何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2021年01月26日

【作品紹介】ぬぬつき様の683系電車。なおも、北陸の覇者。

 先方の記事
https://ameblo.jp/type-n2/entry-12652473365.html

 思えば、2015年の北陸新幹線開業までは北陸の覇者は681・683系!

 東からやってくる「はくたか」。
 西からやってくる「サンダーバード」。

 「しらさぎ」も併せ、翼たちが揃う富山・金沢は実に賑やかでありました。

 今は、西からの便だけになってしまいました。
 しかし、嘗ての「雷鳥」をも引き継ぐ「サンダーバード」は在来線特急として結構な輸送力を誇っています。



 さて。ぬぬつき様も、地方オフ参加時になんらかの「地元題材」作ってこられるようになりました。

 683系を3両編成で。付属編成は3両口ですし、この3両での運用もあります。
 7幅で33ポッチ全長という、ぬぬつき氏いつものスケールです。バランス良く、表現力もあります。

 両端貫通型ですが(流線型は流石に無理とのこと)、しかし此処まで実車の丸み、スマートさを表現できてるのも嬉しいことです。


 683系、貫通型は半流線型といいたいほどの丸みはあるのですよね。
 7幅車体に対して、6幅のキャノピーのバランスが良好です。横向きに使う大胆さが好きです! 7幅を6幅に縮めている、灯火回りの処理も丁寧ですし。


 優美な側面。屋根肩の丸みはこの系列には必然でありますよね。
 車体裾の丸みは割愛も正解に思えます。


 「サンダーバード」運行系統ガイド。
 嘗ては金沢から先、富山、さらには宇奈月・立山への直通もありました。七尾線方面、大阪〜和倉温泉間は今も1往復のみですが直通が残っています。


 福井オフにて。ひろどり氏の485系と並ぶところ。

 「雷鳥」の485系が2011年まで、ボンネット形は急行「能登」の489系で見られましたが、2010年廃止。
 この並びももう10年以上前の昔語りなのですね。

 そしてこの世界、新幹線の福井・敦賀開業で更に変わっていくことでしょう。

 「新幹線網」が実現しつつある今。
 在来線特急は、嘗ての急行列車のように消えゆく存在なのかもしれません。
 それまでの華やかさ、伝説になることでしょう。
 
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(2) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする