何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2017年07月07日

【ヒント・アイディア】マイクロモータの修理方法(たむちん様情報)

 備忘録的に。ツイートは「流れて見えなくなる」もんですから。




 マイクロモータは1990年代のレゴ部品(最後の採用が1999年ころ)。極小型のモータ。ただ、回転はゆっくり且つトルクもそれほどないので動力用には使えません。何らかの小規模なアクション用です。もちろん、PF延長ケーブル(現行品)の9V接続側に接続するとPF環境でも使用可能です。

 で、これ、壊れやすいのです。不動のジャンク抱えてる読者諸兄の方もいらっしゃるのでは?
 全ての故障原因がたむちん様のと同様とは限りませんが、分解が可能であるのは光明です。

 余談ですが、9Vトレインモーターも若干の破壊を伴えば(苦笑。表からは分かりません)、分解修理は可能です。中身をPFトレインモータにスワップしてハイトルク化はいつかやってみたいんですけどね(笑)。



 此方は割と知られてる? 9Vケーブルの修理方法。
 9Vケーブルは製造ロットによって加水分解で被覆がボロボロになります。自分で修理できるのは重要な事です。

 やはり9Vトレインのフィーダーケーブル(線路とスピードレギュレータつなぐケーブル)も分解修理可能です。諦めないで!

(関山は諦めて、レールに直にハンダ半田付けしちゃったりしました。まぁ9Vレールは割とハンダ乗るので何とかなりますけど)
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒント・アイディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】ルビー様の200系新幹線。試作中?

 ルビー様の作品はいくつかのスケールがありますが、200系は6幅ショートで考えられている模様?

 東北・上越新幹線200系は1982年営業開始。かつては両新幹線の主力車でした。21世紀入ってから引退進み、今は現役を離れています。

 レゴではアイン氏による、シャークノーズ……100系顔のF編成作品がありますが、大多数を占めたラウンドノーズの作例は未だ少ないのですね(初めて、では無いはずですが)。


 第一次試作。

 0系由来のラウンドノーズは過去にいろいろな表現が行われておりますが、%47406という部品のカーブを使うという発想はこれまでにありませんでした。なお、47606は逆スロープですから、前頭部に関しては上下逆転です。
 一方で、下半分のラインは薬師山氏の0系の援用です。あれは一つの定石ですよね。

 前面窓はあえて角度は付けず。細めにすることでシャープ感をだし、角度の代わりにしています。またセンターピラーがあるのも特徴。

 ところで。この部品使えるとしたらあとはどの形式でしょうか。
 200系シャークノーズや100系はなんとなく行けそうな。無論200系の仲間である962形・925形も有りでしょう。ロングノーズ形の始祖、951形や961形もありですかも? 一方で0系だと「ちょっと違う」かもしれませんね。


 第二次試作。早くも「詰めて」来られてるのがわかりましょう。

 前面窓は左右に拡大して運転台周りに適度なボリューム感を確保。
 
 そして、側面も作られる。
 窓は1x2相当です。確かに小さめの窓は200系の世代らしさがあります。丸みの付いた側スカートも美しい。完成度を大きく上げてきました。


 第三次版。これが、決定稿?

 前照灯周り、パーツ選択の変更ですっきり。ただ、ライトの位置は犠牲になっているので、二次バージョンとどちらが良いのか迷うところではありますが。
 スノウプラウの強化はとても200系らしいのです。運転台と車体部分の繋ぎも改良されているのがわかります。

 台車にも側スカートが付きました。この関連で、さり気なく車体高を1プレート下げてもいるのですね。二次バージョンみると、腰高なのが自明でしょう。


 第三次版を側面より。限りなく、完成に近い?

 もちろん、このままですと台車スカートは旋回しないでしょうし、屋上ディテールも欲しいところです。でも、最もスマートな200系まで、あと僅か? なのかも知れません。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする