何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2010年05月18日

【作品紹介】tf2様の500系新幹線。実制作!


http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=416137


 以前、CADで「予告」されていた題材の本制作です。

 何と言うか、凄い。
 円筒に近い車体断面は大量の1×3カマボコスロープ並べることで表現。屋根のカーブは大量のプチスロ。良い意味での力技です。

 前面はあの槍状の形態をよくぞレゴで……という印象しか湧いてきません。「ああ、レゴって何でも出来るんだ!」という希望というか自信も湧いてくるのは確かです。
 ちょっと平面的なのが引っかからなくも無いのですが、かといって代わりになる表現が思いつきません。ただ、個人的なプロトタイプの印象とレゴトレイン規格のバランスから云えばもうちょっとノーズは短くてもいいんじゃないかとも思うのですが、ここは解釈さと云うか、好みの領域でしょう。

 tf2氏作品の常で全てのドア開閉。あの流線形部の乗務員扉まで開閉。開いている姿のインパクトは十分ですね……まさに地上に舞い降りたSST(超音速輸送機)かスペースプレーン! オミットしなかったのは正解です。

 そしてなにより評価したいのは床下の表現。台車回りの処理が手抜き一切なし! 台車回りがカバーリングされていると凄くそれらしくみえるものです。
 
 今は先頭車2両のみですが、何れ中間車にも期待して良いのでしょうか……。
posted by 関山 at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック