何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2019年02月02日

【作品紹介】超豆茸様の都営5300形。麗しき流線型。/京成3050形 スカイアクセス

 東京都交通局 都営地下鉄浅草線の5300形は1991年デビウ。
 今思えばバブル期の通勤電車であり……。アルミボディはホワイトに塗装。前面は流線型。華やかなインテリア。理想主義が開花したような電車でありました。
 京成の成田空港直通で盛り上がる90年代初頭、一気に5000形を置換えてしまいました。全車8両固定です。

 運用範囲は成田空港から三崎口/新逗子まで。1号線規格の全域です。
 以前は京成上野にも入る運用ありました。

 但し、京急線/スカイアクセス線の120km/hのスジに乗れないのが欠点のようです。
 
 それから……京急沿線で乗る分には実はハズレ車です。京急車のセミクロスや、はたまた全ロング車であっても柔らかい座席に慣れていると、都営は硬いなぁ(見栄えはいいけど)になってしまいますので……。あ、5500形は座席よくなってるんですよ。

 現在、5500形の導入が急ぎ進んでいるようです。5300形観られなくなる日は案外近いのかも知れません。
 ハズレ車とか言って避けてる場合じゃないかもですね。


 それにしても、地方譲渡とかないのかしら?
 デザイン次第で凄く丸く、可愛い電車に化けそうな気がするのですけども。
(尤も標準軌なのは不利ですが)


 さて。超豆茸様の作品。前面の構成が素晴らしいです。

 きちんと、流線型の丸みが顕れてる。前面窓を小分け横組み表現してピラーなど表現してるのも「正解」でありましょう。トランスブラックに新濃灰のピラー・非常口枠は正解してる表現です。この種のデザインの電車表現の、革命になるかも知れません。

 前面下部も良い雰囲気です。連結器廻りの張り出しはパネルで表現。あの肉薄感が分かります。逆テーパもこの電車だと大事ですね。

 ダミーカプラーも良い造形です。

 惜しまれるとしたら、都営マークが1/4円タイルでありましたら! あの部品は都営交通のマーク表現にベストでしょうから(普通の緑はあったと。ライムはあったかな?)。


 側面はスタンダードな組み方です。
 資材の関係で難しいとは思うのですが、然し屋根肩をポチスロで仕上げるか、思い切って45度の白スロープで仕上げたら張り上げ屋根の感じが出せたかも知れません。

 それでも、5300形のニュースタイルの可能性、感じさせます。


 さて。こちらは試作バージョンでライト点灯。
 やや構成に無理があったのか、上記の完成版に改造されたそうです。

 完成版の方がライト位置1プレート下がり、実物の印象に近くかつスマートになっておりますね。この改修は成功でありましょう。


 完成版に戻って。
 
 左が初期車のショートスカート。右が後期車のロングスカートです。
 どちらがお好み? どちらも良いですね!


 編成で。


 そして、もちろんフル編成なのでした!



 当然ですが、京成全形式・京急全形式と世界観が揃う電車です。
 造っておけば活躍の場は無限大でありますね。

 ところで、次回作が有るとしたら、やはり5500形でしょうか?
 一方で、5000・5200形も懐かしかったりします。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆




 もう一つ。京成の3050形。

 3000形のバリエーションの一つで、スカイアクセス線開通に合わせた特別仕様車。塗装や内装などで差をつけた。運用の区分区別があるのかどうか分かりませんが。

 もちろん、先に作られた3000形ノーマルの応用です。


 でも、側面の青帯で印象が大きく変わってくるものです。
 窓まわりの青処理は、嘗ての箔d車、北総7000形を彷彿させるものありますね。赤の印象の京成に対して、青の北総でしたから。


 中間車。ワンアームの、2パンタです。

 
 もちろん、フル編成です。このボリュームに慣らされてしまいつつありますが、8両造るのってやはり大変なことです。資材も、労力も。




 おなじみの動画です。やはり構成・編集が巧いのですね。


 ところで。
 超豆茸様は京成前形式と都営現形式。あと京急もほぼ全形式を作られております。この流れでは……次は北総鉄道? C-Flyerあたり、凄く気になるのですが、如何なものでしょうか?
 
 自分も京急再開したいと思いつつ。
 北総7000形や都営5000形(旧塗装)あたりも何時かは……です。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする