何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2018年12月06日

【作品紹介】けーにっひ様の、欧州系郊外電車から膨らむ戦時型の妄想。

 欧州系と思しき、自由形電車です。
 戦場系ジオラマのアクセサリという文脈でしょうか?


 特定のモデルは無いと思うのですが、欧州系?の郊外電車です。
 電車史的には1920-30年代の、路面電車から郊外電車や都市間電車が発達していく過程の電車ですね。

 アメリカや日本はこの辺の発達は顕著なのですが、欧州諸国でも少数ながらそうした流れはありました。

 戦時に備えて装甲化されているのでしょうか。
 リベットの目立つゴツく特異な印象です。

 古い時代を意識されるのなら、ヘッドライトは1灯のそれも大きめのが良いでしょうね。屋根上よりも、窓下の方が愛嬌も生まれるかも知れません。


 側面より。
 大きめの窓の優雅な車体であったのが、戦時に装甲化されてゴツくなったという趣でしょうか? 市街戦の為に電車も装甲しなければいけない背景などを想像させます。

 と、戦車の文脈で造られた電車は想像を掻き立てます。


 お客乗せて。
 兵士ではなくて、通常の運用に。

 「戦後」を想定されているのでしょうか。
 元が木造車体であったなら、戦時の「装甲」は鋼体化を兼ねたものなのかも知れませんね。ただWWIIの頃なら電車の車体は既に溶接です。
 つまり、鋲打ちの車体はWWI前後の、微妙な時期を彷彿させるのですね。


 郊外の橋梁わたって。
 このガーター橋がまた出来が良いのです。

 この電車。軍用の電動車として、貨車など曳かせても似合いそうです。昔の郊外電車や都市間電車では貨車曳くのは日常茶飯事でしたし、それが戦時下ともなれば……!

 別文脈の自由形は、いろいろ想像を膨らませてくれるのでした。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする