何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年05月22日

【作品紹介】エース君の近鉄モト77+モト78。現役の電動貨車!

 国鉄(JR)の配給電車に、私鉄の無蓋電動貨車もずいぶん少なくなってしまいました。ですが、複雑な路線網を誇る?近鉄では未だ健在です。

 やはり複雑な経緯を経て今に至るモト77-78(奈良線)。あとは大阪線のモト96-97。
 いずれも旧型車の機器流用で1960-70年代に製造されたものを、後年に機器の取り替えして新性能化を果たした、改造の限り尽くした強者達。

 今の用途は主に回送牽引車。
 奈良線では大阪市交通局仕様の車両(サードレール 7000系)を回送する必要があるため何らかの牽引車が必要というわけです。


 この写真、背景のほうが気になるよ! という声がありそうですが、それはさておき(別記事にします)。

 赤い車体に黄色帯が実に良い感じ。1970年ころから今まで変更されていない近鉄の事業用車カラーはレゴ映えしますね。その上モト77-78は連結器識別用(7000系専用)の薄青帯がありますので、更に鮮やか。
 実物では斜めの帯ですが、直線に割りきるのも正解でしょう。
(階段上の表現しか思いつきませんが、違和感ありそう?)

 ちょっと無愛想な?二枚窓前面は横組でベストな表現。
 強調されたヘッドライトはモト77-78というよりは、モト96-97の原型大型ヘッドライト二つ目時代を思わせはしますが、この辺のイメージの混ぜこぜアレンジも寧ろ好ましい。事業用車らしいゲテさというか、ユーモラスさが増されてますから。

 側面は言うまでもなく。ですね。荷台の縁のレールがいかにもそれっぽい。実物も牽引力確保のために荷台に死重としてレール載せてる由ですし。
 また、注目すべきはこの無蓋電動貨車はPFで自走する! ってこと。
 
 流石に受光ユニットは荷台搭載ですけども、電池boxを運転台後部の機器室に収めてます。両運転台にすれば受光ユニットも隠せるかもしれませんが、無蓋部分が短くなってしまうのでこればかりは一長一短? 全長伸ばす手も?


 上から。ディズニーフィグがご挨拶。
 モト97-98だと積荷は「台車」(南大阪線用の狭軌用台車)だったりしますので、積荷にこだわってみるのも楽しいかもしれません。

 そして、回送用牽引車ということは編成も楽しめる
 二両の間に特急車・通勤車あれこれ繋いで走らせたら面白そうです。
 
posted by 関山 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする