何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2009年05月10日

【レゴ製品】性能も満足!#10194、ここまで弄った末ながら

 これまでの経緯はこちら。
http://legotrain.seesaa.net/article/118688329.html
 【レゴ製品】#10194 Emerald Nightの印象[性能篇]
http://legotrain.seesaa.net/article/118943425.html
 【LEGO製品】#10194 Emerald Nightの走行性能評価


 関連写真は以下参照(未だ検閲中です)
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=382705

 これまでに試行錯誤の上、弄ってきたのが、以下のポイント。
●動輪の空転対策に、先輪上のタイルを撤去。
 関連して先端部の連結器撤去。ダミー化。バッファーの大型化(機関車が大顔なので合わせたつもり)
●走行抵抗減らすため、先輪・従輪・フランジレス動輪のシャフトペグを全てシャフト化。
 関連して、先輪台車の取り付け位置を移動。
●PFモーターは指定の大型ではなく、手持ちのあった小型モーター使用。
 おかげで無理すればフィグが乗れる!

 しかし、それでも突然の停止や再起動の不可……という問題は起こっていました。原因はモーターのトルクが不足することと推測。

 対策として、以下の改造も行いました。
●PFモーターから「増速」していたギア比を、ギアを逆にすることで「減速」するギア比に改める。
(20:12であったものを、12:20に)


 一言で言えば簡単ですが、バラしの範囲がやや広くてやや面倒……とはいえ30分も掛かりませんでしたが。

 そして、効果は絶大。
 ボリュームコントローラ#8879(7ノッチ)を使用し、単機でなら今までは無理だった1ノッチでの起動に成功。2〜3ノッチなら列車の引き出しもOK! そして最大速の7ノッチで蒸気機関車としては実に適切な速度(9Vだと8割くらいの速度)で走ります。何より驚いたのは牽引力が大きくなったことで、客車4両は余裕で牽引します! これは9Vの機関車に匹敵……下手すりゃ凌駕するパワーですよ。
 こうなってしまうと、懸念していた「電池という重量物が動輪軸重上(早い話が機関車本体)になく、炭水車にあるおかげでただの重荷になっている」件は全く気にならなくなってしまいました。

 さて。
 #10194 Emerald Nightでずいぶん引っ張りましたが、これで当面の「完成形」にしたいと思います。性能面で十分満足いくものになりましたし、9Vを超える?性能面でのポテンシャルも確認できましたので。
 ただ「006Pタイプのリチウムイオン電池」のテストが未だ残ってますね(連休挟んで在庫切れの悲劇!)……届き次第、一充電での「寿命」も含めて続報したいと思います。


※弄り倒した?足回り。


※小型モーター使用の役得。狭いながら機関士が乗れる!
posted by 関山 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品購入レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック