何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2010年02月19日

【昔のレゴ】stevebd氏のビンテージコレクションその2:1967年日本語型録

 カタログもbrickshelfを「Catalogue」「Catalog」で検索すると古今沢山見つかるものです(暇なときに調べないとえらいことになります。魅力的な画像が多すぎですから)。
 ただ、日本語版カタログは近年のものしかなく、昔の日本のレゴ状況を知りうるような古いものは見つからないはずでした。
 あるところにはあるものです。

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=128360
 stevebd氏提供の、1967年(昭和43年)のレゴ日本語カタログ。
 鉄道業界的には「ヨン・サン・トウ」の直前。新幹線は新大阪まで。上野駅にさえ蒸機が出入してて都電も玉電も健在。でも東北本線は全線電化で、京王線には冷房通勤車がデビウするかしないかという時代。アニメじゃTVアニメはモノクロからカラーへの転換期、劇場アニメ(まんが映画、ですね。この時代は)は東映動画で宮崎駿とかが「太陽の王子ホルスの大冒険」作ってた頃ですよ! ……って喩えがディープですか。

 あらゆる面で今というか、(自分がレゴを知った)1970年代後半とは違います。 車はレゴで組むものではなく、ミニカーを使用。
 セットは「基本セット」のほかは少数派。
(しかし#321「道化師」は今見ても斬新、大人向けのデザイン! バーのカウンターが似合う?)
http://www.bricklink.com/catalogItem.asp?S=321-1
 そしてカタログの後半を彩るはバラ売りパーツセット。
 残念ながら、僅かなペーシ数。

 貴重な情報たる「価格」も明示されています。まぁ「高価であったんだろうな」位の推測しか出来ません……当時の物価や所得水準とかと対照するのも一面的な見方に過ぎないでしょうし。所得水準はともかく高度経済成長下であり、高いものでも無理して買うことに意義はあった時代ではあります(今の中国でレゴが売れているように)。

 他の時代も見つからないかしらん?
 やはり思い入れがあるのは「日本レゴ株式会社」時代の1970年代後半〜80年代前半なんですよね……。
posted by 関山 at 01:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 昔のレゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私にとっては大変嬉しい情報ありがとうございます。(昨日拝見したのですが、書き込みを一日我慢しました^^)
70年代後半〜のカタログなど見つかるといいですね。
Posted by logos at 2010年02月20日 13:42
◆logos様
 ご返事遅れて失礼します。
 レゴの凄いところは、かなり貴重な資料でも「さり気なく」見つかることなんですよね(それが死蔵されず、brickshelfで共有される文化も素晴らしい)。とはいえ、日本語のカタログはそうそう出てくるものでもないのですけど。

 70年代後半〜80年代カタログは引き続き探します。
 あと、日本レゴ株式会社刊のフリーペーパー「レゴ新聞」もお持ちの方、公開して下さりませんか? 1978〜1980頃出てたと記憶するんですけど……。
Posted by sekiyama at 2010年02月25日 20:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック