何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年09月25日

【鉄道作品日本形】日立 ED46(国鉄 ED92)。派手? それでこそのデモンストレーター!



 ED46形は1959年に製作された日本初の交直両用電気機関車。
 この時代は世界的にも未だ交直両用(直流・商用周波数交流)の電気車は少ないもの。技術的には結構なチャレンジ?
 果敢に挑んだのは、この機関車の「テストコース」たる常磐線の地元、日立製作所。
 直流電気機関車に交流機器を追加したもの……と言われていますが、当時まだ新型直流電機は「出たばかりの新技術」。新技術の掛け合わせです。

 もちろん試作1両のみ。のちにED92と改称され1960年代には早くも運用から離れ教習用になった模様。1975年廃車解体。
 この機関車の量産型は全長を伸ばし、軸数増やしたEF80に。こちらは1986年まで活躍した由。


(画像は国鉄公式パンフレットより)

 さて。
 この機関車。中身も凄ければ外見も華やかなものでした。
 鮮やかなピンクのボディ。3本のシルバーストライプ。ナンバープレートを彩る装飾。切れ上がった裾上げスカート周り。前面に曲面ガラスを機関車に使ったのもED46が最初です。

 当時の日立製作所の試作機に多かったのですが、「メーカーのデモンストレーター」としての性格も濃厚だったのしょう。
 余談ですが、ED44形ではhitachiの筆記体ロゴをメーカーズプレートの代わりに掲げたり、DF93形ではブロック体のHITACHIを大きく記す。そこまで行かずとも、DF91形は赤白に銀帯という派手な姿。

 この辺の「商業的アピール」はこの時代の日立の試作機に共通していました。尤も、輸出も大事だった時代です。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆



 レゴ的にED46はかなり前から狙っていた形式でした。派手な外見は中学生のころに惚れ込んだもの。いや、まさに中二病機関車?

 ピンクのボディは面倒ですが、EF81を濃赤と解釈した作品(たしか りゅうせん様)を見て、国鉄色ではローズピンク=小豆色(赤13号)という納得で何とかなると。その流れですでに交直両用電気車 475系電車も制作済。整合性はあります。
(あと、濃赤大好き)

 厄介なのは供給されていないグリルブロック。ここは濃灰で代用する手が使えますので怖くはない。側窓に飛行機窓の濃赤が供給されたのも勢いに。


 足回りは悩みの一つ。

 EF30やEF80にも共通しますが、1台車1モータという変態的なメカ故にホイルベースがとても短い。レゴのトレインモータではその味が出せません(ホイルベース長すぎ)。
 その上、ED46のみのDT112という台車は……なかなか異様な形状です。まぁ、それが良いのですが。

 自作動力でショートホイールベース化も考えましたが、自作動力は性能が長期的には安定しない問題があり避けたい。結局 中央にモータ置く「1+B+1」方式と割り切りました。両端車輪はボールジョイントに依る連結です。

(現状9Vモータ付けていますが、車内にはPF機器搭載のスペースはあります)


 ただし、サイドビュウには拘りました。
 結合部分で向こうが透けて見えると興ざめですので、パーツ盛って結合部が極力わからないようにしています。

 また、中央のモータも簡単ながらも床下機器を吊って、ここにモータ台車があると分からないように工夫。

 異様な形状のDT112もU形の枠をパネル側面でL形向かい合わせて表現。あとは斧部品で台車枠そのものを「盛る」。


 この角度で見ると、足回りが自然に「B-B」車軸配置に見えます。
 やっぱり機関車は足回りに拘りたくなりますね。


 微妙に傾斜した全面は横組み段差組で。古典的手法ではありますが。
 切れ上がった車体裾はウエッジプレート。その流れで車体中央部下半はタイル表面に出しています。
 3条の側帯はグリルタイル使って、地色の濃赤を帯の隙間からみせる。

 前面窓は派手めに解釈と言うか<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道作品(日本形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする