何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2018年02月09日

【イベント】ボクらのブリック現地訪問(2月9日)。鉄道篇。



 設営は基本ドタバタです。ゆっくり作品鑑賞の余裕など、ない。
 なので、改めて2月9日。とにー様(ミリオフの貢献者。即ち日本のレゴオフ会文化の創始者です!)の来京を機会に現地視察してきました。実は今回の鉄道系展示の縁はミリオフにもあったりしますので、その意味でもとにー様と一緒に観られたのは感慨深く……。

 先ずは鉄道関係から。


 ロマンスカーは人気でした。Mugen様の10000形HISEと拙作の50000形VSEの並べは今回が初だったりします。
 奥にちらりと見えるのがawazo様のEF10です。


 5udon様の銀座線1000形。地下鉄の見せ方の理想ですね。

 奥にはMugen様の485系「華」が。


 7−8幅の大型モデル。285系サンライズと485系3000番台。実車は顔合わせる機会はなかったはずなのですが(笑)、合わせてみて違和感がありません。
 どちらも「国鉄型」の延長線にあるデザインであるのも大きいのでしょう。

 インフラですが、デュプロ橋脚は現地組立。
 架線柱はPGY167様の作品です。毎度お世話になっています。


 東武並び。その1。
 右から群馬板倉様の6050系。Mugen様の100系スペーシア。アイン様の350系。
 左端が拙作の1720系DRC。DRCがスペーシアに置き換えられる過程の1990年ころならあり得た並びです。でも、現実にはより古い5700系も横に居たりするんですけどね(笑)。


 東武その2
 現役組の3本。1985年の6050系以来の東武優等車のカラースキームが揃っているのが分かりましょう。通勤車が青系統なのできれいな対比だったのでした。

 6050系が大幅に運用縮小し、350系も引退が見えてきた。この並びもそろそろ見られなくなるのかも。ところで何方か500系は造られませんか?

 奥に見えるサンライズ285系(オリエントP様)が見上げると大迫力。
 「華」の濃紫もやはりインパクトがあります。


 東武その3。製作者が4本バラバラなのに、世界観が揃うのは見事です。
 東武鉄道さん東武博物館さん……如何でしょうか?
(あと1800系もあります! 5310系に1700系も製作予定あり……)


 東武はともかく。サラリと下段のEH800が気になります(笑)。
 こうしてみると、コンテナ車と機関車のサイズ比がベストなものであるのがわかりますね。JR貨物のEH級はスケールよりも若干長めのほうが良いのかもしれません。


 小田急と西武。アイン様のSE車3000形と、拙作の<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする