何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年09月12日

【鉄道作品日本形】無愛想だから難しい。EF30の前面試作の行程。




<画像はワールド工芸さんのサイトより>

 EF30ってレゴトレインの世界では鬼門の題材です。

 いや、同じような顔した1950年代末、国鉄の新型電機第一世代の顔は全て鬼門なのですが。ED60・ED61(ED62)・ED71……。

 平面に穴開けて窓にして、真ん中にドアつけてその上にライト乗っけた形状。
 曲面ガラス使ったEF60とか、貫通型でもEF62・EF64以降に比べると……良く言えばシンプルでストイック。悪く言えばびんぼ臭い、カネかけてない顔。

 そんなびんぼ臭いもとい、シンプルな顔が却って難しいのですね。

 実物が曲面ガラスなら隅のピラーはレゴなら省略できますが、平面ガラスでがっちりした作りだとピラーは省略できません。
 窓寸法だって微妙。1x2ブロックには縦にも横にも大きすぎる。窓形状的には2x2の窓各種(旧型・新型・飛行機用)も全部使えない。
(7幅とか、6幅+プレート2枚とかいう特殊寸法はこの際除外。いやそれらも難しそうですけども)


 そんな状況下で、何とかなるぞと秘策練って、試作してみたのがこちら。
 1x2ブロックを横に使い、左右ピラーも何とか表現。貫通扉はミニマムな大きさで。

 何、この違和感……。
 違和感、サボってくれよ。
 あらゆる可能性試して落とし所でコレですよ。悪戦苦闘4時間。

 気を取り直して、EF30の顔(実物写真)をしぶとく眺め回します。
 あ、意外と前面窓は小さい。レゴ的には1x1ブロックの流れで造ったほうが自然かも。

 あとEF30の顔で重要なのはテールライトはかなり下方に寄ってること。ここに1x2のテクニックビーム使うのは既定としても、上下逆転でより下方に寄せる技も必要と。



 こうなりました。
 なんとか、納得行く顔に。というか最初からこうしときゃ良かった?(たった30分で出来た!)
 実物のなんとも無愛想な、でも憎めない顔が再現出来ちゃいました。びんぼ臭いなんて言っちゃて申し訳ない。

 貫通扉は先のEF10同様、L形パネルにプレート4枚分挟みこみの碧月様方式です(微妙なドアの凸が表現できるので機関車向け!)。ライトケースは自信作。

 これで、EF30の製作計画もGo!?
 先に作った先任機のEF10 24と組んで良し。またEF30も「なんでも牽いちゃう機関車」ですので、遊び勝手は良いことでしょう。

 さて。
 ED60とかED71ってこの顔に更に微妙な傾斜付いてるんですよね(苦笑)。更に難度が上がってくる(笑)。まぁ、流石に省略しちゃっても良いような気はしますけども。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道作品(日本形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イベント】札幌市電フェスティバルの模様1(9月4日)ユウユウ様・Nori様の写真から。

 先週9月4日の、札幌市電フェスティバルのレゴ展示の模様です。

 当日は実物電車やバスの展示もあったようでそっちも盛り上がったみたいです。というかM101も展示されてたんですね。現役のうちに一度は見たい乗りたい車なので。

 ツイートされた画像及び、後日頂いた写真から構成します。
 
yu=ユウユウ様
N=Nori様

「YU」
 圧巻だった北海道庁。この写真だとレンガが全て「1x2プレート」で構成されているのが分かります。費用以前に、工数という意味で気が遠くなる作品です。これまでもこの種の作品はありましたが、この規模は言うまでもなく初めて。
 重みが違います。今回限りではなく、広範なイベントへの出展など期待したいですね(=観に行きたい!)

「YU」
 道庁とk.matsubara様制作の240形電車。
 建築と電車のクオリティが匹敵しておりましょうか。

 なお、道庁の前の市電路線は過去に存在したものです。このアングルで写真撮れたかどうかは不明ですが……。

「YU」
 解像度が同じものが揃ってる奇跡、としか。
 k.matsubara様としては珍しい日本形。スケールとクオリティは通常通り。Hゴムの上窓を色違いの窓フレームで再現しているのがユニークかつ効果的です。
 多くの人を尻込みさせる、札幌市電標準車の丸み強い車体も再現に成功しています。これが実現した意義は大きなものでしょう。
 
「YU」
 やっぱり時計台は必須。軒の飾りが気品を感じさせますね。また、あの時計台がビルの中にあるのも現在の札幌市街のリアルでもありましょう(日本三大がっかりゆうな! そういや、はりまや橋も路面電車には縁のある場所ですねぇ)。

「YU」
 展示を観る人々。なかなかの盛況なのが窺えます。
 左奥にはA1200形が。右手にはM101形が……。

「YU」
 今回の主宰者、1103.s.p.a様の3300形。
 道庁前の路線は1970年代廃止なので完全にフィクションですが、いつか復活してほしいものです。やはり、作品同士のスケール・解像度が一致してる快さ、ですね。

「YU」
 再び。k.matsubara様作品。単独で紹介記事書きたい所ですが、肝心の足回りの情報が得られていないので現状保留せざるを得ません。同氏のブログでの展開を楽しみに致しましょう。
http://qazwsx1234.seesaa.net/

「YU」
 ユウユウ様の秘作。函館市電30形「箱館ハイカラ號」
 今回のレギュレーションでは函館市電もOKでした。
 余談ですが、旭川電軌と旭川電鉄がOKだったかどうかは聞きそびれました(しまった旭川電鉄OKなら1001+051とか作るチャンスでしたのに)。
 閑話休題。函館の30形は排雪車に改造されてたものを復元したもの。今や函館の名物の一つに。

 8幅リアル系で、1103.s.p.a様作品やk.matsubara様作品と揃うスケール。車体も良いできですが、足回りの単台車表現が堪りませんね。リアルな排障器も。

 また、このスケール・解像度にしては強度や運行性能への配慮が為されている?ようにも見受けられます……? 地元 函館での運転や展示が叶うこと願っております。

 
「YU」
 負けるな6幅レゴスケール組(動画よりキャプチャ)。
 薬師山様の札幌市電22号。
 そして拙作のA830形。どなたか静止画撮っておられませんか……?

[N]
 撮影者不明ですがNori様撮影、道庁とA830。
 電車が小さめだと、建物のサイズ感が強調されるメリットはあります。<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。