何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2017年02月03日

【実物鉄道】2017年1月の京都往復 2(帰路 大阪線名古屋線急行乗継 他)

 前回記事こちら
【実物鉄道】2017年1月の京都往復 1(往路 vipライナーグランシア 他)
http://legotrain.seesaa.net/article/446390609.html


 1月14日から1月17日までの旅日記(備忘録)の続き。
 書かないと、確実に忘れますので(苦笑)。

 16日 月曜日はDr.ペイ様と再び梅小路公園で10時前に待ち合わせ。
 もう一度オフ会、じゃなくて「京都鉄道博物館」を一緒にいくためです。

 小走りで、なんとか梅小路公園に時間までにたどり着く。
 無負荷じゃなくて、カート牽いてるのでやや辛い。ダンボールだけは途中のコンビニで送ってやや身軽にはしてるのですが……。


 雪の残ってる梅小路公園。
 京都市電保存車の扱いは賛否別れるんですよね。きっちり「屋内の」市電保存館を作って欲しいものですが。できれば動態保存で。


 屋根はあるのですが、店舗としての利用が車両の保存に良いかというと、難しい問題です。ただ、交通科学博物館→京都鉄道博物館のナシ20は1980年からずっと食堂営業しながら保存されてたりはするので、矛盾もしないのではありますが。


 自分にとっては京都市電はこの色。ワンマン色のオレンジ帯。飛び出たヘッドライト。
 1978年という、既に欧米では路面電車の再生が始まっていたときに市電廃止強行した愚行を我々は忘れてはなりません。
(あぁせめて民営だったら生き延びたと思うのですが。公営は駄目!)

 って愚痴ってる場合じゃなくて。


 京都鉄道博物館は当初予定には入れてなかったのですが。梅小路蒸気機関車館と交通科学博物館は何度か訪問しておりますし、そのまとめという感じですので。
 ただ、新規のものも気になるので、この機会に……。

 新規の展示も含めボリューム感はあり、悪くはないのですが。
 大宮の鉄道博物館や、名古屋のリニア鉄道館ほど車内公開が殆ど無いのは残念。大宮は寧ろ大胆すぎるほどで(保存考えると心配になるほど)、名古屋も主要車両は中を見せてくれるんですよね(歴代新幹線など。モハ52も)。
 でも京都は殆ど車内公開が無い。せめて近年廃車になった車で補修用部品の得られるものは車内公開積極的に行って欲しいのですが。
(あ、また愚痴だ)

 マニアックなレポは長くなるので、別記事予定で(写真はそれなりに撮ってます)。


 ネタ写真をば。昔の客車内部展示……に自分の荷物。妙に似合う<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 実物鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする