何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年09月16日

【作品紹介】JAM・貨物輸送の落ち穂拾い(隼様リサーチキャビン・dumi様コキ50000と特殊コンテナ)

 JAM絡みで紹介しきれていない個別の車両はまだまだあります。
 貨物輸送絡みで気になった新作幾つか掘り起こしてみましょう。


 「リサーチキャビン」ことJR貨物 ZX45A-1及びZX45A-2は事業用コンテナ。嘗ての「車両性能試験車」のコンテナ版であり、新型の機関車や貨車の性能測定時に用いるものです。多くの機材を搭載。そして、「人が乗りこむコンテナ」として、異例の存在でもあります。
(往年の車掌コンテナS90や、リサーチキャビンの先代たるコキフ10900番を思い出す向きもあるでしょう)
 30ftコンテナの形状ですが、窓があって扉があって、そして発電機を搭載しています。


 隼様の作品、発電機のルーバー部分の組みかたがすごーく精細!
 横組+0.5プレート部の処理ですよ。扉部分も横組です。

 それ故に、タダの「窓付き箱」には見えません。




 積み重ねられて。非使用時はこんな感じで置かれてるのかしら……?

 JAMではなかなか出番がなかったようですが、「車両性能試験車」の文脈で新型の機関車や貨車のお供をさせてあげたいものですね。機関車+リサーチキャビン積コキ1両、でも列車が成立するのもメリットですよ?
 


 紹介するタイミングを逸し続けてきたのが(申し訳ない!)、DUMI様のコキ50000形。
 1971年に登場し、国鉄の貨物輸送衰退をぎりぎり押しとどめる役目は果たす。そしてJR貨物発足時には「主力車」「主戦力」に。その後、100系新型貨車が多々投入される中で存在感が薄れて、そろそろ絶滅危惧種に。しかし、45年に渡る活躍は名車として記憶されるべきものでしょう。日本の鉄道貨物を全滅から護ったのはこの形式かもしれないのです。

 基本タイプは(というより在籍の大多数は)濃赤の塗装が特徴でした。dumi様の作品も濃赤です。
 なお、この1-2枚目は製作途中のもので、色が揃ってないのはご容赦をば。


 空車で展示しても様になる、ラダーフレーム構造です。
 積載時でも歪みが見えないのは、何か強度面で「魔法」を使われたのかしら。よく見ると側梁だけではなく、中梁が見えます……。これが魔法の秘密?

 なお、濃赤のメリットの一つ。コンテナ締結部にΦ1穴空きプレートを使うことができる。6x7寸法で造った12ftコンテナのおへそ部分がきちんと嵌り固定できるのです。


 こちらは完成バージョン。
 フレームの色が揃い、作品元来の魅力をフルに放つ。黄色いブレーキハンドルはレア部品で……。実は入手大変だったのですが、その価値のある部品でしょう。

 積まれているコンテナも面白い。左端はC31。国鉄末期に登場した赤帯コンテナ。コキ50000と同じ時代を戦ってきた仲間。
 真ん中は何か特殊コンテナ(粉末用?)でしょうか?

 右端は日通私有の6フィート(2トン)コンテナ。
http://www.nittsu.co.jp/rail/6feet_container.html
 アダプタコンテナを介して、5噸コンテナの枠に2個積むという変わり種。コレを造ってこられるとは……。しかし。


 なんじゃこりゃ!
 左端に積まれているのはUM-5。鉄鋼用の無蓋コンテナ。参考。
http://butsuryu.web.fc2.com/shiyu-container_mugai01.html
 複数の所有者あったようですが、共通するのは「非常に重量のある製品」を運ぶために容積は通常コンテナの1/3-1/4(無論荷重は10噸)。積載時は(当然)平積で。
 しかし空荷時は重ねて輸送して効率を稼ぐというもの。重箱とか呼んでました個人的には。

 Dumi様の作品はフォーク用の黄色い目印がとても綺麗。


 内部。なにやら怪しい基盤が入っていますが、関係はない模様?
 空荷も積載時も、いろいろ遊べそうなコンテナです。

 
 貨物とコンテナは鉄道趣味の「沼」。
 先のきせのん様作品も凄かった。舞台を造って下さったpgy様も。盛り上げてくださったSUU様も。

 みなさんも深く浸かってみませんか? 厄介なことに時代ごと年代ごとに沼は限りなく深く……。自分も久々に貨車作りたくなりましたもの……(黒の。43-10以前か59-2以前辺りの)。


 
posted by 関山 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】碧月様のJR西日本 323系電車 新しい大阪の顔は「エレガント」!?


 実物写真はResponseより。
http://response.jp/article/2016/06/26/277493.html
 JR西日本 323系電車は年内の営業運転投入が予定されている、近年では珍しい「20m3扉通勤型電車」。国電というか省電では3ドアが元来の標準であり、実は4ドアというのは戦時型故のイレギュラー(6ドアは論外)。嘗ての旧型国電時代の大阪環状線……というか城東線ではモハ40などが使われてたのですよね。

 その復活……?! というよりは、実質上現在の大阪環状線の主力になってしまっている転換クロスの近郊型(関西線)とドア位置を合わせるための3ドア車です。これはこれで合理的な思想でしょう。

 車体形状は近年のJR西の新型車と揃ったもの。225系では賛否が別れましたけど、このスタイルもデザインがだんだんこなれてきた感。柔和さとスピーディな感じが両立しています。
 側面もドアの強調とかオレンジのラインカラーとか、派手な要素が多そうなものなのに全体の配色で落ち着いた上品な印象を与えてる。大阪のイメージを変えうる電車……かもしれません。
(ただ、ちょっと側面が煩雑な感じはしますが。もうちょっとシンプルな方が……)





 碧月様の作品の登場は、7月1日の京都市交通局催事「国際会館に地下鉄で行くっ」です。いきなりの新車の再現に驚かされました。

 複雑な塗り分け、省略無く再現しています。
 3色の側帯。ドア周りのオレンジ色。ドア上の赤部分。
 そしてドア合わせ部と沓摺の黄色。殆どの部分はレゴ構造的に理解できるのですが、ドア上の赤と黄色は工法的に「?」という感。内部補強で成立してるのでしょう。すごい。


 前面は先の作品。広島地区の227系と同じ処理ですが、実物も同構造ゆえ整合性あります。
(但し、固定編成の大阪環状線用では「転落防止外幌」ありません)

 このJR西日本の新標準な顔は凛々しく(或いは、厳つく)表現する文脈もありますが、碧月様作品では柔和さ・流麗さ、そこから漂う優雅さえも感じさせるものに。

 窓を大きめに解釈。角型ではなく横組みにして左右にポチスロで流す。
 また、車体裾部の逆テーパを強調してる表現がその故でしょう。無論、アークラインの表現も完璧に。美しい。

 なお、連結器には早くも四角錐1x1部品を使ってきています。
 最近の新パーツ事情は情報抑えることから大変ですから、こうした新鮮味も大事。

 ところで、屋根は前頭部(1-2ポッチ分)のみポチスロではなく、1x2か1x2のカーブスロープ使ったらよりエレガントに見えると思うのですが、如何でしょうか?

 ヘッドライト点灯の効果は言うまでもありません。


 こちらは8月のJAMでの模様。前から3両目。ドア脇ピンクのの女性専用車表記が施されています。
女性専用車の終日設定は恰も「進駐軍専用車」(1945-1951頃)的な感じであんまり好感はもてませんが。


 鳥居をくぐり抜けるかのように。
 
 さて。実物の話に戻って。
 些か気が早いですが323系は大阪環状線以外への投入はありえるのでしょうか……? 関西では3ドア車と4ドア車が混用されてる路線は多いこと、また年代物の103系が未だ活躍してる線区も多いことから、323系は今後、どかんと増えてく……と思われるのですがどんなものやら。
 話を聞く限り、通勤型としては悪い車ではないので(斜めの袖仕切りに、肘掛け装備は気になるところです)、増備は楽しみですね。
 むろん、碧月様の新作も楽しみなのです。
 

posted by 関山 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする