何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2008年07月23日

【レゴ製品】ああ、懐かしくて死にそう。ミニフィグ以前の「レゴランド」

 偶々写真見つけたので、なんとなく。 

#690 ガソリンスタンド(勿論シエル)
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=331779

#699 サファリ
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=331783

#664 TV中継車
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=331763

 #690は幼時持っていたモデル、#699は姉が持ってました。#664はほしかったけど何故か縁が無かった……。
 観てると、懐かしくて切なくなります。まぁそう思うのは世代的にも少数派なんでしょうが。
(一般に「懐かしい」とか云われてる、お城や海賊に灰レール4.5Vにパラディサ辺りは、未だに「懐かしい」では無く、新鮮なものに見えてしまうんです。自分の場合)

 この辺のモデルもそりゃ金積めば「未開封新品」も手に入るのでしょう。それ以前に手持ち部品で再現する事だってシェルの看板のような特殊部品除けば簡単にできてしまう。でも、思い出ってそういうものじゃない、もっと切ない何かがあるような気がします。当時の空気とか、レゴ以外の記憶とか。
 この辺の感情というか感傷、1978年以降のミニフィグになってからのモデル(3桁レゴランド、クラシックスペース)はあんまり考えないんですよね……。やはり、断絶も無く今に続いてしまってるからなんでしょうか。

 個人的な感傷抜きに、製品そのものについて徒然。

 #690 ガソリンスタンド
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=331779
 ミニマムな構成なのにきちっとガソリンスタンドになっているのが素晴らしい。何時しかレゴのGSのモデルは道路基礎巻き込み巨大化してしまいましたが、こんな小さな給油所は今様にしてリメイクしたい誘惑に駆られます。車撮るときの背景にも使えそう。
 1974年のモデルながら買ってもらったのは1978年の記憶あり(まぁ2008年現在で2004年のモデルが売れ残ってても不思議じゃないのですからね)。黄色いドア部品と小さな基礎板は重宝しました。

#699 サファリ
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=331783
 動物の構成も、車の構成も秀逸。ハッセルブラッドと思しきカメラも工夫いっぱい。これも今様リメイク考えたくなりますが、動物の構成は何処まで今様にするかのさじ加減が難しそう……。
 とりあえず、車だけでも考えてみます……。

#664 TV中継車
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=331763
 楽しさいっぱい。リメイクするなら八木アンテナではなくパラボラでしょうね。でもそれだとそんな製品も90年代にあったような(笑)。
 意図的に1970年代のTV中継車を意識した、大掛かりな電源やアンテナ、カメラを備えた方が面白いかも…。そういえば、あの時代の方が娯楽も報道もずっとテレビが輝いてましたよね。

 あと、5色マークも懐かしい。あれがレゴの色だったんですよね……。灰色もまだ無く、緑も基礎板しかなかった。あのマーク今からみると中華民国(建国時)国旗にも見えるんですが、それは悪い大人の妄想です多分。

 ……と、取り留めなく昔話してしまいましたが、今の気分は明日販売の「TOWN PLAN」でいっぱい(笑)。懐かし話より、今が幸せであることの嬉しさよ!
posted by 関山 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔のレゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック