何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2018年05月04日

【イベント】Hot minifig ride 2018レポ(プリゲーム篇1) 「世界が羨む」夜景の革命

 レゴでのイルミネーション。
 純正品しか無かった時代は憧れにして、非現実にすぎませんでした。

 LEDが未だ一般的ではない時代(あっても赤と黄緑)。
はたまた青や白のLEDが出てきたもののとても高価だった時代……。
(純正品の電球は球切れが恐くて、4.5vや9Vのライトをケチケチ使ってた方も多いでしょう!) 

 然し、今は社外品のライティング用品が潤沢に得られる時代です。
 青や白、電球色のLEDだってコモディティ化して久しい。

 そんな時代の、Hot minifig ride 2018 プリゲームです。


 当日は18時過ぎに現地入り。
 すでに設営が概ね終わって展示が始まったところでした。

 壮大な、ジオラマワールドです。
 それが、完全にイルミネーションされている。

 5月4日の15時に設営開始。
 18-21のプリゲーム参加者だけの特権的光景! なのでした。

 暗い部屋で夜景を見せる「展示」は2017年からだそうですが、世界的にも観ても珍しいものでしょう。
 つまり、世界が羨むイベントでもありましょう。

 余計な話をいたしますと。
 公的な展示では社外品のライト類は未だ使いにくいでしょう。
 また、公的な展示でお客様をひろく入れると、遮光や安全性の面で夜景は見せにくいものになってしまいます。レゴランドやLDC的な恒久施設や、あるいは遮光ブースを借りられるくらいの予算があれば別でしょうけども……。



 何度か拝見しているホテル(アメリカンなモーテル)。ここはプールがライトアップされ、他の照明は電球色中心です。

 白熱電球はパブリックには使われにくいですから、ナトリウム灯の色でもありましょうか?



 立体駐車場とマクドナルドにガソリンスタンド。このエリアは白色です。水銀灯ですね。あるいは高圧ナトリウム灯か?


 やばみを感じる全景です。

 道路基礎板の数は、もう数え切れない。
 大きく造られているはずのkimron氏のガソスタやディーラーが「適切規模」に思えてしまうのですね。
 tamotsu氏お得意の「看板」なおのこと、効果的。
(ネオンサインは今後の課題になるかもしれませんね?)


 kimron氏のガソリンスタンド。基礎板4枚分。
 大柄であるだけの理由があります。

 4幅車を並べられることと、4幅車を「息苦しくなく」「リアルに」並べられることの差異を感じさせられるのですね。




 ホテルに隣接したキャンパーエリア。
 アクリル照明が印象的。


 ここはビーチのそばでもあります。


 プールエリア。鮮やか・華やか。
 カリフォルニアの真夏の夜の夢?

 tamotsu氏の世界観は、強烈にアメリカ西海岸。<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする