何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2020年01月01日

【鉄道作品日本形】京福福井 テキ512(国鉄EC40形)のリメイク。自走してロッド可動♪



 国鉄初の電気機関車(日本初、でないことに注意!)と知られるEC40形(10000形)。

 ラック式で独はアルゲマイネ社製。
 小柄な凸形機であり、その姿は可愛らしいものでもあり。

 然し、彼女らの舞台はかの碓氷峠。主要幹線の一区間であり、その姿に似合わぬ重責を負わされたのでした。1912年のこと。12両があの区間に揃います。

 健闘25年。1937年までに大型のラック式電機ED42に追われる形で引退し、2両が京福電鉄福井に払い下げられテキ511 及び テキ512に。

 碓氷峠時代にもかなり改造改修の手は入っておりましたが、京福では片方のボンネットを撤去し、凸形ともL形とも箱型とも言えない独特の形状になっています。
 むろんラック用の機器一式は降ろして「ちょっと変わった」粘着用の機関車に。29トンで200kwの出力は私鉄の小型電機としちゃ悪くないものですが、流石に最高速度18km/hは流石に遅すぎ、ギア比変えて31.5km/hまで上げていますが、それでも電車中心の路線ではキツかったでしょう。除雪用にはパワーあって好まれたという話もありますが。

 1964年にテキ511が国鉄に返還、EC40の原型に復元され今に至ります。
 残ったテキ512は1970年迄活躍続けました。同じ碓氷峠の電機でもED40は日光軌道線が最後で1968年引退。ED42も1962年の碓氷峠新線化で全機退役ですから、最初のEC40が一番長寿を全うできたのでした。


 この機関車。過去に制作しています。

 2007年! もう13年前ですね……。

 動力なしで、何らかのユーレイ動力車を要します。
 当時なりに頑張ったつもりの作です。色は黒にアレンジしています。モノクロ写真だと黒にも見えましたので……。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 気になる題材故にリメイクの機会は狙っておりました。今なら動力系にはPFやPUが使えますから自走も夢ではありません。よりコンパクトに収まるPU使った動力を考えてはおりましたが。

 そこで鮮烈だったのが、2019年秋のジョージレモン様の貝島アルコ
 9Vでロッド駆動をやってのけた偉大な作品です。それを見て、自分もアルコ用の足回りをテストしてみたりしましたが。


 2019年11月制作。9Vモータで、三軸目を横スライドにして蒸機のメインロッドを可動させようというもの。テストはOK!でした。

 これを流用し。


 また車体に関しては、yamatai様のLDDのEC40形を意識。この可愛さ真面目さよ!


◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 さて。2020年の第一作目として。


 今回、パーツ事情が大きく好転しているので茶色にしました。譲渡当時はいざしらず、1960年代以降は茶色塗装になってたはずですから。
 アクセント部分は濃茶です。

 足回りは先の貝島アルコ用試作品を修正、電気機関車のサイドロッドらしい形状と動きに改めています。
 理想もうせば、PUなんですけどね。それもトレインモータではなく自作動力で。今後の課題です。

 全長は前作と同じく16ポッチです。この題材、18ポッチにすると印象が変わってしまうのは13年前に実践済です(笑)。

 側面はyamatai氏のEC40参考に今様に。個人的趣味で窓上に窓縁表現を半ば意地で行ってます。
<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | 鉄道作品(日本形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。