何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2017年05月14日

【鉄道作品日本形】阪急9300系再製作中……/いばらき×立命館DAY2017告知【5月21日】

 阪急9300系は2014年に一度造っています。

http://legotrain.seesaa.net/article/398794769.html

 あの当時なりに頑張りはしましたが、やはり不本意の残る作ではありました。同時期に造った900・920形、1010系、2800系はその後も運用機会ありましたけど、9300系は半ば休車状態。パーツも少しづつもぎ取られ……。

 その後、yamatai様のCAD(9000系)が作図され、2017年に取りうる方向性が模索される。記事→
 http://legotrain.seesaa.net/article/447893506.html

 そして、なんと三井様の阪急三番街展示用の9000系も制作されてしまったのでした。記事→
 http://legotrain.seesaa.net/article/449351329.html


 衝撃と言わずとして、なんと言えと!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 そんなわけで完全解体。ゼロからのスタート。
(資材は大量に使いまわしできるので実に経済的!)

 ライバル作は敢えて見ずに(笑)、実物写真と脳内イメージだけで9300系を形に。まずは側面検討用の中間車1両の車体を造ってみる。

 
 窓枠は全周表現するとクドくなるので、上辺のみ再現。これは2800系と同じく。
 9300系の大きな側窓は3段分の横組で。1x1ブロックのトランスブラックがリリースされたからこその手法です。確かyamatai氏も作図されていたような……?
 3段分の横組なので、つじつま合わせにもう1段横組。車体の殆どが横組みという変態的構造となりました。

 ドアは強度とコストを優先の沓摺のみ表現。
 屋根肩の白い部分は広めに。この系列の特徴である「飾り屋根」は他表現も検討したものの、元の1x4L形パネル方式に落ち着きました。高さは2プレート分から1プレート分に減じてますが。


 で、肝心の前面。
 2x3の窓枠使用でも良かったのですが、無駄な対抗心が……。4段分の横組み併用のめんどくさい形状で、前面だけは銀サッシ表現入りに。
 今回は内部のクリップ止めは一切行わず(メンテ地獄ですからね)、2016年末の伊豆急100系以来採用の、ジャンパプレートによる3面折妻再現で見た目よりは強度に配慮。

 ただ、でも……微妙に失敗。
 前面窓、微妙に小さい印象。そして窓と標識灯の間がどうしても1ブロック空いてしまうのですが、そこはそのままにするとやや間が抜けて見える。
 で、写真にあるように手すりを付けてみると、あぁクドすぎる胸焼けする。

 あぁ、スッキリ仕上げってるライバル作が眩しすぎる。
(……無謀過ぎる対抗心ですけども。然し、意地はある)


 でもまぁ、側面との繋がりは悪くないです。
 9300系とか9000系って、大胆というかトリッキーなスタイルの電車ですよね。今更ながら。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆



 ここで前面、再改修。

 横組箇所を上方に2プレート移動。方向幕などを横組部に組み込んでしまいました。実物も前面窓の中に方向幕ですからね。
 貫通扉も窓を小さく。側面の窓や扉窓と上下方向の位置と高さを揃えてます。阪急電車のデザインってこういうとこは「揃って」ますから。

 で、窓下のサッシ及び手すりの表現(普通に1x2タイル 新灰)は、ライバル作模倣しちゃいました。他表現も考えましたが、無理。横方向に伸びる灰色のラインのお陰で、前面のウマヅラ化を防いでいるのはさすがプロのデザインと唸らされましたよ……。

 スカートは濃灰に変更。

 今度は前面窓が大きすぎの印象か? ただ、現状で取り敢えず納得はしています。


 側面との繋がり。ライバルに追いつけたかどうかはともかく、少なくとも2014年版よりは良くなったと(笑)。
 人の評価よりは、自己評価優先が大事なんですよ。たぶん。


 斜め上から。

 さて、あとはこれを週末までに4両編成に仕立てるだけです(笑)。
 関西は阪急沿線での展示というのは、最高のモチベーションになるのでした。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 5月21日[日] いばらき立命館day
http://www.ritsumei.ac.jp/events/detail/?id=337

 1000-1630:入場無料
 立命館大学 大阪いばらきキャンパス

 立命館大茨木キャンパスでの、地域交流イベント(ポスター改めて見ると随分盛り沢山ですね!)。

 こちらに立命館大鉄道研究会(のレゴ班)が全力参加されています。関山も既存作と新作の茶色い電車もって駆けつける由。
 同じ関西でも神戸(6月 恒例)だと京都線電車はもってきにくい雰囲気ですけど(笑)、こっちは問答無用で京都線沿線ですものね!


 (会場には……実はJRの茨木駅の方が便利であったりしますが、まぁ諸事情ありまして)
 関西の皆様のお越し、お待ちしております。

 また、翌月曜日はレゴ仲間と茨木観光(万博公園と国立民族学博物館)を予定してます。興味ある方はメールください。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道作品(日本形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする