何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2017年09月17日

【作品紹介】tn-factory様の「Thalys」製作中。高速列車モデルの新しい形?

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=571285
 より。

 tn-factory様の久々の新作です。それも最近は手薄なイメージのある欧州大陸型。

 Thalysはパリ〜ブリュッセル〜アムステルダム間の高速列車で、1990年代なかばに運行開始したもの。この区間は嘗ては「TEE街道」だったところであり、国際列車の高速化もまた比較的早い時期だったのでした。
 なお、パリ東駅ではユーロスターの隣のホームから発着ですから、国際列車同士が常に顔を並べる賑やかさ(だったはず)。

 TGVベースで、カラーリングはTEEのステンレス客車を意識した、濃赤と銀。
 車輌は……運行開始時のものは流石に古びているはずですが……。置換の話とかは未だないようで。TGV系の車輌は得てして長持ちですね。


 この題材は海外作品もいくつかありましたが、この造形は一線を画すもの!

 斜めに「お面」貼り付けることと、その端に大型カーブウェッジ使うことで滑らかに、美しく。
 この動力車、高速列車としてはボリュームフルなのですが、きっちりスマートさを出せています。


 斜めの処理もスムーズであり、お面貼っつけた感は感じられません。

 側面は……きっちりり車体断面を反映されておりますね。
 上1/3ほどの絞込がこの造形は効果的です。

 車体半ばの塗り分け部分も斜めに再現。
 運転台付近の乗務員ドア、手すりの灰色(銀色)が良いアクセントです。

 分かりにくいですが、台車も凝ったものが奢られてる模様。

 台枠(トレインプレート)の色は新濃灰?のようですが、ここは違和感ないです。トレインプレート使うと車体裾を1プレート視覚的に下げることが出来て、欧州大陸の車輌再現する上では有利なんですよね。

 気になるのは後方の中間車。
 銀の車体に、窓上の赤帯はやはりTEEの名残のごとく。

 ともあれ、完成が楽しみな作品であります。
 欧州系高速列車モデルに、新風吹き込むのは間違いありません。
(これ完成したら、拙作のCC40100とTEE-INOX、リニューアルしませんと(笑))


http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=423368
こんなの。
posted by 関山 at 23:57| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする