何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年12月20日

【作品紹介】未完成作?ですが……Q太郎様の国鉄DC11形ディーゼル機関車。凄まじきスタイル。

 未完成作? ですが、捨てがたい作品はあります。
 完成を願う意味で、やはり紹介させて頂く次第。

 
 国鉄DC11形は1929年に輸入・到着した国鉄最初の内燃(ディーゼル)機関車。

 なお、日本最初ではなく国鉄最初であるのは、既に小型(3-10トン程度)の内燃機関車(ガソリン・ディーゼル)は大正時代から多々輸入・使用・実用され効果をあげていたためです。
 ただし、国鉄の正規の機関車として使えるクラスはDC11形が初めてのものでした。
 電気式としても日本初の輸入例です。

 車軸配置1C1。ロッドドライブ。未だ蒸気機関車の名残を残すような足回り。
 そして、独特な丸みもったキャブとボンネット。上回りの強烈さはグロテスクなほど……。

 製造は独逸のエスリンゲン。機関はMAN。電装品は瑞西ブラウンボベリ。
 このクラスの中型機は未だ独逸でも未完成であり、相当に無理して造られた機関車だったようです。当然、トラブルも多い。
 1935年ころまで入換に使われたものの、それ以後は使用休止。戦時中に解体? この流れは同時期に輸入されたDC11形(独クルップ 機械式)に共通します。

 しかし、それまでに分解調査などは行われ、日本の車載用ディーゼル機関発達の礎とはなったのでした。

 以後余談。
 DC11とDC10の良いとこ取りで頑張って国産化したのが1935年のDD10形(電気式)。これもトラブル続いた機関車で、それも戦争で開発中止。

 戦後、アメリカ軍が持ち込んだのは、やはり電気式のDD12形。
 ほぼノントラブルの優秀機であり、当時の工業力の差を見せつけたのでした。
 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆



 Q太郎様の作品。9幅、フルスケールです。
 独特の「丸み」を余すこと無く再現。特にグリルの出た端面の印象は鮮烈ですね。グリルや柵での表現です。

 足回りはジャック軸も含むロッドドライブを再現。スケール的に純正大車輪も良い塩梅となっています。
 動力系は自作だとか。実はまだ調整途上の模様。できれば内部構造なども拝見したいものなのですが……公開を待っていると何時迄も記事が書けませんので。
 
 この作品は、この題材に挑んだこととスタイルでだけでも十分な値打ちがあると思うのです。
(走行トラブルも、「却ってリアル!」とか云っちゃいけませんよね)


 9幅フルなので、相当な大きさ、迫力となることでしょう。
 自作動力ですから、順当に整備されたら相応の牽引力も期待できそうです。スローも似合うでしょうね。

 手すりが省略されていないのが目を引きます。ディーゼル機関車では重要な要素ですね。これは最新型機(DF200/HD300等)でも変わらぬこと。
 通気グリルや、はたまたこの機関車ならではのリベット表現も。

 キャブ側面の丸みもコダワリです。
 こうしてみると、グロテスクというより寧ろまとまりの良いドイツ製品に見えてくるので不思議? でもまぁこんなのが普及してゴロゴロしてたら不気味だったでしょうが。

 なんであれ、趣味的に魅力的な題材であることに間違いはありません。実物ではなかった軍事系の列車に使ったりするのもまた一興でしょうか。はたまた戦後まで生き残ったと仮定してDD12とでも合わえりゃ、「P虎 vs シャーマン」なシーンになっちゃうかも(「不調なディーゼル・エレクトリック」Vs「絶好調なアメリカ量産品」って意味でなんとなく共通性が? だれかDC11に黒峰森マークを?)。
 それ以前にこの姿でゆっくり、ロッド動かしてやってくる姿は楽しいものでしょう。

 整備の上、第二のデビウが待たれる作品なのです。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】未完成作ですが……ルビー様の京王デワ600形。ゼブラストライプの電動貨車

 未完成作ですが、捨てがたい作品はあります。
 完成を切に願う意味で、紹介させて頂く次第。

 京王電鉄デワ600形は2004年に、6000系電車(1972-1991製造)を改造して造った事業用電車(有蓋電動貨車)。601・621・631の3両が用意されました。
 単独で回送用牽引車として。
 また、長物車チキ290形や、総合試験車クヤ290形を挟んで使うことも。

 私鉄の事業用車としては比較的新顔ですが、後継者デヤ900形の新造により2016年に廃車されています。
(デヤ900形新造されたのもインパクトあるニュースでした。この種の車両は旅客車の改造格下げという相場が有りますので。京王でも2010形・5000形が嘗ては電動貨車化されてきた流れがあった由です)

 スタイルは6000系時代と殆ど変わっていないのですが、塗色は変更。灰色ベース(白に近い)に……下半部白赤の斜めストライプの警戒色!
 レゴトレイン的には難度高い!塗り分けなのですね。


 ルビー様の製作途中品。良い意味で、力技。
 
 1x4のプリントタイルを片側面に16枚、1両で32枚使用。
 でもこれで、究極の「らしさ」を醸し出す。

 前面も同様。1x2プリントタイルで片傾斜ゼブラのものと、両傾斜ゼブラのものを組み合わせてパターンを作り出す。

 継ぎ目の違和感はありません。写真で気になったとしても、現物拝んだらインパクトの余りに忘れてしまいそうです(笑)。

 京王6000系としての造形はとても秀逸。
 左右で窓サイズの違う前面は窓パーツの使い分けでスマートに表現。貫通扉は旧型の窓。これで十分、あの顔に見えてきます。

 ヘッドライトはストライプとの兼ね合いで苦肉の策に見えますけど、これもストライプのインパクトの前には……気になりません。

 秀逸なのは側面。4ドア通勤形をレゴスケールでと言うのは普通に難しい割付なのですが、パネル側面を戸袋窓に使うことで全長34ポッチに4ドアを戸袋窓省略なしに押さえ込む。これでも戸袋窓と通常窓の間の窓柱が省略になってしまう問題は残りますが、戸袋窓そのものの省略と「究極の選択」になる感じです。あるいは3ドアアレンジとかフルスケール化とか。この作品はよい妥協点だと思うのです。

 屋根はカーブスロープ。ここはスムーズで現代の作品ですね。
 実車の雰囲気にも近いのです。


 残るは足周り。完成が楽しみなのですが……。
 また、大きなクレーン付けたチキ290形。近代的な総合試験車クヤ900形という題材に繋がる興味もあります。編成変えたりいろいろ遊べそう。

 あと、元来の京王6000系営業車という展開だって考えられるでしょう。
 ミニマム2両とか3両で、短編成の特急運用だって有りました。長らく京王電鉄の顔であり主力だった6000系。そろそろ作られてもよいお題かもしれませんね。
(というか、関東の通勤形は割と未開拓の原野ですかも?)
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。