何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2020年06月05日

【作品紹介】ぬぬつき様の自由形片ボギー気動車 推進軸駆動!

 先方の記事:片ボギー気動車:庚ロ80型/81型
https://ameblo.jp/type-n2/entry-12593475074.html

 気動車。今度はおもいっきり昔の片ボギー式気動車です。

 片ボギー気動車はボギー台車への複雑なユニバーサルジョイントなどの推進軸などを避けるために生まれたもの。また、3軸車として2軸車とボギー車の中間程度のサイズにできるメリットもあったはず。

 但し、ジョイントの進化でボギー台車の問題がなくなったこと。気動車そのものの大型化により、戦前既に1940年代には廃れていますが。

 戦後も運用に使われたものは少数あり、加悦鉄道のキハ101は1980年頃まで予備車としては使われていたそうです。
 同車はその後も動態保存され、今に至っています。現存最後の片ボギー式気動車でもあります。今後も動態保存が維持されること願っています。




 この作品、生まれたコンセプトが興味深いです。

 製作者のぬぬつき様、2019年は長期のオフ会遠征が多く、そこに持ち歩きやすい車両を作る必要があり、「頑丈・持続・小型」を狙ったとのこと。ここは先方の記事が詳しく面白いです。こんな遊ばれ方もあるのだ……ということですね。


 なお、架空鉄道的には「 ローカル線を走る気動車(ガソリン車)として開発が行われた。ガソリン車は、蒸気機関車よりもコストが低く整備性・運用性にも長けるため、需要が低い地方路線にはうってつけの存在であった。」とのことです。
 時代考証的に、1930年代のことなのでありましょう。

 ここの設定も面白いので、やはり先方の記事参照されたし……です。


 本線用と思しき、青い客車背景に。よき対照ですね。



 作品としては、全長22ポッチ(バケット部分除く)のモデルです。7幅なのでより小型感が強調されておりましょう。

 参考にされたのはやはり加悦鉄道のキハ101だそうで、オレンジと白のツートンカラーがそれっぽいのですね。旧型車両につきもののシルヘッダは割愛ですが違和感はありません。全体に程よくまとまった、可愛らしいモデルです。

 プリントタイルのマーキングも似合ってます。

 なお、写真によりバケット(荷台)は有無があります。
 時期によってついたり外したりされたのでしょう。実物でも設置や撤去の改造歴重ねた車も多いですし。
<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする