何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2007年11月27日

【作品紹介】grenouille様の低床路面電車

 grenouille様は、05BLOCK.comの第3回コンテストのミニ作品部門で佳作入賞された方です。
 http://www.05block.com/02/le_01_02_00_contest_03_03_03_5b_01.html

 入賞作は、超モダーンな……しかして現実にあっても違和感のない、見事なビル。基礎板や球面タイルの使い方が素晴らしい逸品です。

 その方の、路面電車作品です。

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=286934

 おそらくは自由形だと思うのですが、富山(富山地方鉄道市内線)や高岡(万葉線)のイメージがあり実に説得力のある造形です。grenouille様の得意とされる?超絶モダンな街並みにも勿論、日本風の街並みにも西洋風の街並みにもしっくり来るデザインでしょうか。
 前面はお馴染みの手法ではあるのですが(Jamathis氏のCADや、SUU氏の広電etc)、肩の部分の処理は独特で迫力とスマートさを両立させていますね。また、タイルを駆使した側面や屋根が実にユニークです。屋根はこの手法ならではの微妙なカーブではありませんか。実に綺麗……。
 折戸式ドアのギミックも忘れず。インテリアもあるのでしょうか……?

 関連して、駅や橋も作りこまれているようです。なによりたくさんの建物が目を惹きますね。ジオラマを組み合わせた世界を造られる方ということで、今後も楽しみです。
4幅の車も素晴らしいです。今様のパーツを使いこなした車もまた、超絶にモダーン。ボリューム感がありつつもスマートなフォルムは正に現在進行〜未来形のデザインでしょうね)
posted by 関山 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

ご紹介ありがとうございます。
はじめまして。亀レスすみません。
>富山や高岡のイメージがあり
さすがはお詳しいですね。
一応富山の写真を目標にしてましたが、
鉄道素人で途中からバランス重視でオリジナルになってます。部分写真だったので、あとで扉が左右非対称だと知りました。

>タイルを駆使した側面や屋根
割と強引に組んでまして、プレート積層で頭が重くなってます。

>折戸式ドアのギミック
開くとモーターで低床でないのがバレバレなのが、今後の課題です。インテリアも今後の課題ですね。

>モダーン
ありがとうございます。未来に結構こだわってるのかもしれません。自覚はありませんが。

自作の電車はなかなか難しくて、今回始めて完成できたのですが、いずれまた挑戦したいと思ってます。今後ともよろしくお願いいたします。長文すみませんでした。
Posted by grenouille at 2007年12月11日 17:36

◆grenouille様
 ご返事が遅れまして、大変失礼致します。

>一応富山の写真を目標にしてましたが
 やはりそうでしたか。レゴトレインには実物のアレンジ・ディフォルメはつき物ですから、十分それらしく見えていますよ。
 ドア配置は意図的なアレンジかと思ったほど……。

>プレート積層で頭が重くなってます
 トップヘビーだそうですが、路面電車はフルスピードで走らせる題材ではありませんから、そんなに気にされることはないでしょうね。

>開くとモーターで低床でないのがバレバレなのが、今後の課題です

 モーターを連結部分に入れて、連接構造にしてみては如何でしょうか? これでドア付近は低床化できるんじゃないかと思います。
 連結部に台車を置く方式は、富山の実物とは構造が変わってしまいますが、この種の連結・連接式の路面電車ではよく見られる構造です。

>未来に結構こだわってるのかもしれません
 世界観が巧い感じで纏まっていますね。
 未来といえど、非現実的ではない、それこそ隣にカフェコーナーのような古いビルが残っていても違和感のないような過去や現代と繋がった未来感ですね。

>自作の電車はなかなか難しくて
 低床電車を大胆な手法で作ってますので、難度は跳ね上がってしまったのではないでしょうか。でも、チャレンジの成果は大きかったと思うのです。

 次回作も楽しみにしております。また、紹介させてくださいませ。
Posted by sekiyama at 2007年12月22日 18:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。