何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2017年08月11日

【作品紹介】ナローの泉様の「B6」。引き締まった、エレガントな明治の機関車

 B6。2100形など複数の形式の総称です。1890年(明治23年)より、主にイギリスから輸入されました。総数は533両に及びます。

 自重45噸。後世の感覚では小型機ですが、当時としては十分な強力機でした。
 貨物用や、勾配区間の旅客用など幅広く使われました。

 また、一線を退いたあともサイズの手頃さから私鉄・専用線に払い下げられたものもあり、最終的に1973年まで活躍続けています。

 特記しておきたいのは、日露戦争では兵站用に使われ、大陸に送られたものも多々あったこと。但し、二次大戦のときとは違い、殆どの機関車が内地に還っていますが。
 
 動態保存機では大井川鉄道の2109号が有名です。1992年に日本工業大学に再譲渡されており、今も煙を上げているはず。

 スタイルは、後世のより大きな機関車を見慣れていると「可愛らしく」思えるものです。また、英国仕込みの外形もエレガントな印象。


 ナローの泉様の作品。8幅です。動輪(実物は約Φ1200mm)を基準にスケールを決められているようで、なかなか好ましいバランスでしょう。

 缶胴はポチスロに依る丸仕上げが綺麗。
 4.25幅?くらいに見えるのですが、これが8幅車体とうまく調和してます。

 空制仕様で、後年増設のエアタンクなども良い雰囲気です。
(個人的には古典機は空制仕様の方が好きだったりします)

 端梁の赤も実にエレガント。


 バックビュウ。この時代の機関車のキャブって優雅ですよね。
 炭庫は増炭枠がなかなかの細密感。グリルタイルをクリップタイルで挟む表現は広範に使えそうです。

 さて。ここで突っ込むのも無粋ではありますが。
 このモデル、カーブ通過は大丈夫でしょうか? 第二動輪がフランジレスになっていれば問題もなさそうなのですが、このままだと直線専用? ちょっと気がかりです。


 逆に申せば、第二動輪と、もし従輪の調整がつかなければ従輪(BBBミドル)もフランジレス化すれば走行性に問題はなさそうです。
 ロッドは低い位置のシリンダ(スライドバー)が確実な動作をしてくれそうです。

 タンク機関車ですから当然エンジンドライブ。
 

 電池の搭載方法。
 缶胴を少しでも細くするため、電池boxのケース部を省略して、かつ上下を逆に搭載してる由。この苦心で優雅なフォルムが実現しています。


 モーターの搭載。Mサイズモータをかなり後ろ寄りに装荷しています。第二動輪伝達して、あとはロッドで全軸駆動に。


 完成状態の内部。なかなかの細密感です。
 
 タンク機の自走は難しいものですが、成功させると嬉しさもひとしお。
 
<追記 カーブの通過方法についてです>


 第三動輪の横動によるものでした。
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】エース君のD51。標準に重装備機に「なめくじ」。三変化を愉しむ。

 D51は言うまでもなく、日本で一番有名な蒸気機関車。
 1935年から戦後1950年まで製造。無論1975年の蒸機終焉まで活躍しました。元来は貨物用ですが、勾配線区では旅客列車にも多用されています。


 動態保存機はJR東日本の489号機が知られるところですが(本線復帰が1988年ですからもう30年前)、今年からJR西日本でも山口線に200号機が復帰します。

 作品ではレゴトレイン趣味の黎明期(2000年ころ)からいくつも作品がありますが、近年ではbikkubo氏の7幅作品(2016年)が皆をあっといわせました。




 エース君の新作。
 基本的造形はbikkubo氏作品を参考にされているそうです。
 但しテンダドライブにアレンジの上、各部も仕様変更。良い意味で、エース君のオリジナル作品になっていると見て良いでしょうね。

 大柄な給水温め器が如何にもなD51らしさを演出します。
 白ラインも動態保存機には欠かせないものでしょう。

 端梁形状の難しいところもあっさりクリア。蒸機はビルダーを強くしますね。

 缶胴はD51らしい太さです。7幅ベースににあっておりましょう。

 スチームドームはやや小さい印象で、これはD51としては弱いところかもしれません。


 正面より。先端部の連結器はダミーでも良いかもしれません(逆行楽しいのですが、その際だけ連結器をつけるとか)。

 7幅だと狭軌感も出てきます。
 缶胴と煙室扉のバランスはややギリギリですが、給水温め器の印象でアンバランスには見えません。重量感で全体をカバーできてます。


 サイドビュウ。従台車周りの「物足りない」印象ですが、これはあとの写真では改善されてきますのでご安心を。

 蒸機は従台車周りとキャブ下のディテール追加でかなり化けさせることはできるますよね。昔のNゲージの蒸機でも、キャブ下のディテール追加で重量感を出すのは定番の改造でした。
(最近のNゲージはそのへんも製品のままでしっかりしちゃって、ユーザが手を入れる余地はありませんけども)

 余談ですが、ボックス動輪ではなくてスポーク動輪のD51もレゴ的には已むを得ないもの。気にするよりは作品を形にされる方が「正義」でありましょう。


 827号機仕様に。
 中央西線仕様のカマで、集煙装置が印象的です。D51の中では重装備に入る方でしょうか(もっと凄いのもありましたが)。実物は最近、圧搾空気での動態化と「貸出用」の営業?で話題になりましたね。

 青いナンバーも似合ってます。


 集煙装置周り。C57 1に着いてた頃は目障りとか言われてましたけど、D51など貨物用機には似合う装備でした。逆テーパの形状が良い感じです。

 レゴだとこうした特殊装備も、好みに合わせて差し替えできるのはメリットです。


 さらに重厚さをます前面。


 D51といえば初期車の「なめくじ」形状も忘れてはなりますまい。梅小路の1号機がこの形状です。

 煙突からドームまでが一体になった、スマートで、かつ力強い姿。
 エース君作品もその魅力を伝えきっています。なめくじこんなにカッコよかったんだ……。

 なお、メインロッドは黒塗装されています。黒が入手できないならこの処置は正しいでしょう。


 肝心の煙突から、ドーム部分。カーブスロープで綺麗に繋がる。


 バックビュウ。なお、キャブ下のディテール追加も注目です。


 さて。
 D51は「なめくじ」で決め打ちで良いんじゃないかと思うほど素敵な姿なのですが(827号機の集煙装置も捨てがたいですが)、一つだけエラーが。「なめくじ」は給水温め器が煙突とドームの間のカバーの中に入っており、標準型のように煙突前には載せていないのです。
 「なめくじ」にするときは給水温め器を外して、煙室扉を若干上方に移動させると良い感じになるかもしれません。


 ともあれ。短期間で三変化のD51。
 パーツの差し替え修正で容易に姿を変えうるという、レゴのメリットを活かしたモデリングは実に楽しげなもの。
 D51に関してはさらなる重装備機も居ましたし、変形デフレクタのバリエーションもありました(最たるものは488号機)。
 「D51なんて平凡……」なんて捻くれたことは考えず、1両ベーシックな型を用意しておくと、長く遊べる、楽しめる題材なのかもしれませんね。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする