何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年12月07日

【レゴ製品?】珍しくLEGO IDEASでトレイン題材10000票達成。「ビンテージトラム」( kevinszeto様)



 おもえば、LEGO IDEAS(旧Cuusoo)は開始以来、トレイン系の企画で10000票達成したものは出てきませんでした。BTTFのジュールベルヌトレインが例外ですが、あれはバック・トゥ・ザ・ヒューチャーの版権物としての性格が濃厚。それも、レビュウで落とされてしまいましたが。

 LEGO IDEASはどうしても「わかりやすい」版権系が強いです。
 そして、トレイン系は投票というシステムではどうしても不利になります。

 鉄道系は地域により好みが分散しやすい。多くのファンは自国形優先。アメリカのファンはアメリカ形を好みますし、欧州でも欧州形が人気。過去の10000代製品でもマースクトレインはアメリカで人気欧州で不人気。ホライゾンエクスプレスは見事にその真逆でした。

 また、すべての人が高速列車が好きなわけではない。すべての人が蒸気機関車を好きってわけでもないのが更に票を分散させてしまいます。

 好みを集中させて10000票に繋げなければならないのですが、それには誰も成功できなかった。

 その意味で、この企画は「がんばった!」と。そして画期的でも。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 「Vintage Tram」 kevinszeto様
https://ideas.lego.com/projects/119603





 ポルトガルはポルトのヘリテージトラムのモデル化です。
 クラシックで優雅な路面電車。そして今なお健在であり、多くの観光客を街に呼ぶ力を持つ、街の魅力足り得る電車でしょう。

 モデルもディテールフル・丸みもエレガント。
 このルックスで10000票を獲得。納得です。

 8幅ラージスケール。これ自体は否定しません。8幅やそれ以上への挑戦は国内外でも多く見られる傾向ですし、自動車なども含めたラージスケール傾向自体は欧米のほうが先行していますから。
(6幅派。4幅車派として言いたいことはなくもないですけど、ここは趣味趣向の差異です)

 ただ……水を差すのも難ですが。
 動力化への配慮はなさそうです。ディスプレイモデル前提か。
 
 デザイナーさんは街の一部としての路面電車は考えておられるのでしょうが、自走が最低限の前提である「鉄道模型」としての考慮がないのはかなり残念。
 手転がしにしても、この画像のままでは軸距長すぎてカーブは曲がれないでしょう。というかこの種の古典単車って、もっとホイールベース短めでオーバーハングは長めなんですよね。車輪は内側に寄ってるもんです。

 その一方で、走行や実用に支障をきたしそうな足回りのヤバゲなディテールが無いのは寧ろ評価したいのですが。しかし、デザイナーさんが実物のこの種の電車の、複雑なディテールを理解されないままに割愛されたと思うと……。
 わかった上での簡略化と、知らずの簡略化はまるで別物です。前者は鉄道模型の名門はどこでも行ってきた手法ですが(走行性能を求められるマスプロダクツの玩具としての鉄道模型の宿命です)、このモデルに感じるのは寧ろ後者のような……。



 インテリアは備わります。窓ピラーはタイルみたいですが、どうやって立てているのでしょう?


 第一印象はとても好ましいモデルですし、無論、トレイン分野から10000票達成もこの上なく嬉しい。
 しかし、よく見ると惜しい部分も少なくない。

 ここを大胆に、鉄道模型としてアレンジできる人がレゴ社に居るか?
(動力化への配慮や、足回りの改善など……)
 

 それでも、このモデルが「駱駝を針の穴に通す如き」本社レビュウを通ることを期待しています。
 なにより、トレイン系でのLEGO IDEAsに10000票突破の希望が持てることが嬉しいじゃないですか。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴ製品(cuusoo) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】隼様のキハ52(くろてつ氏作品のモディファイ)。元モデルの良さを引き出す好アレンジ。

 数日前に記事にしたところの、くろてつ(嵯峨)様のキハ52に、早くもアレンジモデルが生まれてきました
【作品紹介】初心者向け配慮作品。くろてつ様のキハ52。世界を変える?小さなモデル
http://legotrain.seesaa.net/article/444576404.html




◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 先の記事でも、このキハ52はベーシックなものなのでディテールアップや、或いは全長の延長も考えられると記しました。

 隼様の作品も、その方向です。


 全長を32ポッチに延長。レゴトレスケールの中でも「長め」となります。
 元が26ポッチでしたので、6ポッチの延長。ドア間に窓を2つ増やす。

 堂々と、リアルな印象になりました。バランスの破綻もなく、キハ52の「長い!」って印象を伝えます。

 ※:全長21m超。在来線車両としては最長クラスです。エンジン2基収めるため。

 合わせてディテールも適度に強化。
 隼氏の得意技?床下機器も全体のバランス壊さない程度に作り込み。灰色なので機関など機器も目立つのです。
 地味に効果が大きいのは前面貫通扉の「桟板」でしょう。
 連結器+バッファは機関車用のスノウプラウ付きのものに。北国仕様であり、最後の活躍線区の大糸線らしさもアップ?

 ヘッドライトはシールドビーム2灯化仕様。ここは趣味が別れるかもしれません。


 反対側。
 トイレの反対側は水タンクで窓なしセクションでしたよね。

 で、貫通幌がこちら側には付く。前面が大きく引き締まる!

 余談ですが、気動車の幌は「片持ち幌」であり、前後どっちかにしか付きません。両運転台車ならどっちかは幌枠のみの姿がセオリーです。無論、例外も沢山有るのですが。


 上から。屋上もディテール追加。
 目立つのはJRアンテナ。また、ベンチレータは高さ2プレート分にしてより彫りを深く。近代形狙うなら冷房装置とかもありかも?


 パーツ割りが分かるアングルです。
 全長を伸ばしつつ、元作品のコンセプト「初心者への配慮」がきっちり守られているのが自明!

 理想的なアレンジモデルと言えましょう。
 無論、原型の素朴さ・可愛らしさも捨てがたいものです。
 
 でも、簡単にアレンジの効くベーシックなモデルというのも初心者向けには重要ですし、それは中級以上へのステップアップに繋がる。

 隼様のこのモデル、くろてつ(嵯峨)氏の基本設計の良さを引き出してるのですね。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする