何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2010年04月20日

【入門篇】2010年のレゴトレインスタート……は、もうちょっと待った方が

 先日のTVチャンピオンでアクセスが上がるかというと大差がないのがこのブログ(内容は速度及び運用区間濃度無制限……)。
 ですが、レゴの鉄道システムに新たに関心持たれた方がひょっとしたらいらっしゃるかも知れませんので、取り急ぎの形での「スタート」記事をば。

 それにしても、「入門篇」カテゴリ、最後に書いたのが2007年9月でした……3年近く前のことで役にたたないと思います、多分。
http://legotrain.seesaa.net/category/5373694-1.html
 あの頃はまだ9V現役だったんですね……。


●どの規格があるか
 一般的なのは1991年から2007年頃まで供給された「9V」です。Nゲージ鉄道模型などと同様、パワーパック使用し、線路から給電します。
 「12V」や「4.5V」はそれ以前の規格で、たまにネットオークションなどに出てくるようです。
 IR(RC)は赤外線リモコンの製品で、2006年から2009年まで供給されました。
 PowerFunction(PF)も赤外線リモコンですが、IR(RC)とは互換性がありません。2009年に「#10194エメラルドナイト」という蒸気機関車+客車のセットが対応しています。なお、今年(2010年)夏以降にPowerFunction対応のセットがリリースされます(後述)。
 なお、上記の規格は全て付随車(客車・貨車)には互換性があります。また、4.5VやIR(RC)、PowerFunctionの動力車は12Vや9Vのレール上を走らせることもできます。


●何がおすすめか
 PowerFunctionが2010年現在のベストです。
 赤外線リモコンですが、動力車制作の自由度は低くなく、また蒸気機関車や特殊な足回りの旧型電機などを自走させることもできますから。スピードやパワーもある程度は自由にセッチング出来るのも魅力です。
(管理人も去年末〜今年初に何作かPFの機関車や電車を制作しています)
 唯一の問題は、現状でセットやパーツの供給が安定していないこと。また、日本に入っても大変に割高であること。
 すぐ欲しいという方には気の毒ですが、今年の夏に以下のセットがリリースされます。


 #7938 旅客列車


 #7939 貨物列車
(画像は両方共、Rober-to氏のbrickshelfフォルダより引用。元はレゴ社の欧州流通向けカタログ)

 詳細は弊ブログの2009年12月24日のエントリ
速報【レゴ製品】2010年レゴトレイン新作続報。箱画像あり。蒸気機関車セットまで!
http://legotrain.seesaa.net/article/136470623.html
 を参照願います。現状手に入る情報から考えられる程度でレビューしてますので。

 この両セットともトレインファンの前評判は低くありません。安心して購入出来る製品と思われます(まぁ現物出てこないと分からないことも多いので確信はできませんが)。充電式バッテリー込みですが、価格もそれほど高価にならない見込みだとか。
http://lego.wikia.com/wiki/7938_Passenger_Train
http://lego.wikia.com/wiki/7939_tba
 によれば#7938で119.99ユーロ、#7939で169.99ユーロとのこと。8月。

 電車・機関車の形が好みでなくても、「全てが入っている」という点で十分にお得でしょう。 リモコン・受信ユニット・パックモーター・充電式バッテリーのどれも何処かで使い途があるはずです。
 あとは浅草橋のみの局所的超円安が起こらないことを願いましょう。

 ちなみに将来性皆無のIR(RC)はお薦めしかねます……半額以下で安売りされていたら別ですが。


●9Vは未だ入手可能?
 パワーやスピードの安定、動力台車(パワートラック)つけるだけで走る手軽さという意味では9Vはまだまだ有利な規格です。
 2007年で関連製品の供給は終わりましたが、bricklinkでは未だ大量に中古品やストック品が出回っており、国内ネットオークションよりは割安のようです。逆に云えばbricklinkに手を出す覚悟が必至なのが現状ですが。
 勿論、PowerFunction関連を先回りでbricklinkで入手するのもありです。


●結論
・8月まで待つ
・割高承知で国内でPowerFunction関連製品を買う
・割高承知で国内オークションで9Vを入手する
・bricklinkに手を出す。

 以上が2010年4月地点でのレゴトレインの入門方法……。やはり8月まで待つのがベストなのでしょうか?
posted by 関山 at 22:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 入門篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
8月まで待った方が良いとは思いますが、
セットが高いなぁ〜とw
PFになって、トレインに限らず少し高くなってませんか?気のせい?

#7939で169.99ユーロって、2万円超えですよねえ?(間違ってたらすみません)
トレイン以外のPFで2万円は悩みますよ自分。

#7939のセット内用はおどろくぼど良いのですが(デザインは好みだから別として)特にレールとか。今までなかったセット内用かと。

後はマイトレインのように単品で車両を出して欲しいですね。貨車でも客車でも良いから…
そうすれば日本でも売れると思う。
Posted by SUU at 2010年04月21日 01:27
◆Suu様
 #7938・#7939の価格は確認取れたのがユーロ圏の予価だけでしたので割高感があるかも知れません。多分、米ドルでも119.99/139.99ドルでのリリースになると予想しています(外れたらすいません)。
 個人的にはユーロ換算でも、あの高価なバッテリーが含まれる地点で元が取れると思っているのですが(笑)。

 単品車両が欲しいのは同感です。敷居下げには一番有効だと思うんですけどねぇ。
Posted by sekiyama at 2010年04月21日 21:13
関山様はじめまして。
以前から動くレゴトレインに興味があったのですが、色々な規格があるらしいので、どれを購入していいのか解らず、なかなか購入に踏み切れませんでした。
電車の方はもちろんなのですが、レールもたくさん種類があって、どれを購入したらいいのやら…(><;)
そんな折、ここで入門篇のブログを見つけて、大変ありがたかったです♪
私もこれを機に、新システムのPFでレゴトレインデビューしたいと思っています。(*^^*)
まだまだ解らない事も多いのですが、購入日までに色々とレゴトレインについて学んで行こうと思っています。
これからもレゴトレインに関する記事を楽しみにしていますです♪(^-^)/
Posted by たぁ at 2010年05月11日 00:53
◆たぁ様
 はじめまして。御覧下さりありがとうございます。
 規格に関しては本文に触れたとおりです。実は、この5年ほどが9V→IR(RC)→PFと揺れ動いたので新規に導入しにくい情勢では有りました。今後PFで安定すると思いますので、今度のPowerFunction新作で間違いないと思いますよ。

 本文修正しなければなりませんが、PowerFunctionのセット#7938/#7939は充電式ではなく乾電池式。また、国内予価は¥14990/¥19990(クリックブリック価格。amazon.co.jp等ではもう少し安くなると予想)です。9月中旬です。

 また、5月下旬の#7597は工夫次第でPowerFunctionでの「動力化」も可能と思われますので、ToyStoryか古典アメリカ列車に興味あるなら先に手を出しても面白いかも知れません。

 デビュウに期待しております。
Posted by sekiyama at 2010年05月11日 03:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック