何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2019年06月21日

【作品紹介】hiro様のプルマンカー。製作途中……。

 製作中画像にして失礼します。
 でも、完成すると上げにくくなってしまう過程も大事ですから。

 プロトタイプは「コート・ダジュール形」で、廃車後にNIOE所属で復活していたもので、1988年のオリエント急行来日時にも来た車。

 紆余曲折の末、箱根のラリック美術館で展示されるようになり、今に至ってます。
 ……未だに会いに行くこと叶わず。


 車体概要。「1等」の上の更に豪華な座席車であり、解放室の他に個室もありました。8幅ゆえの完璧な内装表現。

 窓まわりの内部表現
 天井の表現
 曲線を描く通路……。

 側窓は高さ3段分の横組み行い、その上をブラケットで埋める組み方のようです。ルックスが良いですね。

 楕円窓はカーフェンダーの合わせです。このスケールなら1x4アーチの合わせも可能ですから表現としては迷うところでしょうか。

 8幅故に、黄色のラインも適度な細さになリます。


 窓から覗き込んだところも魅力的です。
 
 ここは精密模型感!


 車端部。デッキの作り込み加減。1920年代の鋼製車らしい重厚さ。
 1x6アーチにダークブルーが未だに出てこないのは憂うべきところであります。ゴールドの手すりが真鍮磨きだし感があってよし……。


 台車・屋根・車体。美しい客車の程よいバランスの外見です。3x4トレイン窓の使用部分は仮で、差替予定とのこと。

 余談ですが、コート・ダジュール形はTEE「ミストラル」に併結されてた時代がありました。ステンレス車の形状は異なりますけど、この1両だけでもK.martworks氏のTEE-INOXに繋いであげたい誘惑に駆られます。

 それにしても質感とか雰囲気があたかも「1番ゲージ」ですよね。
 あれを手頃な予算?で楽しめるのですから、Lゲージはなんて経済的なことでしょう???


 エンブレム代用のタイル。最近はΦ2丸タイルのバリエーションも「使える」のが増えてきましたよね。


 内装一部。個室部分とトイレ部分。
 マホガニー感、漂います。


 トイレもドア開閉の作り込みです。


 妻構体。


 台車。来日仕様ではあるそうですが、台車はオリジナルの方です(こっちのほうが格好良いので言うことなしです!)。
 白いラインの入ったイコライザ台車。ここは8幅メリット享受してますねぇ。

 
 さて。
 現在寝台車LX16を製作中のようです。続報ご期待下さい……!
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする