何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2017年05月04日

【鉄道作品日本形】中央線快速101系と中電115系。明日・明後日(5月5-6日)は立川立飛ららぽーとへ!



 明日明後日、ららぽーと立川立飛での催しに合わせての地元・中央線の作品です。


 5月5日は10-21時
 5月6日は10-19時
の展示となります。→詳細

 1.8m x 5m。地上2線・高架2線の複々線の運行です。テーマは「首都圏と、東日本の新幹線」。新幹線は200系・E3こまち・E4MAX・E6こまち新・E7北陸新幹線が勢揃い。めったにない機会ですよこれは!
 会場は立川駅からモノレール2駅です。

 多摩地区というか東京の方、是非遊びにいらしてください。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 さて。新幹線はともかく、問題は在来線部門。特に地元題材。
 さりげなく中央線の作品で古今で編成になったものは未だありません。借りるってわけにも参りません。

 101系はもともと予定にあったものを繰り上げ制作。
(151系と80系を造ってますので、電車史的に101系は欲しいですよね?)
 115系は、先にサヤ420形電源車(=421系近郊型)を作って近郊型の可能性を見出したところだったので、他用途(さて何だろ?)にキープしといた資材からの制作です。

 車体は4月28-29日に作り上げていたのですが、意外と電車は車体ができてからの、屋根や足回りの工数も多いんですよね(床下機器は簡易バージョンなのに)。
 竣工が例によってぎりぎりになってしまいました。
 でも、出来たてのほやほや新作です。


 101系。国鉄最初の新性能電車。
 そして、1957年から1980年代まで活躍した中央線快速の主力でした。
 
 プロトタイプは試作車の900番台、デビウ当時のクリーンなイメージです。


 クモハ101−モハ100−モハ101−クモハ100。の4両編成。
 ただ、通勤形電車のドア周りは単調作業が延々と続き、しんどかった。

 でも、こうした完成してみると満足度は高いです。
 32ポッチでも省略のないドア数と戸袋窓、ちょっとドヤりたい(笑)。


 この101系独自の、柔和な顔が堪りません。
 そして、窓の傾斜も。


 101系は目鼻着いたところで、もう1編成中央線な何かがほしい。
 思い出されたのが中距離電車。立川から甲府や松本を目指す普通電車には、数年前まで115系が使われていましたし、中にはスカ色復元編成も。
 そして、嘗ては新宿まで乗り入れていました。1986年、国鉄末期まで。
 1-2時間に1本ほど。荷物電車クモニ83形を頭につけた編成で、立川〜新宿はノンストップで走ってた由です。
 あぁ、あの時代に乗ってみたかったものです。

 115系は冷房車なので、1980年代設定。クモハ115-モハ114 800番台−クハ115。

 側面は先のサヤ420のままスカ色に。トレイン窓の呪縛から逃れると、自由!
(そもそもタン色のトレイン窓は考えたくない値段になってしまってますし)
 前面は以前の475系など急行形電車と同じ作りではありますが、車体高を1プレート下げることで、問題であったウマヅラ感の解消ができています。それどころかやや幅広感も?

 クモニ83は800番台の大井工場製。張上屋根の美しい荷電でしたね。
 顔は101系の援用です。
 もっと窓は狭く細いのですが、傾斜とか左右の窓柱を考えると、ここが落としどころでした。屋根は横組みブロックで、屋根と幕板の間の濃青の細線を表現しています。
(先の西鉄1300形の手法です)



 そんなわけで、やや(物凄く?)古いラインナップではありますが、地元の中央線です。
 Awazo氏のEF13(EF10の見立て)や、アイン氏のEF60も含めて1960-80年代な雰囲気を出せるかと。
 
 連休終盤。皆様のお越し、お待ちしております!
 
posted by 関山 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道作品(日本形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする