何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2022年02月18日

【鉄道作品日本形】「ゆふいんの森」キハ71に挑む!

 JR九州の観光列車「ゆふいんの森」。初代の登場が1988年ですから相当なベテランです。改造後から34年も経っているのですね。

 でも、内外装とも古びず!
 大したものだと思います。初代の方には2010年に乗車しておりますが良い思い出ばかり。

 レゴでも人気題材。
 過去に気分屋様(I。キハ71)と、souseiji様(III キハ72)があります。


 

 http://legotrain.seesaa.net/article/414672122.html
 2015年2月記事「気分屋様のJR九州 キハ71「ゆふいんの森」完成。インテリアも。」

 

 http://legotrain.seesaa.net/article/441796968.html
 2016年9月記事「sauseiji様のキハ72系「ゆふいんの森III」。重厚なる観光特急。」

 それぞれに、当時できる最高!のビルドを見せてくださってたのですよね。感服させられる作品です。


 また、気分屋様作品とsauseiji様作品の並びも実現しています。
 2016年のJAMより。



 ……という前提をさておき。

 つい先日、こんなものをみせられてしまいました。


 ひろどり様の「平成の買収気動車」。キハ125 400代車。
 
 そうなると、同じ舞台に立てる対抗策を考えたくもなるのです。
 嘗て妄想しながらも実現しなかった、「最後の現役キハ58・キハ65」を。


 「ゆふいんの森」キハ71の自分なりの解釈に挑んでみることに。

 先ずは前頭部の試作品。

 色は、今なら潤沢に使えるサンドグリーン(実は安い!)。実車の微妙なメタリックフリーンの再現にはこの色と睨みはつけていたんですよ。
 ゴールド部分は潤沢に使えるダークタン。

 車体上部の絞り込みは、5幅で。
 無論、隙間はポチスロ埋めです。

 流線型の丸みはカーブスロープ組み合わせ。
 前面窓は、先行作2例とは違う方向模索。上部はスマートさを。下部はピラーを強調するデザインです。

 エンブレムもそれっぽいプリントタイル見つかりました。

 これで、行ける!


 先頭車。全長分の試作品。

 ひろどり氏のご意見も伺い、灯火類は一段落としてみました。よくみると実車はかなり下寄りに灯火あるんですよね。

 これで、良い意味での重厚さが加わりました。

 スカートはやや裾への絞り込みのある形状で。


 サイドを見せる。

 窓枠は金装飾ありますが、上下を割愛です。2x3パネルで広窓感。
 なお、内装作る前提で補強がほとんど入れられません……。

 側面の下部はタイル張り手法。ブロック組とコスト変わりませんし。帯位置決めるのに有利です。

 台車は仮。先頭車はキハ65譲りなんですよね。中間車がキハ58の流れです。


 試作品で目鼻は付きましたので、実制作に移る目論見です。

 サンドグリーン、手持ちがある程度がキープしてあるとはいえ、流石に3両分はポンとはでてきませんから、急ぎ発注であります。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | 鉄道作品(日本形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。