何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2019年12月05日

【作品紹介】ジョージレモン様の「貝島炭鉱のアルコ」。9Vでロッド駆動!

 九州は筑豊の貝島炭鉱。

 ここは1975年の国鉄の蒸気機関車全廃以降も、蒸気機関車のみによる運行を1976年迄続けた事で知られます。
 それも常用されていたのが「コッペル」に「アルコ(アメリカンロコモティヴ)」の古典輸入機でありました。多くのファンのカメラに収まり、そして古典機たちは地元で大事にされています。

 幸せな機関車たちであったといえるでしょう。

 ここの「コッペル」は既に制作しております。
【鉄道作品日本形】貝島炭鉱コッペル。最小の?PF自走タンク機(2018年作品)
http://legotrain.seesaa.net/article/470789366.html
 


 さて、二周りほど小さかった残るは「アルコ」の方です。
 実は「コッペル」は大きなタンク機関車であり、自走の動力系など魔改造なしで収まるギリギリのサイズであったのですが。
 アルコは何らかの魔改造とか、割切りがないと無理だろうと踏んでおりました。

 いや然し!
 

 見事に、実現してしまいました。
 走らなくても、ダミーであったとしても許されるルックス。でも、この機関車は自走するのですよ。

 動力は9Vです。ロッドの可動は擬似的なものですが、これが物凄いアイディア勝負。詳細後述。

 車輪は観ての通り、中間軸が偏った癖の強い足回りが再現されているのですね。


 腰が低い印象に、「弁当箱」と言わしめたサイドタンクの大きさ。タンクのリベットのゴツさ。
 アメロコらしいキャブ周り。魅力たっぷりなのでありますね。

 炭鉱で使われてるウチにこんな形になったんだろうな……って感じのエンドビームも良い味です。


 斜め上より。ほぼ6幅ジャストに収まってる!
 缶胴上のドームもなんとも言えない味を出してます。


 拙作のコッペルと並んで。

 コッペルは重量44噸の割に小柄に見えて、アルコ重量22噸の割に大柄に見えておりましたので、このサイズ差は正解なのでありましょう。
(残念ながら静態保存機は別々の場所なので、並ぶ機会は無いのですが)


 貝島炭鉱の、あの雰囲気が蘇る。




<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする