何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年05月29日

【ヒント・アイディア】発電+モータのポイントマシン[カツマタ様]


 モータ2個を繋ぎ、片方を回すと発電、発電でポイントを動かす。
 シンプルだけど、わかりやすい!
(元は動画でしたが、リンクできなかったのでキャプチャです)

 言うまでもなくモータ=発電機ですから、この手法が使えます。完全電動だとポイントマシンを動かすための加減がわからなかったりするのがちょっと面倒なので、手動を電気的に遠隔操作、は有りに思えます。

 なお、PF用のモータはモータ同士繋いでもダメでした(苦笑)。
 4.5vテクニックモータは多分大丈夫なはず?

 コストは考えないことにしましょう(笑)。
 ただ、PFでモータとスイッチと電池box。更には電池交換の手間も考えると、9vテクニックモータの2個使用も悪くないようにも思えます。

 え、4.5vレールなんて使わない? 非実用的?
 以下も御覧くださいね。


 内部にノッチが入ってるので硬い・重い9v/PF用のポイントですが、肝心の可動部分だけは軽く動きます(手許にあればためしてみるべし)。そこをレール付きプレートで引っ掛ける!

 1プレートだけレールを持ち上げる必要はありますが、これはレイアウト上は許容範囲でしょう。

 思えば、ポイントの遠隔操作はレゴトレイン長年の課題です。
(12vという今思えばキチガイめいたシステムを除外して……)

 糸や紐(実物もワイヤで遠隔操作しますから可笑しくはない)。
 空気圧=ニューマチック(実物でも空気圧はありそう?)
 電気遠隔。ワイヤードかリモコンか。理想ではありますが。
 ……

 このシステムは細い2本芯の電線だけで遠隔操作。かつ操作がシンプルというメリットあります。実用性はありそうに思えますが、さて……。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒント・アイディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】mazta-k様のE233系(CAD)。量産性への配慮!

 先のE233系の記事「エース君のE233系。mazta-k氏設計「省略と割切の美学」/スーパーマメキノコ様のE233系」に追記しようと思ったら長くなったので新記事で。

 元のmazta-k様の設計です。


 いきなりの7色展開!。
 なおスカートはエース君制作の、白か新灰のほうが良いかしら……?

 東海道線バージョンならサロ入れたり、E231と混結したりと遊べそう。無論フル編成は考えたくないので、適度に詰めるんですよ? でもサロサロ入り基本6連+付属3連が縮める限界か? それでも9両。ちょっとキツい? サロ1両で5連くらいかしら?


 エース君作品では妥協されてた屋根の位置は、前面側面ともそろっています。

 これでも未だパーツ的に難しいものはないので、やはり量産性は優れていそうです。ライセンス生産、増えないものかしら。

 無理がなく、良い意味でレゴらしい造形でもあり。2010年代のレゴを象徴してるような雰囲気であるとも。2010年代の首都圏象徴のE233系に或る意味ふさわしい?

 側面では第1ドアと第2ドアの狭窓が無いのがちょっと残念ですが、3ドアへのアレンジでそれやると無理があるかもしれません。
 そんなわけで、全長とドアや窓の割り付けは好みと規格に合わせて修正しても良さそう。一応、32ポッチ全長だと中間車基準で4ドアに出来ますし、運転台加味すると都合よく狭窓も入れられる?
 
 やはり、通勤形は面白いです。既に103系はアイン様や薬師山様作品あります。E235系もアイン様作品あり。205系はkimron様のCADが印象的(早く制作入ってほしい……)。

 残ってるのが101系(103系より温和な顔をどう表現するか?)。
 201系(やはり前面が難しそう。あれ黒い部分は微妙に傾斜してる)。あとは72系??
 関西の207系なども忘れてはいけません。

 それから関東私鉄の4ドア通勤車も(関西 近鉄はエース君作品がかなりマニアックなとこまで……)。
 地味に見えて、実はウケが良いのが通勤形ですから。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】レゴ5udon様のE231系とホームドア(動画あり) 7幅リアル?と高度なギミック♪

 通勤形は量産性が大事とか丁寧に作るのが……とかあれこれ記しておりますけど、逆に作りこみとか、新たな試みのテストヘッドとしても良い題材です。
(実物だって試作車両は通勤形ベースのことも多いですよね?)

 紹介が遅れておりました。5udon様のE231系(山手線)です。




 ギミックは先ににして、造形を見てまいりましょう。
 
 7幅ワイドボディ。理想を追求されてます!
 7幅ならではの表現力で前面の印象が完璧に近い。微妙な丸みとか。

 6幅に対して、左右2プレートづつを足すという構成です。裾の丸み表現も今は普及してきましたが、7幅との相性は特に良い感じ。
 考えてみたら、5幅+左右2プレートづつなら6幅にも応用利くかも? いろいろ可能性を拓いています。

 全長はショート。25ポッチ。7幅のリアル感と合わせてみると、良い感じの可愛らしいディフォルメにもなります。まさに3線式Oゲージ的な雰囲気を、現代に持ってきたかのような。


 特徴は言うまでもありません。
 ホームドアと、車両ドアの開閉ギミック。流石に両方共手動ですが、それでも凄い。
 戸袋部分の車体をタイル+プレートの薄さに収めているのもまた凄い!

 車両のドアは、車両上部のギアを回すことで開閉。内部にラックギアか? 本物の電車ドアも内部ラックギアですよね。

 ホームドア、造形もリアルです。ステッカーの部分が1x1プレートで表現されているのが芸コマでしょう。


 あとは、動画。




 種明かし編も必見です。ラックでの両開き、こうなってるのかと。

 電動化とか、自動化も構造的には可能か……?
 無論、多くの作品にこのギミックくみこむのは非現実的ですが、特定の車両と線路に仕込むのは面白そうです。
 
posted by 関山 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする