何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年09月05日

【作品紹介】SUU様の東京モノレール 1000形リニューアル塗装車。カラフルポップ♪



 東京モノレール1000形は現在16編成もあり、羽田線の主力車です。
(2000形は4編成。10000形は2編成)

 1989年の登場ゆえ置き換え対象になっているようで10000形が新造されていますが、そのペースは早くはなく、当面1000形の天下は続くのでしょうか?
(開業時の100形の世代は13年で終わりましたから、30年近く使えるとはモノレール車両も長持ちするようになったものです。まぁ1000形に陳腐化の印象は無いですけども)

 1000形は長い活躍期間に応じた、塗色バリエーションが豊富なのも特徴。デビウ当時の赤+黒なカラーリングに、後の2000形に合わせた青系の現行標準色。そして100形復刻色に500形復刻色。
 
 そして現在、(当面は残るであろう)1000形に関しては二度目の塗色変更・リニューアルが行われつつあります。

 クリーム色ベースに1両ごとにドア色を変えたポップで、「かわいい」を狙ったもの。これまでの歴代東京モノレールのカラーリングが10000形に至るまで「カッコいい」「クール」系を狙ったものでありましたから、これはなかなか画期的?でしょう。


 4両編成。ひだか式。2M2Tの編成で、今回のJAMのような勾配控えめのレイアウトなら十分に実用的なものです。

 印象的なのは前頭部。
 スピードチャンピオンのキャノピーを縦方向に使い、左右はポチスロで処理。まろやかな、柔和な顔を作り出しています。1000形というと鋭角的な印象でしたが、この塗装だと丸っこく見えるのが面白いですね。

 側面はドア部分を1/2(?)ぽっちずらしで凹ませる凝り方。PF機器の収まる車両ではなかなか苦しかったようです。でも、ドア凹みがあると細密感が変わってきますよね。


 側面より。中間車基準で全長20ポッチですから、「ひだか式規格」としてはほぼ上限値でしょうか? 意外とカーブはシビアです。
 この写真ではわかりませんが、電池BOXはかなり重心下げて設置とのこと。揺れが少なくなるのです。

 足回りは「アルヴェーグ式」ならではの軽快な感じ。「日本跨座式」だともっと鈍重な感じですから、そこらの作り分けは大事でしょう。
(レゴ的にはどちらも「ひだか式」ですけども)


 屋根上にもラインが入っているので、見下ろす機会の多い模型として様になっています。貫通幌部分の色差しも効果的ですね。


 スーパーマメキノコ様の1000形標準色との並び。
 同じ1000形ですが、解釈がまるで違うのが面白いですね。でも、どちらも1000形らしいのです。鋭角的か、まろやかか……?
 余談ですが、自分もいつか1000形作るとしたらぜんぜん違う解釈を行ってしまう自信ありますよ?


 ひだか様の大阪モノレールとの並び。どちらもリアル系ですけどもやっぱり解釈や造形の方向性が異なります。


 東京モノレールでの3並び。
 一番奥の拙作の300形(300-200-100)は1978年廃車ですから、1000形とは11年もブランクあります(笑)。でもまぁ、その辺は気にしないお約束。
 間を絆いだ500形(……地味)・600形(額縁顔がインパクト!)辺りも将来課題になってきそうです。未来の乗り物のイメージ強いモノレールも既に歴史になっているのですから。


 TN-Factory様の多摩都市モノレールも含めた並び。
 作りこみの方向性が三者三様、全然違うのがやっぱり面白い。

 通常のトレインよりも寧ろ個性が強烈に顕れる気がします。
 今年のJAMは「ひだか式」合わせの6者6様が楽しめた由。共通インフラ前提の競作時代がやってきたのは感慨深いこと。それまでにインフラや車両技術を高めてこられたひだか様にも改めて感謝申し上げます。
 
楽しい時代、やって来ました。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イベントJAM】2016年JAM 2日目 本レポート(2/2)

 前回記事
【イベントJAM】2日目写真速報編 国鉄JR・私鉄・北海道・外国型・フリーテーマ(解説追記版)
http://legotrain.seesaa.net/article/441576099.html


 JAM二日目の本レポ続き。これで完結です。
 無論3日目レポも続きますが。

 それにしても、出番の少なかった車両や、余り撮影できなかった車両には本当に申し訳ない……。この辺もっとスケジュール管理・線路管理を徹底しなければなりません。反省というか、後悔が残ります。


 ルビー様の701系。ドア開閉できるのでしょうか? いや取り外しただけか。
 乗り込むDr.ペイさん。車内に何かぶちまけてますが……?


 McMug様の芝山鉄道3600系電車(京成3600系電車)
 ステンレスの無機的な通勤電車を丁寧に作られると何かが宿ってきます。ドア部分のコルゲートなしの表現は「やられた!」って感じです。

 いつかやりたい、千葉方面縛りとか、一号線規格縛りの運転会。高砂〜京急蒲田〜羽田空港間の「なんでもあり」も既に25年の歴史。思えば、今は見られない列車も少なくないのですよね。


 これも今回のJAM展示を象徴するアングルかも。
 モノレールと高速道路。東京貨物ターミナルとモノレール羽田線と首都高の絡み合いを彷彿とさせます。
 
 沢山の車列も、欠かさざるものの一つ。
 1台1台が、気合の入った4wlcの「作品」なのですから。海外イベントでありがちな市販品で茶を濁すのとは格が違うのですよ!


 SUU様の東京モノレール1000形がくるっと転回。


 SATO様のスロネフ25。今は1両だけのトワイラですが、8幅トワイラが編成化したら8幅の機関車制作が盛り上がりそうな気がします。客車あれば、機関車だけ作って参加もできるわけですから。


 さて。ライトアップされたpgy167様の旅客駅です。

 インテリアは造っても見えないとか云われがちですが、内部照明あるとくっきり浮かび上がります。床のタイルには角度をつけて。

 1x1クリアプレート使った窓も文字通り、輝く。


 まだ整備途上?ではありましょうけど、この床面だけで素敵。


 その威容。
 池袋での展示時に比べ、三角屋根を大改修しています。プレートによる表現からスロープによる表現へ。カラーリングも濃灰からダークタンに改、より上品に。整った印象に。この改修は成功です。

 無論、外部にも照明が仕込まれています。
 もっと暗めの会場なら、更に華やかに見えたことでしょう。

 そんな機会、あれば良いなと思う次第です。<<続きを読む>>
posted by 関山 at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント(JAM) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする