何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2020年06月02日

【作品紹介】MIZUKI様のEF55形電気機関車。不可能を可能に!

「不可能を可能に」というのは自分なりの、よく使ってしまう作品への賛辞です。

 しかしEF55は一般の鉄道模型もそうですが、難度が恐ろしく高い。
 人気の割に敬遠される題材であるのはいうまでもありません。

 難度上げる要因。

 カバーされた先輪の可動。どうすりゃいいのか。
 前頭部の造形はともかく、サイドの曲線3本に前頭部のV形のライン、どうしろと?

 でも、そこを「割り切り、綺麗にしあげて」来られたらどうでしょうか。


 今年の2月半ばに上がってきたMIZUKI様の作品です。

 サイドの曲線3本、そして前面のVライン。シールでの割り切りは大正解。
 いや、きちんとパーツで組まないと……という考えは当然尊重されて然りでしょう。でも拘り悩んで答えを先送りするなら、先に形にしたものの、勝ちです。
(無論、巻き返しのチャンスは有るのですよ!)

 自作シールの不文律?
「レゴ社の製品がシール使っちまいそうなところはシールでも許容される」
 も守られてるのですね。

 そして、流線型の造形は完璧です。
 前頭形状は66度のスロープ横組にカーブスロープの複合です。サイドの曲線を何らかのパーツ表現しようとしたら、この造形が犠牲になる虞れもあるわけですからね。

 前面窓周りの斜め取り付けと隙間埋めもまた巧く、です。


 サイドビュウ。シール使っているのは曲線部分のみで、他は白のプレートによるライン表現です。ここは灰色か白か悩むところでありますが、銀色表現として白もありでしょう。華やかさが増します。

 側窓とルーバーは無理のない順組ですが、バランスは最良のものでありましょう。運転台ドアの表現があるとちょっと嬉しいかも……ですが、蛇足よりは省略するのも手であります。

 側スカートは割愛というか、旧型電機では有効な車体の裾上げを(例えば拙作のEF58やEf57では2プレート裾上げしてます)割愛してしまえば十分にそれらしく見えるんですね。

 屋上機器、ここをカーブスロープでまろやかに仕上げてるのは注目されましょう。


 バックビュウ。独特の平妻です。実物の微妙な丸みは割愛されていますがこれも気になりません。それよりは手すりやステップの表現が嬉しいです。
 こっちを前に列車曳かせるのも時代によってはありです。


 前頭部の角度が綺麗。尾灯(標識灯)は敢えて赤表現ですが、透明赤とは違う雰囲気出せるものです。屋上の平坦処理は美しい。

<<続きを読む>>
posted by 関山 at 22:58| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする