何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2017年07月03日

【実物鉄道】5月21-23日の関西行。備忘録/昔住んでた街へ/「人類の進歩と調和」!?

 個人的な備忘録です。
 目的は、茨木市立命館大いばらきキャンパスでの「いばらき立命館day」への参加・協力のため。

 ついでに、久々にまったり関西行したいというのもありました。

 

 5月20日土曜日の夜、いつもの京急。浦賀発。
 横浜発2230の「グランドリーム横浜81号」合わせで出発です。

 たしか直前まで阪急電車(P-6)造ってました。
 現地1泊のみ、持ち込みも阪急電車4編成に絞ってるので荷物は少なめ。でカートはいつもの重装備ではなく簡易軽量のもの使いましたが(貰い物でタダ)、これが耐久性皆無で泣かされる行程でしたよとほほ。

 カートは良いやつ使いましょう。重いけど。
 なお、お馴染みのサカイダンボールは上方を少し潰して、標準的コインロッカーに収まるサイズにしてます。こうしないと、イベント後に遊びに行けないですからね!


 JRバスの夜行便はYCATではなく、ほぼ隣接の一般バスターミナル発。
 ただ、こちらには階段しかなくてバリアフリー化されてない。待合室もない。YCAT発の新参事業者の方が恵まれてる?

 余裕持っての到着。なお、2230町田駅経由なので、最悪横浜線で追いついてリカバリは可能ですが……。


 乗車。今まで、3列夜行の真ん中の席(B列)は避けてきました。B列だけ安いって事は特にないし、早めに予約すれば避けられる席ですから。
 ただ、今回は早割席(ハマの特割)がB列しか空いてなかった。物は試しと。

 窓がないのは気になりません。夜行ですからね。
 で、左右ともゆったりしてるのも悪くありません。

 問題は空調の吹き出し口がないこと。
 こればかりはバス事業者ではどうにもならず、メーカーレベルでなんとかしてくれって事案ですが、空調がケチり気味だと暑いんですよ……で、窓際と違って吹き出し口での調整ができない。これには参りました。

 あと、横浜→町田はかなりストレス溜まる道程です。一般道ストップゴー繰り返しですので。

 ただ、それでも今まで避けてきたドリーム号の横浜便(旧「ハーバーライト号)」は、車両置き換え(エアロキングからガーラ、平屋化)で快適になり、利用してみようという気になったのは事実です。
 ハーバーライト号や横浜昼特急は3列エアロキングの中でも特に古い車が配車される傾向あって、クレイドル教信者の自分には選択肢外にならざるえなかったのです。
(クレイドルか否かで、夜行でも昼行でも疲労が全然違います……)


 暑いのは難儀しましたけど、他は悪くないのです。
 おなじみ足柄休憩。


 例によってバスいっぱい。JRのエアロキング同士が並ぶとこ見られるのもそうそう長くはないのかもしれません。
 昼便の最前列だと楽しい車ですが、それ以外ではデメリットが多いですよねぇ。荷物載らないし。上下方向の狭さは如何ともしがたい。


 関東バスのフラッグシップ。ドリームスリーパー。
 新幹線より高い高速バス。凄く必然性を疑うのですが……。客付きはどんなもんなんでしょ。かつての「銀河」の需要を狙ってるのか。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 あとは特に記すことなく、大阪駅7:53着。
 ここで某氏と合流して、茨木の立命館大へ。

 凄くどうでもいいことですが、関山はお出かけのたび、「割とつまんないもの」を忘れ物する癖があります。コンタクト外したあとの夜間用メガネとか、ライトニングの充電用ケーブルとか。いや大事な物忘れるよりはいいんだけど。

 今回は、ブラウンのシェーバー。
 緊急調達して、ものすご〜く久々にT形の簡易カミソリで髭を剃る。面の皮が昔よりはぶ厚くなったのか、(シェービングクリームなんぞ使わずとも)特にカミソリ負けすることはなく。これはこれでありなんかしら。お肌がバリゲードなのは自慢できない。

 立命館での催事そのものは、大盛況でした。
 こうした大学の地域交流は下手すると人集めにくいものですけど、茨木は場所が良いのでお客さん(地域の親子連れメイン)がたくさんやってくる!

 これ、出展側にとっては大事なモチベーションです。
 また、阪急電鉄さん・大阪モノレールさんといろいろお話できたのもよかったかと。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆




 忙しくて昼飯抜き。夜は近くのモールのフードコートでみんなでわいわい。
 フードコートでもビールのあるリンガーハットは
 
<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 実物鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする