何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2021年01月30日

【作品紹介】SUU様の「第3新東京市モノレール」 4編成!?

 シン・エヴァンゲリオンの公開を前に、エヴァンゲリオンが再度盛り上がってます。
 思えば古い作品で、TVシリーズの放送が25年前になるのです。

 「序」「破」「Q」の新劇場版もひきのばし……もとい、息の長い作品に。
 
 ところで。
 庵野監督実は鉄道がお好きではないかというのは、極初期作「八岐之大蛇の逆襲」辺りから指摘されていることでしたね。「王立」「トップ」辺りでも鉄道描写は濃厚でありますし。シン・ゴジラもまた同様に。

 エヴァンゲリオンでは、TVシリーズの自走臼砲。「序」のヤシマ作戦は記憶に残るところでありましょう。

 で……「序」「破」では、都市のモノレールのシーンも印象的でありました。
 特に「破」において、人の営みとしてダイナミックにそして平和に動く都市の表現として! 鮮烈に。

 そのシーンを再現して?こられました。


 作中のモノレールは「日本跨座式」です。
 1970年の大阪万博モノレールにルーツを持ち、1982年の北九州で実運用化。以後は大阪・那覇・多摩・舞浜と路線広げてきました。

 そこをトレースした作品です。

 この1枚に写るのは4編成11両! 無論「特撮的」なトリックで4編成は無いのでしょうけども、それっぽく、都市の重層感を出しているのです。

 車体形状は良い意味で現実的ですね(笑)。
 足回りのカバーの精密感。穏やかな傾斜の前面。リアルティの中に、屋根カーブの円やかさが嬉しいのですよ。


 4両編成の、2編成が行き交う。

 システムとしては、いわゆる「ひだか式」です。レゴのモノレールシステムとしては定番化しましたね。PF以前の2005年頃から開発されて改良やら、PF化にPU化と躍進続けるシステムです。

 ただし、今回作品はディスプレイ用で動力無しとのこと。

 
 造形の秘密。その1。

 前面下部のグリルスロープによる隙間埋めです。すごく丁寧。


 その2。前面窓部分も。

 いつかは動力化でありましょうか。
 モノレールはまた、本格展開やってみたいものであります。

 あと。嘗て行われたと伝えられる(2000年ころかそれ以前)宮崎駿オフなんてもの意識した「庵野秀明オフ」なんて楽しいかもしれません。マイクロスケールでも無人在来線爆弾(+東京駅)はちょっと骨が折れそうですが(笑)。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする