何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2017年07月14日

【イベントJAM】第18回 国際鉄道模型コンベンション(JAMコンベンション)の出展について

 参加に関して、公式発表できるようになりましたので、告知いたします。

■開催日■
2017年 8月18日(金) 19日(土) 20(日)  
10時〜18時 (最終日は17時)
※設営日 8月17日(木)

■開催場所 ■
東京ビッグサイト 東1ホール

■主催■
国際鉄道模型コンベンション実行委員会(株式会社イモンコーポレーション内)
03-3450-3499 / info@kokusaitetsudoumokei-convention.jp
http://kokusaitetsudoumokei-convention.jp/

■テーマ■
日本の大動脈として時代の一翼を担い数々の名列車を生み出した「東海道」

■前売り券■
当日1200円。前売1000円です。
※小学生以下無料(但し要保護者同伴)
※中高生・女性・70歳以上・身障者は1000円
http://kokusaitetsudoumokei-convention.jp/advance_ticket2017/

但し、スタッフ参加希望の場合は別料金となります(前売りより安いです)



◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 さて。レゴトレイン(「Lゲース推進機構 ブロック玩具で造る鉄道模型」)での参加も2012年以来、6回目になります。
 
 本年も、展示と、「体験教室」の二本立てとなります。
 後者は……じっくり電車を組み立てられることのできた名キット「#7938」(2010年)を今年も使用いたします。


 展示に関してはプランが完成しております。

 左右分割、対称形プラン。

 展示面積自体は、現実性を重んじてやや減(1割ほどの減。昨年比)。
 しかし、本線が左右3線づつ。加えて左右に1線つづ小規模ループ(図中左が高架想定・図中右が路面想定)があります。
 合計4線+4線の8線プランです。

 展示の核は真ん中にやってくる、pgy167様の駅舎。アップグレードされて帰ってきます(橋上駅舎配置となります。

 目立つ大きな建物として、レゴン様の「レゴンキャッスル」
 また、SUU様の「競技場(サッカースタジアム)」もやってきます。

 大きめの建物(モジュールビルサイズ等)は図中左上に。
 小さめの建物(クリエイターサイズ、あるいは和建築系)は図中右手中の小規模ループ周りの配置となります。

 なお、減らした要素についても言及しなければなりません。
 他催事との兼ね合いで、ひだか式モノレールは見送らざるを得なくなえりました。
 また、施工可能なメンバーの関係で、高速道路も今年は中断いたします。
(道路・自動車に関しては駅前通り及び、競技場の駐車場を展開いたします)
 レゴ汽車シリーズ50周年を記念した歴史展示(4.5V及び12V)も昨年は好評でしたが、労力のリソース配分的に今年は展開できません。ご容赦ください。



 線路配置に話を戻しますと、最外側線(左右とも)はMe-modelsのR72及びR104を使用します。これを左右1番線としましょう。
 真ん中の線路(左右とも)は同じくR88及び、R56を使用。左右2番線とします。
 最内側は通常カーブとなります。左右3番線。

 最内側3番線と、左右の小ループ(左右4番線)は9Vへの対応です。

 最外側の1番線は8幅の大型モデル対応なのは言うまでもありません。最小曲線R72で、通常曲線無しのレイアウトです。



 展示全体の展開です。
 
 図中右下部分に、運行管理用(9Vコントローラ置き場)を設けます。ここに修理や待機用のテーブルも設置。

 図中下方には、車両展示用のテーブルを展開いたします。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 募集要項です。

・建築系 最大でもモジュールビル1.5Xサイズ(32x48)迄です。
 調整が必要なので、「必ず」7月中にお知らせください。

 小型の建築(16x32程度かそれ以下のもの)は特に制約は設けません。和風系が今回は歓迎です。

・自動車系。今年もTamotsu様にお委ねする予定です。要調整なのでお待ち下さい。

・鉄道車両
 コンベンション自体のテーマが「東海道」です。
 合致させる必要はございませんが、それに見合ったテーマ運行時間を長めに設定する予定です。もちろん、東海道本線に並走するライバル私鉄(京急や阪急など)や培養路線(伊豆急など)もテーマに含みます。

 もちろん上記テーマ外、恒例の外国形の時間も設けますのでご安心ください。

 時間を区切ってのテーマ運行となりますが、持ち込み車両によっては左右別テーマ展開もありえます(左は東海道線東京口、右は東海道線大阪口などの)。

 また具体的な数字は今後お出ししますが、持ち込み車両数の制限を設けさせていただく可能性がございます。
(送付の場合は、「1編成 若しくは6両まで」とさせていただきます。送付者が参加される場合は上記制限ありません(持込+持参など)
 その代わり、作品の管理はご自身でお願いします)


・スタッフ
 例年スタッフ参加されている方も、初めて希望される方も名簿管理上、必ず下記フォームに連絡お願い致します。
http://legotrain.seesaa.net/article/363091610.html

 本名(あればハンドル名)。メールアドレス。電話番号。
 そして、参加可能な日程(17設営/18-20日)をお知らせください。
 締め切り、7月中と致します。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント(JAM) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする