何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2018年02月01日

【作品紹介】青函連絡の要。SUU様のJR貨物EH800形。ピンストライプはブラケット細工で!

 かつて連絡船が行き交った。そしてED79形と50系の時代を経て。それらを置き換えたEH500形と789系電車も今は昔。
 青函間の今の姿はE5 H5系新幹線と、貨物はEH800形の時代になりました。

 EH800形はED79以来久々の、青函トンネル専用の電気機関車。副電圧の交流電機で新幹線用の保安設備にも対応。
 2012年に試作。2016年3月の北海道新幹線開業から、全貨物列車を牽引しています。

 製造はEH500に次ぐ東芝。前面のスタイルはEH500-901のものが採用されており(名鉄のEL120形も)、色々変貌したEH500の顔も東芝のデザイナーとしては901号機の顔が「推し」だったことが知れましょう。


 レゴ的には、難しい題材です。というのは、サイドのライン。白と銀が絡みあうデザインですが、その間に細く赤いピンストライプがあるからです。
 省略しちゃうと違和感。
 しかし、1プレート分使うのももっと違和感。

 SUU様の答は、0.5プレート分での再現です。
 無論、レゴでの0.5プレート調整はまともな手段では出来ません。この作品ではブラケット?の薄い側を使うことで0.5プレート厚を連続・そして断続的に確保しているのです。
 お陰で車内には2ポッチ分の張り出しが発生。そのためPF機器は搭載できず、必然的に9V仕様になった模様です。

 車体中央部分。ラインが0.5プレートx1ポッチ単位で調整されています。こういうところは「タレポッチ」も使っているとのこと。

 全体としては26ポッチx2。ほぼフルスケール機です。
 EH500/EH800は25m全長であり(無論2両ユニットで)、他車両と合わせると短めにしたほうがスケールは合うのでしょう。然し、機関車の印象としてはもっと長い、30m以上あるように見えてしまうのですよね。なので、このスケールも正解でありましょう。


 屋根上。交流電機車特有の複雑さは健在。配管や碍子が良い雰囲気に。


 パンタ周り。パンタグラフは旧型のシューの、それも旧灰を苦労して入手されたとか。。黒だとイメージが違いましょうね。

 右手の拳銃を使って配管のS時表現しているのは印象的です。


 前面。
 フロントガラスは真ん中で凸同士を合わせて横組みかつ傾斜。他はシンプルスッキリまとめられておりますが、しかしあの赤いピンストライプはありますから中身は複雑なはず。

 ヘッドライトはやや下向けの取り付け。良い表情がうまれます。

 コダワリは連結器まわり、スカートまわり。ウエッジプレートで立体的に形成されたスノープラウ。解放テコにダミーカプラー。ダミーカプラーのスパナは良い見立てですね。


 こちらは貨車と連結する側です。スカート及び連結器を台車マウントとして、走行性能への配慮があります。
 9Vモータx4での運用も可能なようで、その場合は相当なパワーになるか?


 臨港地帯の高架線をゆく。
 同じくSUU様のコキ106形と全長面でベストマッチですね。機関車はやや長め・大きめは一つの正義と言えましょうか(無論、違う合わせ方もありましょう)


 「大先輩」の青函連絡船と。

 何れも調布の「ボクらのブリック」に展示しております。
 また、本年の国際鉄道模型コンベンションのテーマ、「北海道」にも合わせて展開の予定です。
 
posted by 関山 at 23:17| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】クロック様の英国鉄道385形電車。大胆に「Inspire The Next」!/68形ディーゼル機関車の大改良 6幅の限界?

 LMSコロネーションスコット68形ディーゼル機関車に次ぐ、クロック様の英国型作品、第三弾です。

 385形電車は2018年3月より就役予定のAbellio ScotRailの最新近郊型電車。
 製造は各種特急形に次いで、あのHitachi製です。多くは現地製造となりますが、一部は笠戸工場で製造されたとか。70ユニットがスコットランド地区に投入される模様。
https://en.wikipedia.org/wiki/British_Rail_Class_385


 特徴は、大胆なスタイル。丸みの大きな車体断面はイギリスの伝統ですが、組み合わせられる前頭部は貫通型ながら実に大胆なもの。貫通路。特に幌付きは電車の形状を保守的にしてしまうものですが、その制約を逆手にとった形状はなかなかに刺激的。
 素直に申せば、カッコイイのです。

 色彩は事業者によってまちまちでしょうが、でも今度の投入分は往年のBR(英国国鉄)を想起させる渋い配色ですね。最近の英国鉄道各社は渋めの1色塗りに回帰してて好ましい傾向と思うのです。


 で、大胆であるがゆえ。レゴでの制作は難しそうなのですが。


 レゴ作品としても大胆に、仕上げられてきました。

 あらゆる部分が常識はずれです。
 6幅なのに、車体断面の絞込が行われています。2x2カーブスロープを使いこなす。屋根はつるつるの丸い仕上げ。而して空調機などのでディテールも実に丁寧。

 台車は今時の、軽量軽快な印象のもの。

 横組の側窓は美しく。

 そして、前面!


 真正面より。
 前面窓の前後を独自に傾ける。傾けた内側にヘッドライトを1/4タイルで表現。そしてその後ろは1x4のカーブスロープで仕上げる。

 この発想、ちょっと出てくるものではありません。
 そして、最高に決まっているじゃありませんか!


 このアングルから見ても格好いいですね。
 スカートも幅狭で締まった形状です。クールな美人さんですね。

 実物だと鮮烈な印象の貫通幌ももちろん、作品の良き印象につながっています。

 惜しいのはヘッドライトに用いている1/4円パーツにまだクリア系が少ないことでしょうか。でもこの辺の解決は時間の問題でもあるでしょうね。


 側面より。ダークブルーに赤帯が美しい。

 全長は34ポッチ。英国も鉄道車両の全長は日本と大差ありませんから、このバランスは心地よいものですね。自然な雰囲気です。


 連結部。ホロは脱着式。
 やはり絞った車体断面はいいものですね。

 外国型だとどうしても優等列車中心の流れになってしまう中で、近郊型作品は貴重です。また2ドアクロスシートの近郊型……とか考えますと、日本の何処かに居ても可笑しくないと妄想もできてしまうのですね。

 活躍が、楽しみなのです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 それから。




 68形ディーゼル機関車もほぼ別の作品としてリニューアル。
前回作品こちら→
 車体幅を7幅から6幅に。全長や全高も落として、全体に引き締まった姿になりました。しかし、ディテールや、これまた大胆な前面の作りは全く犠牲になっていない。より良く圧縮改良された作品なのです。

 ラージスケールを否定するわけではありませんけども、6幅本来のバランスの良さが顕れては居ないでしょうか。
 その上で、scotrailのモザイクまで再現です。


 6幅における、究極的作品の一つ……と言っても過言ではないでしょう。
 レゴトレインの英国面合わせ、楽しみになってきましたね! 現代から過去まで。良い並びがそろそろできるんじゃないでしょうか?
 
 
posted by 関山 at 22:17| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする