何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2019年06月03日

【作品紹介】レゴ5udon様の関東鉄道 キハ5020形は「最新型」都会派気動車!

 関東鉄道(常総線)は取手から分岐する非電化私鉄です。非電化で気動車が活躍する路線ですが通勤需要が大きく、一部区間複線化など積極的な投資が行われています。

 1990年代後半より導入され続けている2000/5000番代の新造車両も、非電化私鉄のイメージを変える車両。鋼製ながらもシンプルな外見に、下降窓の都会的雰囲気。少しづつ仕様変えつつの増備がされてきたこの形式も、キハ5020形が今年デビウしたばかりの最新車となります。両運転台。前回増備の5010形に対して灯火の配置が変わり、よりすっきりした姿に。


 レゴ5udon様の作品。20M級を全長30ポッチ解釈です。5udon様にしては珍しく、純粋な6幅作品です。ブロックのソリッドな感じが、実車の印象を上手く伝えておりましょう。


先方の記事こちら
https://5udon.blogspot.com/2019/06/5020.html

 白+青+黄色のカラースキームに、赤いマークがアクセントに。屋上機器も今様の気動車らしく。
 全体に気動車らしい華奢さが感じられるのも嬉しいことです。決して「パンタのない電車」……ではないのですよね気動車の雰囲気って。


 前面。2x3パネルサイトサポート付を活かした造形です。繰り返しますが、これで実車のソリッドな印象を掴んでいます。4幅分の横組でも近いのですけど、でも、イコールにはなりますまい。

 パネルの内側に窓や灯火を押し込んでいるのが技術的に注目されるところ。窓は潔くブラックアウトでも良いかも?なのですが、クリア部分残す意地が嬉しいです。

 なお貫通扉も同じ処理に揃えておりますね。ここは微妙なはみ出しもあります。桟板の裏面表現!

 シャンパが賑やかなのも気動車らしいところでしょう。


 側面では下降窓をパネルであっさりめに。
 扉類は凹みなしの表現ですが、沓摺にタイル使って、またパーツ分割でドアの存在暗示しているのが細やかです。

 足回りは台車枠こそ黒にせざるを得ないのですけども(車輪枠の灰色高価!)、それでもフロントエプロン(スカート)や機関を灰色にすると近代的に、新しい車両に見えてきます。


 都会派と言っても気動車は気動車です。単行であったり、はたまた同社他形式との混結も楽しめることでしょう。かつては通勤時に4連も走っていました(今も臨時に存在するそうです)。

 2000/5000系列でも塗色や仕様の違いは模型的に楽しめるバリエーション。意外な鉄道の意外な魅力を見出してくれる作品なのでした。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする