何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2017年02月06日

【作品紹介】yamatai様の国鉄客車群(cad)。スハ43・スニ40・スニ41・マニ37他

 久々に作品を紹介させていただきます。
 CADではありますが、まとまりよく、現実的なプランで、かつ、マニアックでもありますので注目に値します。


 基本となる? 国鉄旧型客車。
 左からスハ43・オハ46・スハフ42・スハ43。
 
 過度に精細にするよりは制作の工数・コストを控えめにしたコンセプトです(これ、拙作と共通する割り切りです!)。
 全長は32ポッチ。旧型客車では問題になるシルヘッダの表現は色差表現。
 青い車体に対して濃青使っていますが、CAD(LDD)で見る分には違和感がない。濃灰系も使えると思ってましたが、濃青も現物テストの価値はありそうですね。

 屋根には6215丸2x3ブロック使用。
 この部品の問題点は新灰はかなり潤沢な供給があるのですが(宣伝:カンザンブリックで取り寄せ出来ます!)、新濃灰が未だ供給がない。旧濃灰はやや高い。
 
 自分は国鉄旧型客車は45度スロープ使用。新旧灰色が比較的低廉に大量入手できますから。ただ6215でも新灰なら先述のよう大量・廉価入手可能ですので(一時期は高かったのです!)、もう好みの問題かもしれません。

 気がかりなのは窓幅。窓幅6プレートに対して窓柱2プレートだと、やや窮屈な印象か? スハ43やオハ35では窓幅1000mm 窓柱450mmだったと思いますので、窓幅6プレ、窓柱3プレがバランスよく思えるのですが如何なものでしょうか?
(シートピッチの狭かったオハ61やその改造車、スロ62だと窓6プレ+窓柱2プレがしっくり来そうです?)


 インテリアも想定されています。窓からシートバックが見えると見栄えしそうです。
 トイレ部分は茶色ブロックで固めていますが、これも窓から見ると仕切り壁に見えることでしょう。
 
 車体色は青で想定されていますが、茶色も混ぜると却ってリアルなのは言うまでもありません。スハ43・スハフ42ならどんな機関車が牽いても様になります。活躍は稚内から鹿児島まで、実制作されたらきっと「役立つ」はずです。



 こちらは荷物車。スニ40形。
 1968年ころから投入された。ロールパレット積の貨車形の車。こんなのが混じっていたのが1970-1980年代前半の急行列車・急行荷物列車でした。懐かしい。

 側面は特殊な部品(供給が不安定な貨車ドア等)を避け、横組にすることでリブのある貨車タイプの側面表現としています。結構リアルかも知れません。特に、他表現では不可能な手すりや表記板のディテール表現が魅力的です。
 また、ドアの位置を考慮して車体からのずらし位置も調整されてますね。なるほど!

 あと、車端部表現。横方向のリブこそ割愛していますが、それを補っているのがバー部品使った雨樋(縦樋)の表現です。この存在感。精細感!
(ただ、使用されてる4095の青が激レア部品で……。現行の63965に青がなく。Φ3mmパイプの青を切断するのが現実的かもしれません)


 同じく荷物車 スニ41形。スニ40に一般荷物室を設けたもの。
 一般荷物室部分のドアの凹表現が印象的です。荷物車のドア、奥まって付いていたんですよね。

 そして、こちらでも車端部の雨樋表現。
 よく見ると順組・横組を複雑に組みあせた構成であることもわかります。車両の性格上、最後尾を締める役割も多いことでしょう。この作り込みは際立つはずです。


 スニ41の反対側。こちらが最後尾でも絵になるはず。あぁ縦樋の部品の問題、巧く解決しないものでしょうか……。


 スニ41のサイド。ドアの作りがよくわかります。
 床下に注目。中梁の魚腹型も表現。ブレーキ系?の配管も。


 こちらは同じく荷物車でもマニ37形。スハ43と同世代の特別二等車スロ50を改造したもの。やはりロールパレット積専用車で、旧型客車改造の荷物車では唯一の青塗装でした。
 先のスハ43とも共通しますが、ドアデッキ廻りの作り込みに注目です。
 ステップ部分がL形パネルで張り出し。この表現は精密ですね。

 荷物ドアは無論、凹み大きめの表現です。

 シルヘッダ及び雨樋の色差表現も成功してるように見受けられます。


 マニ37形のサイドビュウ。優等車改造ゆえ、荷物車といえど堂々たるもの。
 表記類は良いアクセントになりそうです。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 旧型客車の屋根の色。
 そして、パレット荷物車の雨樋……くらいしか制作上での問題も無さそうですね。

 青い旧型客車。1970-1980年代の国鉄を表現できるこのプロジェクトの実現に期待しております。曳くのは青い直流電機でも(EF58! 或いはEF62)、赤い交流電機でも(ED75。ED71も有り!)。またDD51やDE10にDF50。流石に蒸機の時代ではないでしょうが……(末期のC62やC57がぎりぎり合うか?)。

 また別設計が必要になりますが軽量客車の寝台車もできると編成の幅も広くなることでしょう。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】名古屋火曜オフに登場! もりりん様の駅舎はスターリンゴチック?

 さて。先にオフ会情報(2017年前半)更新しましたが。

 2月21日の名古屋での「火曜レゴオフ会」に出てくるもりりん様の大物作品です。


 モジュールビルを中心とした町の中に置かれる、中規模駅舎。

 尖塔を乗せた……どことなくスターリンゴチックをイメージさせる、新古典様式の駅舎。優美さ……よりは重厚さ。それでもモダニズムを思えばデコラティヴな姿。装飾に抑制が効いてるのも好ましいです。
 
 モジュールビル32x32の寸法なのですが、数えなおして初めて32x32と気が付きました。それくらい、大ぶりというか大きさを感じさせる造形ですね。
 十分な高さも有りますので、周囲を見下ろし、見栄えもすることでしょう。

 細部を見ると。
 正面の二重アーチが綺麗です。礎石?を意識されたデザイン。時計周辺の装飾も良い感じ。
 左右は対称に見えて、それを微妙に崩してる右手のバルコニーは印象的。ここにミニフィグ並べたりしても楽しそうです。


 裏面より。なんという「ゴツさ」。無論肯定的意味での。
 テクニックパーツを鉄骨に見立てた「実用本位」は、表面とは違った美しさ。

 線路配置は地平と高架の二段になります。名古屋火曜オフでは中心部は高架鉄道設置もあるのですね。

 モジュールビルの中を高架線が走り回るさまは、シカゴのL(高架鉄道)イメージとのこと。ここに似合う車両、考えねばなりますまい。
(ただ、日本の私鉄の旧型車両。アメリカの昔の電車と共通点が多いのですよ?)


 ホーム部分と駅舎を分離したところ。
 それぞれ32x32にモジュール化されています。

 今回は設置の都合で二重高架部分に合わせたものですが、二階の裏側壁面だけを仕上げてあげれば一般の駅舎としても使える仕様です。いや、駅以外の官公庁?などのビルとしても使えそう?

 いわば、ユニバーサルなビルディング。
 このコンセプトからも学べるものありそうです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 「火曜レゴオフ会 in 名古屋」は2月21日(火)です。
http://twipla.jp/events/240143

 日程・時間的に参加されにくいかもしれませんが、相当に濃厚なものになりそうです。モジュールビルは過去の11棟がすべて登場とか。また、このもりりん様のものとは別に大きな駅舎も別に登場予定とか?

 見逃せない催しです。関山も参加ですので、レポートもお楽しみに。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イベント告知】2017年前半レゴオフレゴ展示纏め/4月1日(土)第三回豊中レゴオフ/4月9日(日)横浜市立大/他

 新規情報がいくつかあります。

 2月18日(土)レゴ福岡オフ(九州ブリックミーティング)
http://twipla.jp/events/239672
 伝統の「レゴミリタリーオフ(LMO)」の流れをくむ一般オフ会。
 そして、2015年以来の九州でのオフ会です。これは盛り上がって欲しい! 主催のとにー様の作品群は見学に値しますよ。
 →関山は参加できませんが、期待しております。
 

 2月19日(日)ワンダーフェスティバル
 例年通りJ-LUGおよび4wlcでの展示・キットなどの頒布がある模様です。
 大物作品も展示されるかもしれません。


 2月21日(火)第1回 火曜レゴオフ会 in 名古屋
http://twipla.jp/events/240143
 平日休みの人のための、名古屋での一般オフ会! 熱く語られてるコンセプト引用します。
「レゴイベントが充実してきた昨今、ド平日にオフ会を開いたっていいじゃないか
今やまさにレゴ黄金時代、平日でもここまでのことが出来るんだ!それを証明してやりましょう!」
 →関山も参加します。すごい作品出てくるみたいですので、別記事で!


 3月25日-26日 池袋:鉄道模型芸術祭
http://tetsudomokei.jp
 →車両や作品の持ち込み、そろそろ募集します。


新規情報:
 4月1日[土] 第三回豊中レゴオフ
http://twipla.jp/events/241490
 関西では珍しい、一般参加のフリーテーマオフ会です。
 是非、盛り上げてください。会場は豊中市です。

 春休み期間中・青春18きっぷ使える期間です。
(中国地方・中京・北陸からは参加し易い距離でしょう)
 1月の梅小路のように、遠来の参加も増えてほしいと願う次第です。関山も参加したいのですが……。検討中です。申し訳ございません。


新規情報:
 4月9日[日] 横浜市立大学レゴサークル 展示会(仮)

 注目すべき、関東での新たな流れです! 大学サークル主催の一般オフ会を想定されているようです。日程と方針は決定済。参加表明はもうしばらくお待ち下さい。
 会場は横浜市立大キャンパス(金沢八景駅前)となります。

 →関山は参加、協力方針です。お楽しみに!


新規情報:
 4月 北陸(黒部宇奈月温泉?)でなにかあるかも。
 (例年 セレネでの展示があります。今年も?)


 6月10日-11日 ジャパンブリックフェスト 2017


 なお、参加表明にTwitterアカウントが求められるケースがありますが、多くの場合は「代行」可能です。関山に連絡ください。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 以下は参加はできませんが、告知です。

 2月26日 第17回あおなみ線運転回(名古屋)
http://twipla.jp/events/238163

 3月18日(土) あおなみLEGOトレイン運転会 最終回!(名古屋)
http://twipla.jp/events/242154

 両方共参加締め切り済ですが、見学は可能です。

 dumi様、あおなみ線運転会、連月の固定会場での開催という試みは貴重なものであったと思います。お疲れ様でした。
 また、最後まで「ご安全に!」。

 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 余談。
 2月12日(日)に銀座でIts a Sony展をkimron氏と見学する予定です。そのあと食事?
 同行希望の方はメールフォームか、Twitter(@houmeisya)で連絡ください。


 
posted by 関山 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする