何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2018年08月13日

【鉄道作品日本形】定山渓鉄道キハ7000形。幸薄な気動車。

 1957年に製造された道内私鉄……定山渓鉄道の気動車です。
 同形が3両製造。改良形の7500形が1両製造。

 いわゆる炭鉱私鉄の気動車ではありませんが、小さな窓と前面2枚窓に道内私鉄に気動車によく見られたもの。
 また、エンジに白帯のカラーリングは、羽幌炭鉱とも共通しますよね。

 前面2枚窓はいわゆる湘南顔なのですが、日立設計の車は後退角が極めて小さなちょっと違った印象になっています。同種の顔は留萠鉄道にも居りましたね。
 
 定山渓鉄道線は1969年に廃止され、この車両そのまま廃車解体。12年という極めて短命・幸薄な車両でした。
 それでも、他の道内私鉄の気動車は多くは内地の私鉄に譲渡されています。この車が売れなかった理由は気動車の権威 湯口徹氏も訝しむところでしたが、未だに解明されざる謎。ただただ、惜しい車ではありました。あぁ鹿島鉄道とか茨城交通辺りに転じていれば……。


 レゴ的には、側窓の数を省略であっさり造ってます。とはいえ、この色のインパクトは未だ大きいですよね。
 側窓は高さ4プレート分。道内気動車らしい小窓感表現です。

 床下機器は手抜きです。すいません。
 動力は抜いていますが、9Vモータは装着可能です。


 前面は彫りの浅い、日立製湘南顔の表現として、思い切って後退角を省略してしまいました。
 傾斜角は付けています。

 これでシンプルになるはずだったのに、前面のヒゲ塗り表現のため、やや面倒な組みが発生してしまいました。
 ヘッドライト両脇のホーンはいいアクセント。


 並んでいるのは定山渓鉄道ではなく雄別鉄道の9046ですが、定山渓鉄道にもオールドアメリカンロコ8100形が1959年迄は居た由と。

 あの時代の道内の私鉄の醍醐味は古典蒸機と「最新」気動車の並びが見られたこと。
 尤も、最新だった気動車も殆どは路線廃止で、良くて北海道を追われ内地へ転じていくのですが……。
 
 こんな気動車や機関車、まだまだ造ってみたいと思います。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | 鉄道作品(日本形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。