何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2019年01月16日

【作品紹介】トラックも大事! sakurai様のデコトラたち

 鉄道に絡める自動車としては、バスも大事ですが、トラックもまた重要です。しかし自動車ビルド界隈だと未だ手がけてる方が少ない印象でしょうか。

 デコトラの面白さは、装飾性のあるカスタム車であると同時に、多くの場合は仕事用の実用車でもあるということですね。

 ビルドは大変ですが、見栄えもします。華やかです。
 sakurai様のデコトラ特集させて頂きます。




 ローアングルが迫力満点!

 sakurai様の共通仕様ですが、11t車は6幅。ディテールや見栄え考えれるとこのスケールは正義! 乗用車とのサイズ比も寧ろ正しいでしょう。
(とはいえ、大型車5幅文脈も捨てがたいのですが)

 フロントグラスはクリア。これはドライバーの顔を見えやすくするため。各車とも「表情」があります。
 ドアの「辰」はこんなプリントタイルがニンジャゴー辺りにあったかなと思いきや、辰年のクリックブリック配布シールの転用だそうです。なるほど!純正ですね。

 タッセル部品(房)は非常に効果的に使われています。

 ライティング仕込んだモデルもありますが、流石に側面のライティングは割り切って前頭部のみに。でも、正しい現実化でありますね。

 資料はデコトラのムック読み込まれているようです。
(現代のものだけではなく、昔の名車も多々出てきます)
 この種の本は一冊手許にあったほうが良いですね。自分も買いましょう……。


 龍のペイントが印象的な1台。発売されたばかりのアジア限定品から見事なパーツ取り。


 波のペイントをプレートモザイクでの表現です。
 庇とか、アーチ型のライティングが印象的。


 平ボディ車。ホーン、また頭上の装飾が良いですね。そしてウイング!
 サンドグリーンのキャブとサイドライン。

 ホロの表現はsakurai様のオリジナルです。


 黒で渋め。屋根には「日本一」!
 キャブはやや新し目のデザイン。ベース車も意識しているそうです。実際、メーカーの個性ありますものね。


 活魚車。鱗風のエッチングパネルの表現が鮮烈です。この部品、未だ安くなってはないですから、かなりの豪華車?です。

 キャブ内のカーテンが効果大きいです。VWバスの部品ですが巧い転用です。
 タッセルはタイヤの泥落としに使われていますが、車両によってはキャブ内の装飾にも。


 2t車軍団。小さくてもピリッと辛い!
 個性的に丁寧に作り込まれてます。


 この大きさでも、荷台に「絵を書く」ことは可能なのですよ!


 夜景がとても、絵になるのです。雨あがりの駐車場。


 TARGET(アメリカの大手流通)というよりは、どこかのサービスエリア的な風情でしょうか。凄く、旅情を感じさせるシーン。

 
 夜間の集合。仕事の合間か、或いは余暇に愛車を繰り出してか。


 最後に。デコトラは流石に……と思う向きもあるでしょう。好みは分かれるジャンルですし製作も手間はかかります。なにより、貨物用自動車全体から見たら極少数派ですから。

 しかし、普通のトラックもまた華やかかつ個性のある自動車です(おなじみの運輸会社の大量導入車とか)。況してや特装車なんか言うに及ばず……ですね。
 あと、フルエアロ纏ったメーカーのショーカーも格好いいのですよ。
 設定年代を80年代、70年代……と古くするのも面白そうです。

 実はレゴ自動車趣味的に、凄く面白いところが手付かずのままなのかもしれません。鉄道貨車の傍には居るべき車なのですから。
 


 関連ツイート追記致します。
 トラックターミナル、嬉しい情景ではありませんか!










posted by 関山 at 23:54| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする