何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2019年06月24日

【作品紹介】たるご様の「ミドリちゃん電車(広電1904号)」。

 テレビアニメ版「ケムリクサ」で終始まで主人公たちの相棒として活躍した電車は、広島電鉄の1904号……の凡そ半分。
 
 広島電鉄1900形は元京都市電1900形(900形)。1955-57年に製造。
 900形は京都市電の半流線型スタイルの完成形とも言えるものでしたが、そのなかの半数をワンマン化改造したのが1900形。京都市電の最後を看取り、そしてほぼ全車が広島電鉄に譲渡されたものです。

 広島では15両とまとまった両数があること、旧式車ながら冷房付と使いやすい車であり、今なお全車が健在です。広告車以外は京都時代のカラーリングを維持。切り抜きの京都市章も残される。今はなき京都市電を偲ばせるのに十分でありましょう。


 「ケムリクサ」で、なぜこの車両がミドリちゃんの居所?として選ばれたのかは分かりません。端島なら近いのはむしろ長崎の電車ですからね? 細かい事情はともかく、路面電車の凡そ半分、というのは悪くないですよね。
 線路上も線路でないところも走り/歩きますが、前者に関してはやはり標準軌のレールを移動するんでしょうか……。え、瀬戸大橋? 四国新幹線が存在した世界線なんですよあそこは(笑)。


 たるご様の作品は、走行メインです。

 前面は傾斜のついた三枚窓ですが、ここを平面に割り切っていますが意外と気になりません。窓部が平面の代わりに、腰板部分では微小な傾斜角を付けて全体で傾斜形状になっているのが分かります。京都市電顔といえたあの半流線型の汎用表現になりますかも?


 側窓は無難に?2x2窓です。
 ドア凹み表現あり。路面電車では難しい車体裾はウエッジプレートで車輪を避けています。足回りはPUトレインモータ。

 水タンク?は3x2のパネルです。

 肝心の「ミドリちゃん」は走行のじゃまにならないように。


 真正面より。京都市電元来のヘッドライトは外付けでしたね。如何にもな外付け感。そして作中の前照灯は前面窓から下がるランタン。


 バックビュウ。切断面は曖昧にされておりしたので、こんな感じでしょうか。






 走行するだけでなく、カラーセンサー内蔵で自動運転対応です。ここがPUの凄いところでありますね。


 イメージ画像。ミドリちゃんらしく! なかなか良い雰囲気です。




 内部。PUの電池boxでいっぱいになってしまうのですね。



 irodoriちゃんねるでも紹介されています。
 また、たるご様は結構ケムリクサ関連のイベントにも持参されたようです。



参考、ながに様バージョン貼っておきます。
 こちらのミニフィグの表現もなかなか参考になるものです。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする