何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年07月29日

【鉄道作品日本形】911形の良き相棒 新幹線軌道試験車921形はエキゾチック!



 新幹線用の軌道試験車。実物について語ると長くなります。
 同じ形式の中に電車の付随車と客車が共存してたと思ってください。

 921-11以降は電車の中に組み込まれていた付随車扱い。在来線ならサヤ相当です。

 921-1 921-2の2両は機関車や電車での牽引を前提とした、客車タイプでした。在来線ならマヤ相当。文字通りのマヤ検です。製造もマヤ34 1と同じ東急車輛だったのでした。3台車ということはもちろん、全長なども共通点が多いのです。

 1964年に製造。
 1975年には電車付随車の921-11の登場で予備車に。その後1980年に廃車。

 この車、相当に奇異な車でした。
 独特の丸みのついたスタイルは類例するものが他にありません。強烈な個性は欧州的かと言いたいところですが、欧州にも類似スタイルはない。ただ、東急車輛のデザイナーさんがノリノリで造ったってことは窺えます。エキゾチックが炸裂していたのでした。
(同じメーカーの作品でいえば、923初代の出窓とか、マヤ34 1の丸窓とか設計者の趣味としか思えないんですよね)

 相棒は911 高速ディーゼル機関車。911のマックスパワーで試験車1両のみを曳くなんて使い方をしてたそうですが、911って160km/hでの走行は単機であっても相当に無理があったとか。轟音と振動と悲鳴を上げて深夜に突っ走る。凄まじき光景であったと思うのです。

 さすがに無理があったのか、922(初代 元1000形B編成)による牽引も行われていたようで。この場合は200km/hでの検測を行っていました。
 この電車+客車の検測の延長線上に、最初から電車の付随車として造った921-11以降の存在があるのでしょう。

 さらに余談。922初代の引退後に0系が921-1をけん引した事例。
 また、東北新幹線開業前の小山での実験線時代(1978-1980頃)、962とか961も921-1を曳いてたと思われます…。
 


 921-1をレゴで造ってみると、こんな感じ。
 実物はもっと丸っこく得も言われぬフォルムなのですが。その辺再現しきれたかどうか。滑らかな車ですのでなるべく隙間などは出ないように心がけました。


 この種の事業用車の常で、サイドビュウは大きく異なります。
 窓の少ないこの面は、発電機のグリルとトイレ窓が目立ちます。

 然し、資料の少なさには困りました。写真は解像度の低く、角度も限定されたものしか出てこない…。不明個所はあてずっぽうで造ってることご容赦ください。台車のバネ周り位は知りたいものですが。




 無論、この車が最も様になるのは良き相棒、911に牽引されているところでしょう。
 
 中二病めいた言い方をすれば、「異形の怪物」が轟轟音をがなりたてる。その命を削らんばかりの悲鳴さえ立て。
 それにつき従うのは、やはり「異形の巫女」。黄色い衣纏う。滑らかなるその姿!

 そんな組み合わせが、深夜の幹線を突っ走っていた。萌えないわけありません!

 ドクターイエローなんて言葉は影も形もなかった、そんな時代の物語です。
 
 ※:黄色い新幹線、というのが国鉄時代の記憶です。ドクターイエローという愛称はJR化後、平成に入ってからじゃないでしょうか?
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道作品(日本形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イベント告知】明日(7/30)は京都へ!7月30日(土) 地下鉄に乗って国際会館に行く!/関山も参加/東西線(碧月様作)も

 いよいよ明日に迫った、京都市営地下鉄35周年&京都国際会館50周年記念イベント「地下鉄に乗って国際会館に行く!」。関西LT会の準備もバッチリです。

 さて。レゴでは市電に市バスと出てきたものの、肝心の地下鉄は南北線だけ……?


 なんと東西線もお出ましです。
 こちらエース君の前面原案に、碧月様が全体を製作されたもの。これは楽しみ。

 大胆な原案に、精細な味付けが加わりました。鮮やかな色彩や、独特の位置の燈火類も映えるモデルですね。如何にも東西線の小型感も出ていましょう。


 勿論、南北線も。
 乗り入れの近鉄も出てくるはず。

 そして。京都市内の鉄道はOkということで京阪等も展開しちゃいますよ。
 自分も先日制作の京阪8000系他を持参します。1000形と1900形も?



 京都市内ってことで新幹線も有りらしいので、青いアレも……? サプライズありますかも。


 無論、京町家を中心とした町並みもかう゛ぇ様+美留町様の全力展開。

 詳細は 京都市交通局公式をご覧ください
http://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/page/0000201146.html




 
posted by 関山 at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。