何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2017年09月03日

【作品紹介】クロック様のJR東日本651系。幸薄の「タキシードボディ」

 651系。
 ここまで幸の薄い人生歩むと予想されたでしょうか。

 JR新生から間もない1988年のデビウ時、その斬新なスタイルに皆が驚いたもの。1988年といえば未だ「国鉄型」の小改良程度の新車が多数を占めてた時代。そこにゼロから設計された651系が常磐線の「スーパーひたち」に登場。モノトーンの優美な曲線を湛えるボディはタキシードスタイルとか言われておりました。そして斬新なインテリア。当時は画期的だったLED式の前部表示(後部時には尾灯も表示)。
 まさに新時代を象徴する車両でした。JR東日本のイメージリーダーでさえあったのです。

 但し、485系をすべて置き換える前に後継車がE653系に(1997年)。いろいろ現実的に妥協された後輩とともに活躍を続けていました。しかし。

 2012年には常磐線特急を全てE657系に置き換ることになり、E653系は他線区への転用(485系置換)になりましたが、E651系は運用から外れ浮いた存在に。
 以後は予備車的存在になっています。

 その後も思い出したように「ひたち」に使われることもあり。4両編成による常磐線普通列車運行もあり(これは近年では珍しい)。また、直流専用化されて185系200代の置換になったものもあります。
 
 特急車としての全盛期が約20年。近年の「頑丈で長持ち」する電車としては短い方に入るでしょう。先代の485系が兎に角長期に渡って活躍しただけに、651系は不遇に見えてくるのです。もっと上手い使い方はある筈の車両なのですが。

 ただ、二線級に落ちると走行距離は伸びないので(苦笑)。案外長生きはする可能性はありましょうか?
 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 人気・有名車種の割に、レゴでの作品はこれが初めてかもしれません。
 北陸・北越筋の681/683人気とは対照的ではありますね。

 やはり、あのフォルムは高難度と思われていたのでしょうか。



 それだけに地元……というわけでもないクロック様があっさり?表現されてしまったのは驚きました。それもスタンダードなスケールです。6幅で全長は先頭車30ポッチ。中間車は29ポッチと。写真見るとラージスケールのモデルに見えてしまいますが、6幅に収めておられるんですね。

 前頭部はボンネット部を左右と上部に分けて構成。隙間なく組み合わせています。中空のはずなのに、ソリッドな印象がするのは実物同様。

 左右側板部は巧く斜めに取り付け、そして裾の絞込に流れていく。
 特徴のLED表示機や、一体化したヘッドライト周りもクリーンな表現です。

 スカート周りも組み方がちょっと想像できない。1x1爪付プレートを効果的に使っているのはわかります。微妙な丸み、デザイン上のメリハリ。


 側面は横組窓。もはやこれしかありえない側面でしょう。
 そして車体断面形状は裾を45度に絞り込む。やや誇張の表現ですが、この電車の曲線美の表現にはこの大胆さが必要でありましょう。

 それこそ、バブル期のイタリアンスーツのような大胆さが。

 独自のデザインの縦長窓の側扉(これも画期的だった!)も横組です。
 サイドのミニスカートも印象的ですね。ちらりと見える床下機器。

 台車がボルスタレス系の軽快なものであるのも、この世代以後の電車らしさ。


 この角度からだと特に、車体裾絞込の効果がハッキリとしましょう。
 1988年という遠い過去の電車のはずなのに、未来の電車にさえ見えてくる。不思議です。色褪せないデザインでありました。


 中間車。パーツの不足から未だ完璧な姿ではありませんが、それでもこの系列ならではの美しさを伝える、優美な中間車。
 
 パンタ周りだけは、直流電車ベースの交直両用電車……という国鉄電車発達史の呪縛を致し方ない部分ではあります。VVVFの交流ベースの電車……というのはもう一つ先の技術なのですよね。無論、模型的にはここだけちょっとレトロなのは魅力でありますが。


 このアングル、651系が美しく見えるんですよね。実物でも、この作品でも。


 同じく。
 実物こそ不遇ではありますが、この作品は大活躍を願いたいものです。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】てりやき様のアメリカ形コンソリデーション。2Mの筋肉!強力機!

 アメリカ蒸機のモデリングは、国内では未だ少数派です。

 マッチョ感・実用感剥き出しのスタイルはやはり好き嫌いが割れるものなのでしょうか。同じ外国機でも比較的人気のある独逸機・英国機とは違うジャンルですよね。


 ゆえに、この作品は貴重。
 実用本位のシンプルなコンソリデーションです。聞けば、JAMにあわせて短期間で構成されたそうで、ディテール類が未だ間に合っていないようです。

 でも、蒸機としての基本造形は秀逸なものでありましょう。
 ぶっとい缶胴はアメリカ機ならば寧ろ自然なもの。あの大地では、機関車もまた強くなくては生き残れません。

 肝心の蒸機としての各部分。先輪……動輪。シリンダにロッド。
 缶胴とキャブ。そしてテンダ。この辺のバランスが全て整ったものです。

 そして、ユニオンパシフィック?と思われる華やかな塗り分け。マッチョなボディだからこそ色気も映えるというものです。


 筋肉。
 当然、エンジンドライブで牽引力優先のセッティング。ガッチリと組まれてパネルでシールされた足回りは華奢にギアを見せるような繊細さ……の対極ですが、これはこれで安心感と力強さに。

 Mモータx2のパワー。電池boxは機関車全体を効率よく加重。
 牽引力に期待するなという方が無理でしょう。

 フランジレスの動輪はプーリーのゴムタイヤ履きで代用ですが、これはこれでボックス輪心に見えて自然な印象です。


 上面より。ほぼ8幅です。また、8幅からのでっぱりは極力避けて造っているそうです。


 JAMでの活躍風景。旅客列車を曳いて。
 1Dのコンソリデーションはどちらかというと貨物用ですが、華やかなカラーリングのこの機関車は旅客列車もまた似合うのですね。ストリームライナーの前補機・後補機ななんて運用さえ思いついてしまいましたよ。

 他にも長大な貨物列車を曳いてるシーンもありました。それこそはまり役。
 また、近年は鉄道+ミリタリも盛んな文脈ですが、この機関車が軍用列車に似合うのは言うまでもないでしょう。ミリ要素も含むオフ会などが楽しみ。

 あとは、現状でやや物足りないディテールの強化でしょうか。先ず、ドームや汽笛や安全弁はほしいところですね。その次にパイピング類か。アメリカ機だと「鐘」も欲しいです(今のディーゼル機関車にも鐘、付いてるのは驚きました。伝統です)

 このコンソリ、素材が良いだけに、ディテール強化は「鬼に金棒」になる筈です。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする