何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2006年06月21日

有蓋緩急貨車 所謂「ワフ」

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=189805

 日本流に言えば「ワフ」です。車掌室のついた有蓋貨車で少量の貨物の輸送以外にも車掌車の代用や、救援車や配給車(鉄道用品を倉庫から現場に輸送する車)代用と多用途に都合よく使える車です。牽くのも蒸機・内燃・電機に気動車や電車と何でもあり。
 特定のプロトタイプはないですが、日本型(国鉄ではなく、私鉄のワフ)と欧州型(瑞西辺り)の気に入ったところを適当に持ってきてまとめてみた由。まぁこの辺は何時もどおり(笑)です。木造の小型車という設定ですので、生まれは1920年代以前でしょうか。

 さて。
 手持ちには蒸気機関車や特殊な足回りの機関車で、動力(トレインモーター等)を仕込めずダミーとした機関車が何両かあります。その手合いを走らせるときには当然「後押し」が必要なわけですが、この「ワフ」は後押し用の「仕込み動力車」として造ってみました。

●足回り
 トレインモーターと通常の足回りを簡単に交換できるようにしています。モーターは貴重品(苦笑)ですし、「電機+ワフ」なんて短編成時にモーター車が2台もあるのは気持ちよいものではないですから。
 トレインモーターの覆いは、海外の作例を参考に自作してみました。 
 台枠がゴツい形状なのはトレインモーター装着時にできる車体との隙間を隠すため。小さいながらもどっしりとした感じになりました。

●上周り
 古い木造車らしい、典雅な雰囲気が出せるよう意識しました。
 ドア開閉は安直なやり方(笑)ながら実用に耐えます。

 車掌室は車端部の張り出しだけではなく、居住性向上の為に貨物室側に広げる改造が後付けでなされた、という設定。
 端面の丸い張り出しはブレーキハンドルのカバー。その上には古い窓パーツを奢ってみました。車掌室ドアのステンドグラスはウチの機関車に合わせたもの。まぁご愛嬌で…。

●まとめ
 全長12ポッチという小型車。その割には幅は広めですからよくもわるくもずんぐりとした車になりました。狙ったメルヘン的な「可愛らしさ」に繋がればいいのですが……。
posted by 関山 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道作品(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック