何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2009年11月03日

【実物鉄道リンク】カラーでみる1970年代の電車

 web時代になって有り難くなったことは現状を追っかけやすくなったこと以上に、過去の大量の資料が「再発見」されることだと思うこの10年です。1960-70年代の「鉄道ファン」「鉄道ピクトリアル」はそこそこ集めているはずなのに、そこから漏れている大量の写真やら情報やら……。
 当時の出版媒体の限界を感じるとともに(カラーは制限され、モノクロも荒い! そもそも紙面の物理的制限あり)、そこがフォローして切れなかった日本の鉄道趣味層の限りなく深きことに改めて驚かされるのです。

 そんなわけで、レゴネタ切れたときに私のブックマークやら、或いは検索して見つかったところから紹介していくことにします。

 月影様の「懐かしのALL COLOR THE電車」
http://www.k3.dion.ne.jp/~mser/index.html
 こちらが素晴らしいのはすべての写真がカラーであるということ!
 1960年代末から1970年代半ばのカラー記録は実に貴重なもの。さすがにこの時代にはカラーフィルム(カラープリント)自体は普及してた筈なんですが、鉄道趣味的にはコストや画質、出版媒体への投稿からまだまだモノクロが主流だった時代です。雑誌だってカラーページはわずかにしかありませんでしたし、カラー中心のムックなんて夢の時代。

 そんな状況下でも電車はカラフルなものですから(特に一部の中小私鉄)、カラーの意義はとてつもなく大きい。

 あと、コーナーのひとつ「欧州の電車」も要注目です。主にスイスの私鉄電車を1974/1979と訪問されての記録ですが、海外サイトでも見つからないような画像がいっぱいです。もちろん、カラー♪

 最後に、個人的な感慨ですが、1970年代半ばというのは自分の「ぎりぎり手に届かなかった時代」なので、奇妙な近さと遠さを感じる時代です。1960年代のように昔と割り切ることも出来ず、1980年代以降のように身近でもない。……でも、電車たちが内外ともに凄く輝いていた時代だったとは思います。

 もうひとつ余談……この時代の音楽も好きなんです。最近或るアニメのEDに使われて妙に有名になってしまった以下の曲。車内も含むクモハ52・サハ75の動画に感動しますよ♪
http://www.youtube.com/watch?v=bFFWXWJkfZM
 絶対にSR71よりクモハ52の方が格好いいです(謎)。
posted by 関山 at 23:12| Comment(2) | TrackBack(0) | リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分は1980年代生まれですけれど、リンク先のyoutubeの動画を見ると、こういう時代があったんだなぁと哀愁の様なものを少し感じました。(^_^;)
Posted by サトウ at 2009年11月04日 19:15
◆サトウ様
 あの映像は前から気になってて、いつかリンク張ろうと思ってたら、変な方面で有名になってしまって思い出した次第……(苦笑)。

 自分もクモハ52がいたころの飯田線は神話的世界です。というか旧型国電や旧型客車、旧型電機のほとんどがギリギリで間に合わなかった世代なんです。その代わり大手私鉄の旧型車は間に合ったんですが。
 とかいいつつ、中学〜大学のころ撮った写真見ると「どきっ」としますけどね。ほとんどが過去の景色になってしまってる現実に。
Posted by 関山 at 2009年11月11日 19:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック