何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2018年02月04日

【作品紹介】三木勘吉様の京王帝都電鉄5000系電車。歴史的名車を好バランスで。

 京王帝都電鉄5000系電車は関東私鉄の名車として名高いもの。

 曲面ガラス使った美しい前面。貫通扉はデザイン上のメリハリに。
 側窓と側扉窓のサイズが同じ、均整の取れた側面。
 それまでの緑色の電車……のイメージを文字通りに塗り替える、アイボリーに緋帯の明るい塗色。

 1962年という、新宿の地下線開業に昇圧という京王帝都電鉄 京王線の飛躍のときの、まさに主役でありました。
 同時に「特急」も運行開始。大幅なスピードアップに。イメージアップ。

 その後も1969年代まで増備が続き、量的にも主力車ともなります。
 質の面では冷房車も加わる。これは関東私鉄の通勤車では初のもの!

 ただし1972年以降は拡大した輸送力に見合う車両として4ドア20mの6000系が新造されるようになります。それでも5000系もまた1980年頃までは「特急」にも運用していたのでした。以後は二線級に落ちていきますが、でも臨時の特急や快速にも時折入ってた模様。
 京王線での営業車としての退役は1996年。

 然し、多くの車両が1990年代に地方私鉄に譲渡され、一畑電鉄・伊予鉄道・高松琴平電鉄・銚子電鉄では未だ現役と。その譲渡車も流石に引退も見えてきているようですが、それでもなお、不朽の名車でありましょう。

 5000系の名が2017年からの新造車に襲名されいるのも感慨深いことです。
 あの5000系二代目もまた新しい時代を拓く(はずの)車両ですから。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆




 名車ではありますし、また形状や塗装が特に難度高いわけではないのでしょう。

 でも、なぜかレゴでの作品は無いままでした。故に、この三木様の作品が初に。調布での「ボクらのブリック」に合わせての新作です。

 冷房車の3両編成。先頭車に「KEIO」ロゴが入っていますから末期……1980年代以降の姿ですね。

 造形は前面・側面とも横組み基調です。

 前面は上半分を平板状のお面を貼り付け。曲面はポチスロで出しています。スッキリと美しい。下半分は順組。ウエッジプレートで帯を表現。その下は45度に面取りしたブロック。下部のライトケースは非透明の仕上げです。ここは難しいところかも知れませんね。ベストな答は見つけにくそうです。

 貫通扉の誇張はありませんけども、でも十分5000系の顔に見えます。ただヘッドライトはもう1プレート張り出してる方がいい顔になるかも?


 側面は1x1のブロックを横組みで窓配置を省略無しで再現です。それで全長26ポッチ。
 1x2を順組でもあり得る窓形状ですが、そうすると窓配置の省略が要されます。どちらを取るか? ですね。

 なお、1x1横組だと窓の上下高さが不足する懸念がありますが(窓が小さく見える)、この作品ではその辺の違和感はありません。腰を高くして調整しているようですけど、それでも鈍重には見えません。実車のスマートさは十分に保ってる。
 全体のバランスの良さ、センスある解釈に依っているがためでしょう。

 クリアの方向幕や、タン色の車番は良いアクセントです。

 屋上機器はややゴツいかも。ただ初期の冷房車ゆえ冷房装置は結構大柄でしたが。上面をタイルにすると良い感じかもと?
 末期の使用であるなら、列車無線アンテナはほしいところですね。

 床下機器はミニマムですが、巧く要点抑えております。


 5000系は京王線内の形状・編成で既にバリエーションは豊富です(吊り掛け駆動車さえありました)。目立つところでは冷房機の形状は作り分けで楽しそう。

 また、地方私鉄への譲渡車も制作の良いネタになりましょう。
 いろいろ楽しめるモデルなのですね。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】鉱山鉄道の夢が叶う? やったらん様の回転式カーダンパー。

 回転式カーダンパーというものがあります。

wikipedia カーダンパー

TransPacific Railroad「カーダンパーを模型化したいけれど」


 鉱石積んだ貨車をぐるっと回してひっくり返して豪快に荷降ろしするもので、日本でも数カ所にありました。有名だったのはセキ3000(等)に対応してた小樽や室蘭のもの。室蘭のものは1969年に廃止され(小樽の廃止時期不明)、過去のものかと思いきや。
 現存・現役のものは東邦亜鉛安中製錬所にあり、トキ15000(等)に対応しています。

 なお、世界的に見れば北米豪州中国では大規模なものが多数現役です。
 室蘭や小樽では1両づつ切り離して回転させるのですが、今の外国例だと編成に繋いだまま回転させてしまう。連結器が回転するだそうで。

 この豪快な装置。レゴで作ったら魅力的でありましょう!
 しかし、どうやって?

 GBC(ボール玉転がし)の方の文脈での解答です。



 1次試作品。(実物とは異なり)完全に180度回転します。
 ただ、そのために取り卸しに時間がかかってしまうのが欠点。

 それでも、牽引車と貨車の切り離し。
 切り離された牽引車が待機し、その間にカーダンパーが回転。
 1回転したら、牽引車が方向を変えて再度貨車に連結。

 というアクションをすべて機械仕掛けで行ってる。

 また、カーダンパーや高架橋という大型インフラがテクニックで作られているのも魅力なのでした。



 改良版。1回転ではなく、途中で回転が止まって、折り返し動作するように。
 これで取り卸しに掛かる時間が短縮されています。実用化のめどがたった?ようです。

 それにしても丸型(1/4円)ラックギアが堪りませんよね。カーダンパーのためにあるような部品です。公式にそんなものは出してくれるわけないでしょうが(苦笑)。



 これが、決定稿?
 機械仕掛けで、貨車と牽引車を切り離し。牽引車は待機しその間にカーダンパー回転。カーダンパーは適切な角度に来たら反転。そして元の位置に戻ったら、今度は牽引車が方向を変えて動き出す……。

 これをわずか2個のモーターで行ってるとのことです。ちょっと構造とか仕掛け(からくり?)が想像できません。でも、動く!

 キャプチャも貼っておきます。


 牽引車が貨車引いてやってきました。


 牽引車は切り離され、引き上げ線へ。待機。
 それと同時にカーダンパーが回り始めます。
 おそらくですが、待機中の牽引車のギアがカーダンパの駆動動力になって回転させるのでしょう?


 カーダンパー回転中。テクニックそのものの無骨さではありますけども、而してインフラとして魅力的な造形です。
 また、カーダンパー内に貨車をグリップする動作もあるのですね。

 無論、通常の車両(貨車や機関車)が入り込めない特殊な世界です。
 でも、その欠点を無視できるほどの魅力が、この世界にはあるのです。


 回転がここでとまり、積荷を排出します(してるはずです)。
 ここで、回転も折り返し。


 再び回転して、カーダンパーは元の位置に戻ります。おそらくグリップも解かれるのでしょう?


 戻ったところで、今度は牽引車が方向変えて動き出し、貨車に連結。


 折り返していきます……。


 この作品、JBF2018を目標にされているとのことですが(世界最大級のGBC……玉転がしが見られます!)、その前にも4月15日の小山オフでも展示されるかもとのこと。楽しみになってきました。

 我々は不可能が叶う、瞬間を目撃し続けているのですね。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする