何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年06月22日

【イベントレポ】イオンモールとなみ「親子で楽しむ鉄道ジオラマ展」2日目(上)

 正式な催事名忘れてました。「親子で楽しむ鉄道ジオラマ展」です。
 正式な会場名も。「イオンモールとなみ」ですね。

 前回記事こちら
【イベント】20160618-19 砺波展示のレポート 1日目速報版

◆◇◆◇◆◇◆◇◆



 2日目の朝は早めにきて、小修正小整備。
 バックヤード隅に転がってたパンチカーペットの端切れで駅前に道路を通す。少しは見栄えが良くなりました。
 
 理想を申せば、製品のままで良いのでモジュールビル系が3棟。クリエイター系のお店や家が3-4棟あると水増しになったかも知れませんが、それはそれでごちゃっとしてたかもしれません。市販品まんまじゃつまんないのも事実ですし。

 昨日分で書き忘れましたが、路面軌道は初の通電・走行使用です。
 幸いにもトラブルなく、2日間を乗り切りました。次はJAMで活躍してもらいましょう。
 高架も「効果的」でした。(あ、座布団持ってかないでw  手抜きな関山式高架ではありますけども立体のインパクトは想像以上です。
 
 関山式といえば架線柱。用意しておいてよかった。高架と架線柱では先のJBFを超えたと自負してます(笑)。

 あと、駅舎を貸してくださったMugen様。
 京町家貸してくださったかう゛ぇ様への感謝を。


 富山な電車が早くも並ぶ。
 万葉線は続行運転。
 683系に「べるもんた」。


 683系というよりは289系ですが。まさかあんなにあっさり直流電車に改造されてしまうとは……。でも連結相手は北越急行仕様の681系です。ryokuchakuma様作品。
 ほんの少し前まで、特急電車の全盛時代があったのが信じられません。


 バルーンループ内の小さな電留線。2日目はこちらは鉄道線用に。
 地方地鉄の電車が、ちょっと狭めのクラに押し込まれてるって情景は好きなのです。

 そこを周回していく軌道線電車。


 真上を横切って行く国鉄。


 手前を横切って行くJR。
 思えば、681/683系の北越車のカラースキーム。地鉄の「雷鳥色」と近かったんですよね。




 でぃるてぃっく様のイギリス国鉄試験車編成。黄色はインパクト十分。
 引っ張るのはryokuchakuma様が緊急制作(1晩!)されたEF510形の銀ガマ。皆でクラス510(もとイーストレイル)だとか称してましたけど、何故かこの組わせは似合ってました。EF510銀ガマのシンプルさは日本離れした印象だからかも?


 砺波で地元といえば城端線の「べるもんた」。隼様から預かり中。


 残念ながら、富山地方鉄道には高架線はあっても、併用軌道は無かった……。
 鉄道線と軌道線は線路繋がって、南富山で並んだりはするのですが。


 でも、併用軌道に鉄道線の大型電車が乗り入れるという福井や新潟のような光景が見られていたらと妄想です。


 新幹線。北陸のご当地、<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ヒント・アイディア】奇数幅も怖くない? 台車の固定方法(ryokuchakuma様/dumi様)


 一発ネタ的で恐縮ですが、意外な大発明だと思いますので備忘録的意味で記事にします。

 奇数幅車両(5幅や7幅)の問題点は台車の取付方法にありました。
 簡単で、且つ或る程度の強度のある方法がなかなか無かった。

 ryokuchakuma様の新幹線作品(7幅)に用いられてたこの方法は非常にシンプル。

 無論、台車の取り付けが2x2に委ねられるので頑丈ではありませんが、最低限の実用性は有りましょう。台車側が「普通の台車で良い」のはメリットです。

 5幅への応用。半月付プレート%3176が車体裾色と一致している必要が有りますね。黒や灰色系は問題ないとして、茶や緑はどうだったかしら……(苦笑)
http://www.bricklink.com/v2/catalog/catalogitem.page?P=3176#T=C
 あ、ダークグリーンはあるけど、新茶はない。ここだけ濃赤で我慢か?

 なお、ryokuchakuma様の7幅新幹線、持ってみると「軽い」
 軽量化は氏のコダワリだそうです。実際に運転すること考えると軽さって大事なんですよね。パワーの限られるレゴトレイン動力系だと特に……。
 
<追記:元はdumi様のアイディアとのことでした。気がつなかったことお詫びします。>
posted by 関山 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒント・アイディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする