかなという印象もなく、フルスケールの車長にはしっくり来ています。
 キャブは裾の「乙」形を上下逆転で再現。
 炭水車にも注目、プレートを表面にしたリベット表現! 後端の斜め表現にもこだわっています。



●C56
 実物は昭和10年代に制作された支線区用の中型機関車。こちらは今も動態保存機がJR西日本と大井川鐵道に1両づつ残っており、結構な稼働率の模様。

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=435399


 フルスケールといえ、実物の「かわいらしさ」が表現されています。
 全体の造りは先の9600に比べて「保守的」ではあるのですが、良い意味での手堅さを感じます。模範的作品といえばいいのでしょうか。
 そして9600では省略されていたメインロッド(正確にはスライドバーか?)も可動再現されています。
 ディテールといえば、C56では割と目立つ缶胴周りのハシゴも表現、効果的。

 炭水車は横組併用して、独特のスロープをそれらしく再現。小ぶりにまとまっているのが実にC56らしい。


●まとめ
 新規に難易度の高い蒸気機関車を水準以上で上げてこられたというわけで、今後も期待させられます。
 また、これを契機に蒸気機関車制作も盛り上がってきそうな予感も。レゴで作られてこなかった日本形蒸気機関車はまだまだ沢山ありますから、良い流れが生まれてきますように……。
posted by 関山 at 20:39| Comment(7) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素晴らしい。♪
日本レゴトレインのなかでも、かなりリアル方向な作品ですだとおもいますが、日本人による日本型はインパクトありすぎです。
とくに9600の丸みがスロボチを使っ処理されたてるようで、
元々9600はあまり好きじゃなかった私が惚れ込んでます♪

作成者が関東在住だったらうれしいですね。
Posted by SUU at 2010年06月23日 02:07
◆Suu様
 なんかリアル方向にすごい作品ですよね。
 
>元々9600はあまり好きじゃなかった私が惚れ込んでます♪
 本物よりカッコ良いというと言い過ぎでしょうか(笑)。余計なアレンジ無しでのことですから、本物の魅力を120%位にして引き出してしまったのかもしれません。
(9600に泥臭さ求めると、ちょっと雰囲気が違うのも事実ですが)

>作成者が関東在住だったらうれしいですね。
 というより、こちらご覧だと嬉しいです。
Posted by sekiyama at 2010年06月24日 01:40
はじめまして、hiro2040と申します。
今回は私の作品を取り上げていただきありがとうございます。
以前sekiyama様のC55に深い感銘を受け蒸気機関車の製作を始めました。
9600はいくつかの不満を抱えながらの発表でしたが、まさかの反応にこちらが驚いております。
LEGOトレイン初心者で製作に時間も掛かりなかなか発表はできませんが、よろしくお願いします。
Posted by hiro2040 at 2010年06月25日 14:10
いや、ちょっと感動した。
ストレートなアプローチなんだけどいい感じでディテールが入ってて、プロポーションもいい。
煙室もハッチはいいですねぇ。
同じ国鉄蒸気でも関山さんやAWAZOさんとはまた違ったものなるところが、レゴトレイン奥が深い。
Posted by なも at 2010年06月25日 15:46
◆hiro2040様
 はじめまして!
 書き込み有難うございます。

 素晴らしい作品で、こちらも刺激受けた二品です。それにしてもウチのC55がこんな形で役立ったなら感無量ですよ。

 9600はすでに出ている感想で「スマート・上品すぎて9600のイメージの一つである泥臭さが足りない」というのはあります。しかし機関車の解釈はかなり人それぞれですし、また、9600の完成当時のメーカー公式写真では割とスマートかつ優雅な姿であったりします。その意味では間違いのない作品なんですね。

 で、宜しければ初作品?にこの二題を選ばれた理由なども教えて頂けませんか? 実機に思い入れがありますとか……。

 あと、お住まいが関東近くでしたら、運転会に持ってきていただければ参加者一同大喜びします(笑)。ご検討いただければ。


◆なも様
 「感動」うなずけますよ。
 また一つ作風の幅が広がってきた感じですよね。

 それにしても。
 今年に入って、shinichiro氏・かう゛ぇ氏・エフ氏・in81212氏と個性あるビルダーさん方が参入してきて、少し前までの日本のレゴトレイン停滞ムードも払拭されつつある感じでしょうか。
Posted by sekiyama at 2010年06月25日 20:33
sekiyama様
約20年のブランクからレゴ復帰5年目です。両方とも初作品です。今まではセットの素組みばかりでしたが、エメラルドナイト発売時に「動輪部品があるなら…」と取り組み始めたものです。

C56は、小学生の頃多いときは月1位のペースで乗りに行った、大鉄の44号機を参考に製作しました。炭水車付にもかかわらずあの「かわいらしさ」が気に入っております。ボイラーは3幅にしたかったのですが、技術不足でやむを得ず4幅になってしまいました。
9600は特に題材はありませんが、あの異彩を放つ「短足」感が素敵です。本当はご指摘の通り「泥臭さ」を出したかったのですが、やはりエメラルドナイトの動輪は少し大きすぎたようで、作り終えたらスマートになってしまっていました。また、連結器周りや配管、キャブ(高さ)はアイデアが出ず手抜きです…。

運転会のお誘いありがとうございます。線路も満足に持っていない私には大変に魅力的な話ではあるのですが、しばらくは遠出を避けなけらばならない事情がある為、申し訳ありません…。
最後になりましたが、住まいは東京から「ひかり」で約1時間のところです。
ペースは遅いですが、皆様の作品を参考に製作していきたいと思っております。長文失礼しました。
Posted by hiro2040 at 2010年06月27日 13:49
◆hiro2040様
 20年のブランクですか、良い時代をご存知だったのですね。素組からのステップアップでこれが出てくるとは正直驚かされましたが……。エメラルドナイトが契機になったというのは納得です。
 お住まいは……なるほどって感じです。C56の屋根形状は確かに44号機! 炭水車付きなのにかわいい、というのはC56の本質ですよね(笑)。缶胴は4幅の方が動輪とのバランスが良いように思うのですがどんなものでしょう。
 9600はC56で向かった先の終点にも静態保存機ありますね。動輪径小さくされたいなら、BBBホイール(アメリカのトレインファンの作った同人パーツ)にミドルサイズがあり、まさに9600で使えるサイズです(入手先は右側にリンクあり)。社外部品ゆえ無条件でお薦めというわけにはいきませんが……。
>連結器周りや配管、キャブ(高さ)はアイデアが出ず手抜きです…。
 いえいえ、ほとんど気になりませんよ。連結器は思い切って通常のマグネットにしてしまうのも手かもしれないですね(9600は重連や逆行もサマになる機関車ですので)。

 運転会は無理なお誘い失礼しました。余裕ある時で結構です。
 今後も楽しみにしております。
Posted by sekiyama at 2010年06月27日 16:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック