何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2018年07月05日

【イベント】続:ジャパンブリックフェスト2日目 Lゲージ推進機構篇「英国のお時間」【写真46枚】

前回記事
ジャパンブリックフェスト1日目 Lゲージ推進機構篇 【解説追記済】
http://legotrain.seesaa.net/article/459900508.html

続 ジャパンブリックフェスト1日目 Lゲージ推進機構篇「昔の神戸のイメージで……阪神電車分多め」
http://legotrain.seesaa.net/article/459949703.html

ジャパンブリックフェスト2日目 Lゲージ推進機構篇「戦前情景」「阪急無双」
http://legotrain.seesaa.net/article/459969762.html


 少し間が空いてしまいましたが、JBF2018のLゲージ推進機構のレポート続編です。
 二日目の午前は、阪急テーマに引き続いて外国形……英国形の時間です。


 プルマン電車 ブライトンベル。
 日本の私鉄ロマンスカーのルーツ? とも言える電車です。

 英国型の場合、ヘッドライトがつかない+第三軌条集電故に電車らしく見えないのが何ですが。

 閑話休題、世界観は「ロンドン近郊の何処か」で通用するんじゃないでしょうか……? いや未だイギリスは行ったこと無いのですけども。


 駅を通過してく。ディーゼル機関車の曳く客レを抜いてく。


 足元にはHST。
 現代のというよりは、1970年代なかばから末くらいのBR時代の雰囲気ですねこりゃ。


 ブライトンベル編成から電動車を外して客車代用。今度は三木様のクラス23牽引です。 プルマンは割とどんな機関車にも似合うメリットが。

 クラス23は早期引退の特殊な機関車ですけども、イギリス国鉄には同種のショートボンネットの丸み強い箱型機は沢山おりましたね。というか現役の形式もいくつか。


 ディーゼル天国!

 よく考えたら、英国の交流電気車ってまだ誰も作られてないんじゃ……?


 クロック様のクラス68もやってきました。

 やはりこの高架駅の情景は英国調ですなんとなく。


 俯瞰。並ぶ車両が変わるとまた印象も違うというものでしょう。

 レイアウト自体は中規模ですが(間違っても小規模じゃない! 運営してみて痛感)、でも、使ってるのは3-4人ですから余裕あるものです。


 いきなりの3線並走。
 真ん中は三木様のGt-3。世界一蒸気機関車に似た姿の
<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする