何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2018年08月28日

【作品紹介】yonetaka様の「RegioJet」用の193形電気機関車。欧州大陸系も楽しいよ!

 「RegioJet」はチェコ共和国のオープンアクセス鉄道事業者。
 2014年創業で低廉な運賃と、ちょっと豪華な客車でネットワーク広げつつある模様。
 チェコ共和国だけでなく、スロバキアとオーストリアにも路線を広げています。
https://en.wikipedia.org/wiki/RegioJet

 こうした情勢は、正直羨ましいですね。
(日本でも鉄道事業のオープンアクセスがあればどれだけ在来線は華やかになることでしょうか……!)

 基本は機関車牽引の客車列車。シーメンスの「Vectron」形が193形として使われています。無論、トレードマークの黄色の塗色です。


 yonetaka様の欧州型のスタンスが、「レゴ社の製品的デザイン」。
 その枠の中での再現です。しかし、何度も改良を重ねたという前面がとても良い雰囲気じゃありませんか。カーブスロープの中にキャノピー埋めた上半部。そして下半部はシンプルなパーツ使いながら、Vectronの特徴……ライトケースなどを捉えてます。少し逆テーパが付いてるのもポイントですね。

 Vectronの特徴というと、流石に「ヒゲ」はシール表現です。でも、レゴ社の製品ならここはシールでありましょうね。グリルタイルをななめに取り付ける手もありますが、全体のバランスから考えると不似合いかも?

 側面はシンプルですが、前面に引っ張られる感じで手抜き感はありません。
 トレインプレートも欧州物では正解でありましょう。車体裾低く見せられるメリットは抗いがたいものがあります。
 
 ご意見ももうしておきましょう。
 前面の灰色部分、ちょっと背が高いです。上部のカーブスロープを1x2にして車体高さを1プレート下げたら、かなりスッキリしそうに思うのですが。機器室部分も1プレート嵩上げして高低差を均すと良い感じかもと?


 活躍シーン。最近のJAMなどのイベントで、大陸系欧州が薄いのは申し訳なく。みんな英国病に罹患しすぎですよ……(苦笑。

 Vectronは欧州各国の他、Amtrakバージョンもありますから、世界各国仕様も楽しいかも知れません。


 そんなわけでシーメンス VS アルストム。
 たるご氏のAmtrakとの並走です。

 え、引いてる客車が「?」ですって?


 客車は東ドイツ製の18系客車。中国国鉄。北京からはるばるモスクワまで乗り入れてくる客車ですね。
 

 限りなく「21世紀の東側」を象徴するこの組み合わせ、似合わないわけがありません。東西ドイツとチェコ共和国と中国が絡む国際性こそリアルってものでしょう(笑)。

 中国国鉄は昔はルーマニア製や西ドイツ製の機関車なんか入れてました。ただチェコ共和国の機関車は入れてなかったですね。お隣の北朝鮮はシュコダ王国ですが。

 なお、18系客車もロシア(ソ連)ではチェコのシュコダ製機関車が曳いておりました。

 大陸欧州の楽しいところは、こんな編成もそれほど不自然に見えないことでしょうか。 チェコのRegioJETの機関車と、OeBB(オーストリア国鉄)の機関車と重連で。遥か北京からやって来た寝台車x2の後ろにはロシアの食堂車。その後ろには元来のRegioJet客車。カラフルではありますけど、どこか落ち着きさえ?

 それにしても。
 Dyson氏・わたるん氏の巨大インフラは大陸欧州が凄く似合いますよね。
 良いシーン、有難うございました。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする